最後の戦いが始まった!神の国ができるか サタンの奴隷世界か!

「アリスさん!小池百合子が首都封鎖を要請しました。神奈川県知事の黒岩も埼玉県知事も愛知県知事も右へ倣えを始めました。」

「うさぎのラビットさん!」神様は去年の終わりに今年はすべての人間を裁くと仰ってきました。今年の始めには今年一年に決着が着くとも仰ってきました。

個人的なことですが、私の通うピアノ教室の発表会も急遽中止になりました。東京では首都封鎖を恐れて、深夜のバスに乗ろうと学生たちであふれています。

高速バスターミナル「バスタ新宿」で東京から遠方に向かうバスを待つ乗客ら=27日夜、東京都渋谷区

「アリスさん!極めつけはイギリスの元首相のブラウンが、世界の主要国の指導者に(世界政府)を作るよう呼び掛けています。新型コロナウィルスに託けて(かこつける=他の事実を口実にするの意)いよいよバベルの塔を作るつもりです。この記事を載せておきます。新型コロナ・パンデミックを起しておいてイルミナティー(悪魔崇拝者)の専制国家を作るつもりです。

(元英首相が世界政府を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応) 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700231&g=int

「うさぎのラビットさん!」サタン共は焦っていませんか?私にはそう感じます。

「アリスさん!彼らは世界政府を作ろうと恥も外聞もなくやってきましたが、ここにきてうまくいきません。日本に神様の遣わした中心者ラプトさんが現れ、彼らの策謀を悉く暴いてきたからです。神様の力が大きく働いているのです。信じるかは貴方たちの勝手ですが、こうして神様からの啓示を受けたラプトさんの預言通りに世界は動いているのです。

サタンはラプト潰しに血道を上げています。現実にラプトさんも必死に闘っています。唯一私たちにできることは、ラプトさんのためにお祈りすることです。霊的な世界はこの世の肉の世界よりはるかに大きく、霊の世界で起きたことは必ず肉の世界に反映します。

最終戦争です!四の五の言わないで、ラプトさんのために心からお祈りしてください!それが大きな力になります。そんなことは学校でも職場でも社会でも一切教わってきませんでしたが、真実です!

お願いですから真心からお祈りをして、この世界をサタンの主管から神様の愛の世界へ移行させようじゃありませんか!」

「うさぎのラビットさん!」安倍政権は完全なレイムダック状態ですね!安倍明恵が遺書が出てきた日に、花見ですか!神様は彼らを裁いて完全にパープーにしてしまいましたね!

イルミナティ―はコロナ・パンデミックを利用して最後の計画を実施しようとしている!

「アリスさん!こんなに早くどうしたのですか?」

「うさぎのラビットさん!」目が覚めると、ブログを書きなさい!と霊感がありました。世界中大変な状況になっているコロナ・パンデミックの真実は?とずーっと考えてきましたが、ラプトさんが朝会の仲で答えを下さいました。

(以下朝会のタイトルの転載)

2020年3月24日(火)
コロナ・パンデミックを通して、イルミナティは悪なる計画の総仕上げをしようとしている。だから私たちは、彼らの計画がうまくいかないように、彼らと徹底的に戦って勝利しなければならない。

(転載終わり)

「アリスさん!私も同じことを考えていました。ヨーロッパもアメリカも先進国と言われる国々がコロナの急激な拡大であたふたする中、不思議と先進国の日本だけが比較的落ち着いています。適当な答えしか見つからない世界のマスコミは、日本はコロナ患者数を正確に発表していないのでは・・・など報道しています。

「うさぎのラビットさん!」その答えも私はラプトさんの朝会の中で見つけました。(ある家を狙って泥棒や詐欺を働こうとする状況の中、その家族の一人でもその事実に気が付くと、泥棒はその計画を断念してしまう!)という話です。神様の使いとしてラプトさんがこの日本に現れ、ラプト理論を世に送り出しました。この世界がほんの一部の悪魔崇拝をするイルミナティーに支配され、数多くの戦争や人工地震が引き起こされ、とてつもない数の人たちが犠牲になりました。彼らの仲間のアインシュタインを使ってデタラメな相対性理論を作り出し、ノーベル賞がその計画に加担して権威づけをしてきました。その理論を基に、ありもしない原爆、原発の恐怖を作り出し、彼らは暴利をむさぼってきました。

「アリスさん!その通りです。ラプト理論がこの日本に登場し、私たち日本人の中で彼らの陰謀が陰謀論などではなく、現実のものだと気付く人たちが出てきました。(まだまだ少数派ですが・・・)イルミナティーが最終的な仕上げをしようと画策したのが、今度のコロナ・パンデミックなのです。彼らはこのコロナウィルスが単なるインフルエンザなのは百も承知しています。オリンピック聖火を迎えるのに多くの人たちが集まりました。一方K1では中止要請が出ました。

政府は聖火到着には多くの報道陣始め人々が集まったのに、民間のK1 では中止要請で圧力を掛けました。(デタラメですね!)」

「うさぎのラビットさん!」ヨーロッパやアメリカでは偽ユダヤの連中(ユダヤ金融、ロックフェラー、ロスチャイルドなどなど)  そしてアジアでは李家が支配しています。彼らは100年に一度ずつパンデミックを起し、いよいよ今度が最終戦争のつもりです。

https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1725663/

(パンデミック百年周期説 1720年ペスト 1820年コレラ 1920年スペイン風邪 2020年 新型コロナ)

彼らはあのドルイド僧がやったように!!秦の始皇帝がやったように!!李氏朝鮮で両班がやったように!!完全なる独裁を世界的に実行するつもりでしょう。

ドルイド教 生贄 に対する画像結果
ドルイド教 生贄 に対する画像結果

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12416177710.html

(ハロウィンは悪魔を召喚する危険な祭りです)

rapt-neo.com/?p=33363

(古代から現代まで世界を支配してきたのは古代ケルトのドルイド僧である)

(李氏朝鮮下の奴隷たち)

(両班は一切体を動かさず、朝鮮人を支配してきました)

「アリスさん!そんな彼らの計画も決してうまくはいきません。ラプトさんが朝会で言ったように、泥棒の計画を知った人達がこの日本中心に出てきたのです。安倍晋三さん!残念でした!貴方の計画はバレバレですよ!今やネット上でもこのコロナがインフルエンザなのが次々と明かされています。いよいよ年貢の納め時ですね!しっかり首を洗って待っていてください!」

コロナウィルスはインフルエンザです!

「アリスさん!お早うございます。前回の投稿から少し時間が空きましたね!」

「うさぎのラビットさん!」ここのところ開けても暮れてもコロナウィルスのニュースばかりです。私はずっと何か胡散臭いものを感じていました。日を追っていろいろな出来事やニュースが出るとその思いは強まるばかりです。

「アリスさん!確かにそうですね!武漢でコロナウィルスが発生、やがてダイヤモンドプリンセスの集団隔離が続く中も、政府はミョーに落ち着いていました。マスクマスクと騒ぐ中で 仕入れたマスクをこの時とばかり高値で売り払った県会議員がいたり、アメリカではコロナ問題が発覚する前に大量の株を売り抜けた議員が批判されたりしました。」

「うさぎのラビットさん!私はサーズが問題になっている時に上海へ行ったことがあります。名古屋のセントレアから行ったのですが、空港内はマスク マスクの嵐のようでした。一緒に行った人はかなり神経質になっていて、かかりつけのお医者さんからタミフルを貰って服用しながら行きました。

上海空港に着くと、防護服に身を固めた検疫官が機内に乗り込んできて、即座に体温を測る機械を搭乗客に当てて検査しました。幸い誰も異常がなかったと見え街に出ることができました。

ところが上海もその後行った蘇州の街でも、マスク姿の人を全然見かけませんでした。そのうちサーズが流行っていることもすっかり忘れてしまい、帰国した愛知県のセントレアでは相変わらずマスクマスクの嵐でビックリしたのを覚えています。

「アリスさん!今度のコロナパンデミックも何か割り切れないことが沢山あります。まずコロナコロナと騒ぐ国会で誰もマスクをしていません。安倍や麻生は身を挺して国民のために頑張っているのでしょうか???



これは新型コロナウィルスの質疑の場面ですが、誰もマスクしていません。方や通勤風景は・・・

マスクの嵐です。」

「うさぎのラビットさん!そんな時、昨夜ラプトさんの朝会で神様の啓示が出ました。

(以下転載)・・・・ コロナ・パンデミックをきっかけに、主はイルミナティを滅ぼす計画を実行しておられる。私たちはそんな主の心情に合わせて、中心者と兄弟姉妹と全人類のために祈り、かつサタンとイルミナティの滅びを強力に祈り求めなければならない。(転載終わり)

神様は今年はすべての人を裁いていく!と仰ってきました。悪人はもちろんサタンの主管圏で洗脳されてきた下級国民達もです。現にこのコロナ問題で世界中の飲食店やフリーランス、派遣社員は真っ先に影響を受けています。

「アリスさん!まさにその通りです。ここに二つの事実があります。一つは安倍晋三が全国の小中校を休校にしたかかわらず、防衛大の卒業式に出て憲法改正の訓示を述べて悦に入ったこと!もう一つは政府がコロナ対策として30兆円を支出し、その一部が全国旅行業協会に流れることです。この会長は自民党幹事長の二階俊博が勤めています。

画像

(以下転載)

防大卒業式で首相訓示、9条への自衛隊明記に意欲

防衛大学校の卒業式を終え、帽子を投げる卒業生=22日午前11時5分、神奈川県横須賀市(代表撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は22日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し、改めて憲法に自衛隊を明記する9条の改正に意欲を示した。自衛隊違憲論に触れた上で「隊員たちが高い士気の下で任務を遂行できる環境をつくっていかなければならない」と述べた。日米同盟のさらなる強化に向けて役割拡大を図るとも強調した。

 卒業式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、卒業生の家族や来賓を招かず、例年より規模を縮小し、インターネットで中継。恒例の「帽子投げ」は、卒業生同士の間隔を例年よりも空けて実施した。

(転載終わり)

この防衛大卒業式でもマスク姿の人は見当たりません。」

政府、コロナ対策30兆円規模に 消費減税見送り公算、旅行代助成

他の学校が卒業式を自粛する中、防衛大学だけは卒業式を敢行。安倍晋三も参加し、憲法改正について語る。

「うさぎのラビットさん!私はコロナ問題が福島の放射能問題とそっくりなのを感じています。放射能が恐い怖いと東北の一部は未だに入ることができません。KAWATA とナナのラプト理論で福島原発の近くまで行った時の動画があります。

「アリスさん!福島原発の時と同様、上級国民、イルミナティ―(悪魔崇拝者)の連中はこれが単なるインフルエンザであることを承知していますね。すでに大富豪たちは逆張りという株価の値下がりでぼろ儲けして、何兆という巨額な利益を上げています。

神様はこのコロナウィルスが全世界に拡散したのを見はかっらって、人々を裁くと仰っています。神様はどんなサタンも足元にも遠く及ばない方なので、サタンの所業を利用して巧みに誘導しながら私達人間が目が覚めるようにしています。放射能の時は受け入れる人はわずかでした。しかしこのコロナウィルスが実はただのインフルエンザで、彼らの思惑だったとしたらイルミナティ―は終わります。

わずかな連中がこの世界を牛耳り、国境などほとんど意味をなさず、政治も経済もマスコミも彼らはつるんでいるのだと知ったら・・・!」

「うさぎのラビットさん!」もうじきですね!神様は予定していた2023年という期日を短縮して下さるようです。すでに神様はこの地上に降臨しています。地上天国は愛の国です。中心者のラプトさんを頭に私たちが手足となって働かなくては・・・と強く思っています。私もまさかこんなに予定通り神様がこの世界を動かすなどは、ちょっとびっくりしています。それでも本当に良かったと思っています。そして気の遠くなるような長い間、神様は忍耐してこられましたが、その時が来たのです。中心者ラプトさんが現れたからです。こんな幸運があるでしょうか!どうぞこのブログをご覧になっている皆さんも、悪人の滅び、霊的なサタンの滅びを祈ってください!そして中心者ラプトさんと兄弟姉妹や大事な人達のために心を込めて祈ってください!その集大成がこうして現実のものとなってきているのです。あと少しです。頑張りましょう!

パラサイト(半地下の生活)から見えた明日の日本の現状!

「アリスさん!お早うございます。コロナウィルスでどこも閑散としていますが、どうですか?」

「うさぎのラビットさん!」先日、休みの日に東宝シネマに行ってきました。ポップコーンを売っている広いスペースがあるのですが、人が全くいません。予約時にも誰一人いなくて、今日は貸し切りかと思いました。

それでも いざ開場!となると結構人が集まってきました。話題の映画ですから当たり前です。

「アリスさん!それで感想はいかがでしたか?」

「うさぎのラビットさん!」予見なしで観ましたが、ストーリーが意外な展開で面白かったです。現在ソウルでは不動産価格が異常に高騰して、格安の賃貸で借りられる半地下生活をしている人たちが何十万人もいるようです。現実の問題なのです。この映画が国際カンヌ賞を受賞したことで、この地域が開発予定だったのを保存するという話になって、揉めているようです。

「アリスさん!あらすじを話してもらえますか?」

「うさぎのラビットさん!」大まかに話します。半地下に住む4人家族はいずれも無職です。父親・母親・浪人生・その妹です。ひょんなことから金持ちの家庭教師をすることになった浪人生は、家族を次々と金持ちの家に送り込みます。(家族だとバレないように)それぞれ皆実力があるので、気に入られます。その家には北朝鮮の脅威から核シェルターがあるのですが、家を買った金持ち家族はその存在を知りません。それを偶然見つけた浪人生はそのシェルターに、元の家政婦の主人が何年も住んでいるのを知ります。

家の主人たちがキャンプに出掛けた留守に、酒盛りをする半地下家族ですが急に帰宅した主人に大慌てします。

なんだかんだありますが、半地下家族に染み付いた体の臭いは消せません。その臭いを家の主人が嫌がります。半地下家族の父親は差別と自分たちとのあまりの生活の違いの理不尽さに、パーティーの日に匂いを嫌がる主人に切れて、皆の前で刺し殺してしまいます。そのまま父親は行方をくらますのですが、誰も知らないシェルターに逃げ込んで生活を続けるのです。

「アリスさん!何か凄いストーリーですね。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。シェルターに住んでいた元家政婦の主人も、半地下生活の父親も何故かシェルターの生活が気楽に思えるのです。世間から隔離された状態が心地良いと感じているのです。そこに今の韓国の現状が見え隠れしています。

「アリスさん!私にも言わせてください。つい最近、ビデオ録画を頼まれて知ったのですが、(ポツンと一軒家)と言う番組を知りました。2回ほど観ましたが、前回は岡山の山の中にポツンとある一軒家の放送でした。

(ポツンと一軒家3月8日放送)

https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%83%9D%E3%83%84%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%B8%80%E8%BB%92%E5%AE%B6/5be921f7-621c-485d-b319-4dd750f87369

(ポツンと一軒家の一場面)

「アリスさん!今のパラサイトのシェルターの生活を聞いて、あれっ!ちょっと似ているな?と感じたのは隣の家にもめったに行けない山里に、ポツンとある一軒家に住んでいる人たちがいます。その人たちのほとんどが、高齢の年寄りで一人で住んでいるケースが多いのです。寂しくて不安で・・・などとは程遠い気持ちで生きているのです。それでも子供たちが心配して見には来ていますが、一人暮らしが良いのでしょう。山を下りません。そういう老人たちはほとんどが自給自足で、日々あれこれ次のことを考えてボケる暇などないように見えます。

一方、老人ホームや介護施設に入っている老人たちを、私は何人も知っていますし、お見舞いにも行くことがあります。私が誰か分かりますか?の問いかけに、分らないと答える場合も多いのです。そこに日本の現状が透けて見えてきます。」

「うさぎのラビットさん!」本当にその通りです。定年をして何をして良いのか分からず、誘われるままに自治会に入り、必要かどうかも分からない仕事をしている人は大勢います。日本人はカルト宗教、神社仏閣による洗脳で、神様の存在を隠されてきました。私もラプトさんがいなかったら、聖書も神様も知らずにいるところでした。お祈りを初めてそろそろ4年が経とうとしていますが、どんな時も気持ちが慌てないで落ち着いています。パラサイトのシェルターに住んでいる父親も、ポツンと一軒家にいる人たちも神様とつながれば本当に素晴らしいと感じています。

「アリスさん!コロナウィルスもどうやら安倍晋三が画策した細菌兵器の可能性が強まりました。安倍は神様に裁かれて、頭が完全にテンパってしまっています。それでも緊急事態条項を通して、今後は強引に独裁を続けていくでしょう。神様は上級国民を裁いてはいますが、私達下級国民のあまりのだらしなさに、怒っています。一人でも多くこの難曲を乗り切るのは、神様につながり、祈りの力でこの世界を変えていくしか道はありません。神様への道は本当に狭いのです。私たちも絶えず試されています。気が付いてください!目を覚ましてください!そして必ずや地上天国ができるように、快楽享楽の生活から脱して喜びの毎日を送ってください!」

全国の小中校生の諸君!休校を機に、李家の上級国民・安倍晋三の正体を見破れ!

「アリスさん!お早うございます。世間ではコロナウィルスのことで大変ですね!」

「うさぎのラビットさん!」コロナウィルスに関して、私はずっと違和感を持っていました。コロナウィルス以前に発生したサーズやエボラ出血熱、それ以外のインフルエンザが流行した時も今のコロナウィルスよりはるかに感染者や死亡者が多いのに、今回は全国の小中学生の半強制的な休校が決まりました。

「アリスさん!マスコミはその大部分がコロナウィルス関連の話題ですし、大相撲・プロ野球オープン戦・その他の大会も無観客という異常事態になっています。」

「うさぎのラビットさん!」私は今話題になっている韓国映画(パラサイト・半地下の生活)が上映しているか昼時に東宝シネマをのぞいてみました。

画像

普段なら街は昼時のサラリーマンでにぎわっているのですが、ガラガラです。びっくりしました。どのテナント店も閑散としていました。

「アリスさん!今、ラプト理論を基に次々とUチューブから動画を上げている人たちがいます。一応 全部目を通しましたが、とても良くできていて感心すると同時に、優秀な人達が頑張っているのを見てとてもうれしくなりました。代表的なものを貼っておきます。

「アリスさん!この日本は明治維新(本当は明治革命ですが)の時、江戸時代の武家社会を、山口県の田布施町・鹿児島県の加世田部落の田布施町を中心に李氏朝鮮の末裔が、乗っ取りました。田布施システムの始まりです。孝明天皇の息子に代わり、大室寅之助(明治天皇)が乗っ取りました。

彼らは紀元前、神様に反抗し、御言葉や聖書の逆を実行してきた悪魔崇拝者のユダヤ人たちです。中国で秦を作り朝鮮半島で百済や新羅を作り、その仕上げとして李氏朝鮮を作って朝鮮民族を奴隷状態にした両班(ヤンパン)です。そのヤンパンのシステムは歴史上ないと言われるぐらいの悪に満ちていました。

「アリスさん!その身分制度の固定化を、安倍政権が憲法改正をして実現しようとしているのです。現在でも日本は平等でも何でもなく、民主主義など絵に描いた餅にしかならず、警察も検察も司法も上級国民を守るための制度です。」

「うさぎのラビットさん!」私は今度の休みに(パラサイト・半地下の生活)を見に行こうと思っています。日本より金持ちと貧乏人の差がより具体的に表現されているのではないかと考えています。

「アリスさん!コロナウィルスの騒動を利用して安倍晋三は緊急事態条項を憲法に設け、憲法改正の前段階にしようと画策しています。この条項が通過するかどうかは私にも分かりません。何故なら今年神様は私達を裁いているからです。上級国民はもちろんですが、私達下級国民もそれぞれに裁かれます。長い間の洗脳とサタンによる巧みな戦術によって私たちは奴隷化して反抗する力すら奪われてきました。」

「うさぎのラビットさん!」私は明け方のお祈りをしていて、全国の小中学生の中でラプト理論を理解する子供たちが出てくるのでは?と感じました。この艱難の中で救われるのはただ一つ、ラプト理論をいち早く理解して神様につながるしかありません。

私はずっと安倍晋三始めイルミナティの滅びを祈ってきました。ラプトさんを中心に正義の光がこの世の闇をどんどん照らして真実が明らかになるように祈っています。

神様は、この世の人々が罪にまみれているのを見て本当に怒っています。(ラプト有料記事より)

「アリスさん!日本は・・いいえ世界はコロナウィルスで激しく裁かれていますね!」

「うさぎのラビットさん!」コロナウィルスが中国で発生した時は、私はサーズやエボラ出血熱の時のように一部地域で納まるものと感じていました。安倍政権がやけに落ち着いて対処しているのを見て、すでにウィルスの治療薬すらできていて、またぞろ金儲けのためにウィルスを撒いたのかとも思ったりしていました。

「アリスさん!その可能性は十分あります。戦前に日本が行った731部隊の悪行は以前このブログでも紹介しました。731部隊を知らない人のためにその時の記事を添付しておきます。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12383834901.html

(731部隊はサタンの行状だ!)

中国のハルピン市郊外で中国人や朝鮮人などを集めて、数々の人体実験を繰り返しできた731部隊。ペスト菌やウィルスを中国の村に空中散布し、死に行く人たちの様子を克明に資料化した731部隊!

 終戦直前にそのすべての証拠を破壊し、アメリカへの資料提供を材料として、戦犯にも問われなかった731部隊!

 残虐な限りを尽くした連中は、戦後東大・京大・東北大の教授におさまり、大手製薬会社や厚生省に入り、地位を獲得してきました。

    https://ja.wikipedia.org/wiki/731部隊

     (731部隊・・WIKIPEDIA)

731部隊の面々。中央に座っているのは昭和天皇です。

「アリスさん!731部隊は石井四郎を隊長とする部隊で、石井は戦後、朝鮮戦争にアメリカの要請に従って毒薬を撒いた人間サタンです。この石井四郎と懇意だったのが、安倍晋三の祖父岸信介でした。

(731部隊初代隊長・・・石井四郎)

「うさぎのラビットさん!」今度のコロナウィルスも物凄い胡散臭いものを感じます。

「アリスさん!コロナウィルスはその感染経路が分かりません。しかしはっきりと言えるのは、この行状は神様が裁いているという事です。去年の暮れからラプトさんの朝会の啓示で、神様が地上に降臨し、今年はイルミナティ(悪魔崇拝者=上級国民)を即座に裁くと何度も仰ってきました。

しかし私達 下級国民が助かるのかと言うとそうではありません。聖書には第一に神様を愛しなさい!そして心と思いと精神を尽くして神様を愛しなさい!と書かれています。そして今の時代も寸分たがわずそれを仰っています。

今月2月に出た御言葉を最後の預言者ラプトさんが伝えてくれました。これを読んでどうぞ自分の罪を認め、二度としないと心に決めて行動してください。もちろん私たちも同様です。それしかこの世界の滅亡から逃れる方法はありません。

神などいない!そんな馬鹿を言っている暇があったら・・・。などと考えるのは自由です。これはカルト宗教とは違いますから、そういう人はどうぞどこでも好きにして下さい。今年、間違いなく神様がいるのだという事を知ることになります。」

ーーー以下ラプト有料記事より転載ーーー

あなたたちの情報拡散によって、世の中の状況が大きく変わった。

イルミナティどもが何か悪事を働くたびに、あなたたちがその悪事をすべて暴いてしまうので、イルミナティたちは戦々恐々として下手に悪事を働けなくなってしまった。

さらに今では、多くの芸能人・有名人たちが、歴史上の偉人と呼ばれる者たちの末裔であることが次々とバレてきているので、彼らは大いに恥をかき、堂々とこの世で活動することが難しくなってきている。

だから、あなたたちは今年一年、どこまでも熱心に情報拡散をし、どこまでも強力に悪人たちとサタンの滅びを祈り求めなさい。

私がいつまでも悪人たちをほおっておくと思うのか。

悪人たちが当たり前のようにあなたたちを妨害することを、私がこのままいつまでも黙って放置しておくと思うのか。

私は神だ。

そして、私はこの地に新しい秩序をもたらすだろう。

聖書の言葉の通りに、この地に神の基準による裁きをもたらすだろう。

2020年はまさにそのような年になるだろう。

この世の一人一人の頭上に、神の御言葉と同じ基準で裁きが下される。


今までイルミナティたちはどんなに悪を働いても大した裁きを受けることがなかったから、今後もどんなに悪を働いても自分たちが無事でいられると思い込み、高を括ってきた。

だが、今年からはそうはいかない。

私が必ず彼らの上に聖書の言葉と同じ基準で裁きを下していく。

ーー転載終わりーーー

「うさぎのラビットさん!」今、街に出てどの店に入っても暗い空気が漂っています。

 安倍晋三も麻生太郎も、周りにいる連中も只々、(馬鹿!!)としか表現がないくらい頭も行いも腐っています。まさしく報いを受けています。彼らの悪行は今年中には様々な形で明らかになります。神様は100%実行します。私たちもそれぞれに影響を受けます。

そんな時、心に喜びと平安を持ち希望にあふれているのは、神様に縋り付いて信仰を守ることです。

「アリスさん!ラプト理論により解けた数々の悪行が、いよいよ明らかにされます。気の遠くなるような富を人々から奪い、天にまで積み上げてきたイルミナティ―の最後です。しっかり目を開けてみていましょうね!!」

戦場のピアニストを見て考えたこと。

「アリスさん!お早うございます。今日も早いですね」

「うさぎのラビットさん!」もうじきピアノの発表会なので少し緊張しています。

「アリスさん!今年はどんな曲目を弾くのですか?」

「うさぎのラビットさん!」今年はショパンのバラードの1番を弾く予定です。私の実力からは背伸びしていると感じていましたが、どうしても弾きたいという感情があって今、練習中です。

 先日、録画していた(戦場のピアニスト)を見たのですが、主人公のユダヤ人ピアニスト・・シュピルマンがドイツ将校の前で弾く場面があります。その時の曲がショパンのバラード1番です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/戦場のピアニスト



「うさぎのラビットさん!」この映画は実話を元にしたもので、ユダヤ人がヨーロッパで酷い差別を受けていたことが分かります。私が初めて発表会で弾いた曲もショパンの遺作、ノクターン20番だったし・・・。何か因縁のようなものすら感じるのです。

「アリスさん!今の日本はイルミナティの一つ、李家によって支配されていることが分かっています。李家はユダヤ人で安倍晋三も麻生太郎もすべて李家の人間です。イスラエルの王ソロモンが神様を裏切り、北イスラエルと南ユダに分裂しました。その後双方とも滅亡し多くの民が東へ東へと逃げてきました。彼らユダヤ人は中国大陸で秦を作り、やがて朝鮮半島に渡って新羅や百済を作りました。麻生太郎は百済滅亡で日本に渡ってきた中臣鎌足(後の藤原鎌足)の子孫です。(麻生家の史書より)

一方、今袋叩きにあっている安倍晋三も李家の中心人物と言っても良いかと思います。李氏朝鮮の最後の皇帝李垠(りぎん)に嫁いだ梨の宮方子の間に生まれた李晋(りしん)は安倍晋三の父親安倍晋太郎です。横田早紀恵と安倍晋三は叔母と甥の関係になります。」

「うさぎのラビットさん!」李家はユダヤ人ですが、これは紀元前に滅亡したイスラエルの民の末裔ですよね!ところが私の見た戦場のピアニストのシュピルマンはユダヤ人です。これは一体・・・?

「アリスさん!ユダヤ人をイメージする時、日本人はこんな感じの人を想像するのではないですか?

「うさぎのラビットさん!」まさにその通りです。でも麻生太郎も安倍晋三も李家ですからユダヤ人の血統ですよね!

「アリスさん!私たちはブログを書き始めたころにこのことを投稿しました。もちろんこれはラプト理論から明らかになったことですが・・・。その投稿を貼っておきます。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12385289841.html

(神様と生きるアリス・・・シオンの議定書その前に)

簡単に話すと紀元前にイスラエルが滅亡し、その民はアジア人でした。その最も近いのはパレスチナ人であるともいわれますが、日本に渡ってきたのもこの人達です。一方、それから千年以上時を経て、今の黒海とカスピ海にかなり大きなハザール王国がありました。この国は多民族国家で、周りを強国に囲まれており、それを何とか凌ぐために自分たちはユダヤ教徒だと標榜したのです。

(オレンジ色の部分がハザール王国です)

やがてハザール王国は滅亡しますが、その時の逃亡者たちが主にロシアやヨーロッパに広がっていきます。そして現在、一般的に言われているユダヤ人となるのです。世界を牛耳ってきたロスチャイルド、ロックフェラーはそうしたユダヤ人です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハザール

アメリカ大統領はケネディとレーガン以外はすべてユダヤ人です。奴隷解放したリンカーンも実はユダヤ人です。ハザール王国は多民族国家であったためにそういうことが起きているのです。ユダヤ教徒と言うだけで、血統ではハザール王国の人たちはユダヤ人の血を引いていないので、偽ユダヤなどと言う人もいます。

「うさぎのラビットさん!」今年に入って世界は益々混沌としてきました。中国、日本そして韓国と一気に拡がったコロナウィルスはちょっと収まりそうもありません。神様がこの地に降臨し、私達があまりに怠惰なので間違いなく裁いています。コロナウィルスの影響は日本の基幹産業(自動車、電気製品などなど)に及ぶ勢いです。ラプトさんの朝会で中国から潤滑油が入ってこない!と情報がありました。潤滑油が入らないだけで、日本の工場はお手上げです。これまでは政治家たちの悪党ぶりが話題になってきましたが、経済界に影響が出るのは時間の問題かと思います。

「アリスさん!これは間違いなく神様が裁いているのです。ズルをして富や名声をつかんできた悪党どもは間違いなく裁かれますが、私達下級国民も様々な影響を受けるでしょう。その時、心に平安と希望を持って喜んでいるには、自分の罪を悔い改め、義を尽くしていくことです。やがて私達が言ってきた善の法則がどんどん加速して日本中、いや世界中に及ぶでしょう。荒唐無稽!と侮るなかれ!神様は今年、しっかりと裁かれますからその時になって慌てないように!!」

神様は降臨した!コロナウイルスと元SPの痴漢行為とANAホテルと・・・

「アリスさん!お早うございます。コロナウィルスが思わぬ大火事になって、不穏な空気が流れていますね。」

「うさぎのラビットさん!」昨日、高市早苗の元SP品田真男(52歳)が都営地下鉄線の神保町で痴漢行為を疑われ、逃走を止めようとした男性に階段で大けがをさせた事件がありました。

ーー以下テレビ朝日ニュースより転載ーー

東京・千代田区にある地下鉄の駅の構内で痴漢と疑われて逃走する際に捕まえようとした男性に大けがをさせたとして、警視庁の元大臣SPの男が逮捕されました。

品田真男容疑者(52)は17日午前7時ごろ、都営新宿線の神保町駅で20代の男性を階段から転落させてけがをさせた疑いが持たれています。男性は意識不明の重体です。警視庁によりますと、男性は電車内で痴漢と疑われて逃走していた品田容疑者と駅の階段でもみ合いになり、転落して頭などを強く打ったということです。被害を訴えた女性はその場から立ち去ったということです。品田容疑者は元SPで大臣警護などを担当していましたが、2007年に辞職していました。取り調べに対して容疑を否認しています。
引用:テレ朝news

ーー転載終わりーー

頭を打ち重体だった男性の妻が、良い事をしても報われない・・。涙が止まらないと投稿しました。私も昨夜はこの男性の快復をお祈りしました。お祈りが終わってスマホを開くと、男性の意識が戻ったと出ていました。本当に良かったです。

「アリスさん!国会で桜を見る会の安倍晋三に対して追及が続いています。見積書と請求明細書など知らないと言い張る安倍晋三に、ANAホテルが否定。高額な契約で、ホテル側からしたら当たり前なのにそれを知らぬ存ぜぬで押し切ろうと言うのですから、開いた口がふさがりません。不倫現場に踏み込まれた裸の二人が、私達はあやとりをしていただけだと言っているようなものです!

ーー以下朝日新聞の記事より転載ーー

「桜を見る会」前日の夕食会をめぐって安倍晋三首相の国会答弁と会場のホテル側の説明が食い違っている問題で、首相答弁内容の一部を否定したANAインターコンチネンタルホテル東京(東京・赤坂)の姿勢に対し、与野党幹部らが様々な反応を見せている。野党からホテルの対応を評価する声が上がる一方、政府・自民党からは恨み節も漏れる。

 野党統一会派の小川淳也氏(無所属)は18日、自らのツイッターに「忖度(そんたく)まん延症候群のような日本列島にあって、ANAインターコンチネンタルホテル東京の存在は特別にキラリと光る。真実を毅然(きぜん)といい放つ姿勢に敬服」と投稿。共産党の田村智子政策委員長は「ANAホテルの矜持(きょうじ)を、官僚も自民党も正面から受け止めてほしい」、同党の宮本徹衆院議員も「誰もが総理を守るために口裏を合わせてくれるわけではないのです」とつづった。

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は記者団に対し、「第三者のANAホテルが答えを出してくれた。『総理、あなたが言っているのはどうなんですか』ということに答えないと(国会の)質疑はできない」と語った。多くの野党は首相が書面で回答を寄せないことに反発し、この日の衆院予算委員会を欠席した。

 これに対し、菅義偉官房長官は18日の記者会見で「総理が国会で答弁した通り」と強調。野党が要求する書面での回答も「国会で答弁することは議事録に残る」として、後ろ向きな姿勢を示した。自民の二階俊博幹事長は会見で「野党の対応に私が論評することはありません。新たな議論を呼ぶようなことに私が乗るわけにはいかない。野党は野党です」と述べるにとどめ、評価を避けた。

 ただ、首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し、自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。同党ベテランは「ANAホテルは外資系だからかな。(対応が)スッキリしている」と述べ、忖度のない対応だと感想を漏らした。

ーー転載終わりーー

「うさぎのラビットさん!」ニュースはコロナウィルスのことで一杯です。各地の催し物は中止となり、マラソン大会も中止や規模縮小に追い込まれています。東京マラソンも応援自粛要請をしているようです。一般出場者の出場費は返金しないなどとも言っています。各地の花見の催し縮小、観光地の売り上げ減少、さらには中国の安価な商品に頼っている日本経済は大変です。

「アリスさん!現在の日本は先進国の中で最も低い賃金に抑えられ、生活水準もかなり低くなっています。これは上級国民が富を吸い上げ、天文学的な財産を築いている一方で、私達庶民は小泉竹中構造改革から、インチキアベノミクスですっかり騙され貧困に落とされています。法律は上級国民を守るために作られ、安倍政権が露呈しているように法律は勝手に都合よく変えています。飯塚幸三をものがしている事実や、検察庁長官の定年延長を勝手に決めて、安倍が逮捕されないようにタックを組んでデタラメやっています。株価操作や円安ドル高に誘導するために、積み立てた年金が利用されていることも分かりました。

アリスさん!安倍晋三などイルミナティ―の連中はもちろん厳しい裁きを受けますが、私たちも同様です。怠惰な生活、人任せの態度、神様に仕えると言いながら我が身可愛さに二心を持つ生き方をする事などなど・・・。」

「うさぎのラビットさん!」この世の中をご覧になって、神様は本当に怒っていると御言葉で何回も出ています。以下の聖書の言葉を読んで、悟ってください!

   あなた方は、私が地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。

    今から後、一つの家に5人いるならば、3人は2人と、2人は3人と対立して分かれるからである。

   父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。

  --ルカによる福音書12章51~53--

神様は本当に怒っていらっしゃいます。私たちがサタンに洗脳され、罪を罪とも思わず、悪なることをしても平気でいることに本当に怒っています。神様の裁きはサタンの裁きとは違います。サタンは悪を行えば人間がサタン化したのを見て喜びますが、今、善の法則が働いて歯車が逆回転し始めました。もう悪の法則は通用しません。我が身可愛さに富や名誉を追い求める生き方は神様から相手にされません。神様の裁きは本当に怖いですよ!他人ごとだと高をくくっている人は大変ですよ!

「アリスさん!今年の始めに出た御言葉の通りに神様は世界を裁いています。ひょっとしたらオリンピックも中止になるかもしれませんが、私達人間の頭では分かりません。この日本はかつてないほどの裁きを受けるかもしれません。その時、心に喜びをもって平安と希望に満ちて生きていくには、心を入れ替えて御言葉通り従い、悔い改めて罪を繰り返さないことです。私たちも心して神様に喜ばれる生き方をしていきましょう!!」

 

 

安倍晋三の本質は明治天皇にすり替わった大室寅之助にあり!

「アリスさん!お早うございます。今日も早いですね!」

「うさぎのラビットさん!」昨夜お祈りをしていて、今の世界の状況がヨハネの黙示録通りに進んでいるのを感じました。

 昨年の暮れに出た御言葉で、悪魔崇拝者(イルミナティ―=皇室、上級国民)の裁きが早まるには、ラプトさんを中心に私たちが力を合わせて情報拡散をしなさい!自分の利得のためにするのではなく、神様の御心をなすためにしなさい!と再三にわたって出ています。

 私たちがこのようなブログを書いたからと言って、私達には何の利得もありません。どころか変人扱いをされる始末です。

「アリスさん!そうですね。でも書きたいのです。書かないではいられないのです!安倍晋三が森友・加計問題や桜を見る会で、次々と嘘を並べ、内閣府の役人には嘘だらけの答弁をさせ、今度は安倍政権のポチ検察長の定年延長を決めて逮捕を免れようとしていますね。小泉進次郎は不倫で使った豪華ホテルの代金を税金を使って何千万も流用したと言うのに、悪びれる様子など微塵もありません。まさにカエルの面にしょんべん!ですね。」

「うさぎのラビットさん!」やめてください!小泉進次郎がカエルに見えてきました。

「アリスさん!安倍晋三が小学生でもわかる嘘をこれだけつき続けても、何故政権を維持できるのか分かりますか?」

「うさぎのラビットさん!」それが今日の副題にある明治天皇すり替えですね!

「アリスさん!その通りです。このブログではラプト理論を基に、北朝鮮の金正恩が横田めぐみの息子で、安倍晋三、横田早紀恵は叔母、甥の関係になり、拉致問題は完全なる茶番劇であることを書いてきました。

毎年毎年、何十億という税金が拉致被害者の会に流れています。もういい加減日本国民も目覚めてください!

しかしこの拉致問題はまだ序章に過ぎないのです。今日の副題をかいつまんで結論から話します。私たちは学校で明治維新について次のように習いました。江戸時代の終わりに青雲の志を持った志士たちが現れ、坂本龍馬や勝海舟などの働きがあって長州と薩摩が力を合わせて幕府軍を倒し、天皇を担ぎ出し、勝てば官軍とばかり幕府軍を蹴散らし、鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争となり、函館五稜郭の戦いまで維新を起したのだと・・・。

そして明治時代が始まりました。でもそこには天皇は神聖なるものとして侵すべからずとした明治の帝国憲法に守られた明治天皇が君臨し、維新の立役者とは言えない伊藤博文が初代の総理大臣になりました。

 江戸時代の士農工商の身分制度はなくなるかと思いきや、華族制度ができ多くの宮家が誕生しました。

 選挙制度ができて四民平等と思いきや選挙権も被選挙権も高額納税者に限られました。婦人参政権などもちろんなく、選挙と言ってもごく一部の今でいう上級国民だけが政治を動かすようになりました。江戸時代に殿様や家老が政治を動かしていたのと、何も変わりませんでした。

「うさぎのラビットさん!」いわゆる明治維新の立役者は沢山いますが、今回は明治天皇と伊藤博文の二人に限定して話してください。

「アリスさん!結論を話します。明治天皇は本来なら孝明天皇(江戸時代の最後の天皇)の息子、睦人親王がなるはずでした。しかしここで睦人親王と入れ替わりに明治天皇になった人物がいます。それが大室寅之助という男です。山口県の熊毛郡田布施町という小さな町でそれは始まります。

この町は朝鮮部落です。町全体がそうだとは言えませんが、李氏朝鮮の創始者・李成桂の末裔、李要蔵という荒くれた人物がここに住み着いた時から始まります。この要蔵の息子作蔵が地家吉左エ門の養子となり谷口すえとの間に息子を作ります。二人は離婚をし、谷口すえはその息子を連れて大室弥兵衛と再婚して大室姓を名乗ります。この時の息子が後の大室寅之助となります。つまり李氏朝鮮から来た朝鮮人が日本を乗っ取ったわけです。これを背乗り(はいのり)と言うそうですが・・・。

李成桂(李氏朝鮮の創始者)

その寅之助を育てたのが大室家の隣に住んでいた伊藤博文です。

(伊藤博文)

「アリスさん!江戸幕府は徳川慶喜が京都二条城で大政奉還をし、普通ならそれで無血開城となり終わったはずです。ところがこの慶喜、後に鳥羽伏見の戦いが起き、幕府軍1万5千、長州軍5千という幕府軍の圧倒的有利な戦いの直前、敵前逃亡して大阪城に戻ってしまいます。その戦いを起点に戊辰戦争が起き天皇を担ぎ出し官軍の圧倒的勝利に終わります。徳川慶喜は明治になると静岡市に移り趣味人として贅沢三昧して過ごし、やがて東京に戻り副総理にまで上り詰めます。本来なら責任を取って切腹ものなのに、敵の大将とも言うべき慶喜が何故??と思いますが、すべては茶番劇だったわけです。

(徳川慶喜)

「うさぎのラビットさん!」明治維新の嘘は相当念入りに画策されていますね!

「アリスさん!そうです。伊藤博文は大室寅之助を天皇にすり替えるために数々の邪魔者を殺戮します。人を切るたびに伊藤は名前を変えていきます。この伊藤が岩倉具視の助けを借りて、孝明天皇の住む堀川御殿のトイレに忍び込み殺害します。伊藤の刀を見た専門家がこの刀は人を沢山切ったために付く血糊がとれないと証言しています。今や韓国では英雄になっている伊藤博文暗殺の安重根(アンジュンコン)が裁判で、殺害の動機を聞かれたときに(孝明天皇を殺害したからだ!)と話し始めました。裁判官は傍聴人を即座に退廷させました。日本と韓国ともに誤解を生んでいるこのテロ事件は、明治天皇のすり替わりを暗に肯定しています。

ここにラプト理論から明治天皇すり替えを詳しく説明した動画があります。是非ご覧になってください。モヤモヤしたものがすっきりしますよ!

「アリスさん!安倍晋三が小学生でもわかる嘘をつき続けるのも・・・。いいえ!つき続けられるのは周りに上級国民が山ほど配置されていて、法律も警察も手の届かないところにいるからです。こんな悪がのさばっていて良いのですか!!」

「うさぎのラビットさん!」神様はこうして私達国民に真実を伝えようとしています。それでもほとんどの人が気が付かないか、気が付いていても自分の利益優先で知らんぷりをしています。私たちはいよいよ奴隷状態になるか(今でもそうですが・・・)それとも・・・

 第一に神様を愛しなさい!と仰います。自分の利益のためにする行為は神様は叶えてくださいません。神様を第一に愛する!ことをすれば自然に神様は恵みや祝福を与えてくださいます。どんな時でも心配は吹き飛び、心に喜びと平安と希望が湧いてきます。今年はその答えがはっきりと出るでしょう!

在日も部落も愛の力で吹っ飛ばせ!!

「アリスさん!お早うございます!今日は仕事ではなかったのでは?」

「うさぎのラビットさん!」一昨日、シーズーのハナちゃんをお風呂場で洗っていた時、少し寒くてぞくっとしたのが良くなかったのか、今日は臨時休業です。

「アリスさん!中国も日本もコロナウィルスで騒いでいるし、マスコミはあんまり報道しませんが、アメリカではインフルエンザで1万人以上の死者が出ています。体のケアをしっかりやってくださいね!」

「うさぎのラビットさん!」昨日の朝会の御言葉で大変感動を受けました。

「アリスさん!話してください。」

「うさぎのラビットさん!」今、神様はこの地上に降臨なさっています。まず初めに、中心者ラプトさんに対する祈りが不十分として私たちを戒めて下さいました。

 今年は世の中は停滞し、経済的にも精神的にも益々生活が困難な状況になると神様は仰っています。どこかの予想屋や、いい加減な経済学者が言っているのではありません。神様が仰っているのです。世の中確実にそうなります。オリンピックで浮かれようが、マスコミが世論誘導をしようがそうなります。私達下級国民はその影響を受けやすいのですが、神様は上級国民も裁きます。

そんな状況の中で、救われる方法を教えて下さいました。それは利己的な考えでどんなに行動しても栄えないが、神様を愛して栄えなさいと教えて下さいました。利己的な方法で自分の利得を求める方法は、複雑多岐に渡って、結局栄えないが、(愛する!)という事は非常に単純で分かりやすいのです。それさえできれば必ず栄えると仰ってくださいました。

「アリスさん!まさしくその通りですね!(何かを得る!)と言うのは凄く難しいのですが、(何かを与える!)のはシンプルで簡単ですよね。ところが長い間人間はサタンに洗脳されてきましたから、貰う事ばかりに意識がいってしまって、与える喜びを失ってきました。今、神様は地上で人々に艱難を与えようとしています。経済的にも精神的にも苦しくなれば、人々は益々利己的になります。すぐにでもそのような結果になります。

そんな時、神様を愛し、中心者ラプトさんを愛し、兄弟姉妹を愛し、人々を愛し、全方位で愛しなさい!と神様は何度も何度も仰っています。そうすれば何も困ることはないですよ!とも仰ってくださっています。実行しない手はないですよね!!」

「うさぎのラビットさん!」不況になると、一層詐欺に騙される人たちが増えますね。

「アリスさん!その通りです。儲け話や投資話、値上がり株の銘柄を買わないか!などは益々増えてきそうです。ラプト理論により、庶民が株や有価証券で儲けるなどは不可能に近いです。株で大儲けなどは上級国民が私たちから金を巻き上げる常套手段です。

(そんなに儲かるのなら、自分でやれば・・・??)

「アリスさん!今日の副題は在日も部落も愛の力で吹っ飛ばせ!でしたが・・・」

「うさぎのラビットさん!」先日、知り合いで部落問題に詳しい人と話す機会があったので、普段から疑問に思っていた問題を聞いてみました。まず私は部落とは何ですか?と訊ねると、彼はしばらく押し黙ったまま答えを探しているようでしたが、やがてこう言いました。(それは押し込められた人たちだ!・・・と)

私はすぐには理解できませんでしたが、時の支配者からある地域に押し込められて、その地域が部落だと言うのが彼の意見でした。私が納得がいかない顔をしていたのだと思いますが、彼は差別は間違いなくあると言うのです。そういう地域は地価も他と比べて安いし、そういう地域出身者は部落外に出ても差別を受けると言うのです。

以前、部落の地名総鑑と言うものがあって、それを参考に就職差別があると聞いたことがあります。

「アリスさん!私も部落などすでに死語になっていると思いきや、現実には残っているのでしょうか?ネットではこの芸能人が在日だなどと面白半分に言っているものがありますが、今、ラプト理論でこの日本は朝鮮半島系のユダヤ人に乗っ取られ、実はそのユダヤ人たちは日韓併合前の李氏朝鮮時代、両班として朝鮮民族を奴隷のように扱ってきたことがはっきりと分かっています。山口県の田布施町を起点に明治維新を起し、士農工商の身分制度を排するためなどの美辞麗句で、まんまと日本を乗っ取ってしまいました。それが現在の天皇家を始めとする上級国民です。

「アリスさん!今日の副題から少しそれてしまいましたが、神様は自分の利得を求めるな!と繰り返し仰っています。そして神様を愛すること!目に見えない神様を愛することはとても難しいので、神様が送った中心者ラプトさんを愛しなさい!と非常に具体的に教えて下さっています。

 マスコミの頂点にいる電通などは、超高学歴の優秀な人材が3分の1、大企業経営者の子弟などが3分の1、そして残り3分の1が在日枠であるとも言われています。安倍明恵はその口でしょう。先ほど、アリスさんの知り合いの方が部落に関して述べていましたが、そうして人脈を作り、利権を得ている人も沢山います。知ってか知らずか神様に反抗しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」答えが出ましたね!利己的に生きる人たちは問題を複雑に複雑にして訳の分からないようにします。神様は只、ひたすら愛しなさいと仰っているのです。明瞭簡潔です。お金は必要ありません。神様を愛していれば必然すべてが困らないように神様はしてくださいます。信じるか信じないかはあなた次第ですね!

「アリスさん!今年一年は世の中、暗く世知辛く、圧迫された世相になると神様は仰っています。金儲けに血道を上げても、金儲けのにおいのするところに行っても、事態は益々悪くなります。一人でも多くの人がそれに気づいて、早くそこから出てきてください!!」