これから始まる神様の裁きはコロナ騒動など序の口だ!

「アリスさん!お早うございます。調子はどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」先日、ラプトさんの伝えて下さる朝会の中で、コロナウィルスに関しての御言葉が出ました。

     (以下朝会の御言葉の転載)

2020年6月2日(火)
主の裁きの時は来た。イルミナティもこの世の人々も、誰も彼もが次々と裁かれている。私たち義人もこれから次々と羊と山羊とに分ける裁きが下されるから、気を緩めることなく、心と思いと精神を尽くして主を愛さなければならない。

      (転載 終わり)

「アリスさん!今、いろいろな場面で人々が裁かれています。特に政界の劣化は激しいですね!

 アベノマスクは安倍政権にとってマイナスになっただけで収束しそうです。

 持続化給付金でもその委託を電通に丸投げし、20億円もの金を中抜きする!という考えられない暴挙が明らかになりました。

 学校の新学期を9月にするという意味不明な事案は、政府が高校生・大学生を自衛隊に勧誘するためだったことが、下村大臣の発言で明らかになりました。」

「うさぎのラビットさん!」高校で英語教師をなさっている女性の動画がコロナウィルスに関してのまとめを簡潔に表現していましたので、掲載しておきます。

「アリスさん!先日の御言葉で地上に降臨した神様は誰もかれも裁くと仰ってきました。私たちも気を引き締めていないと大変です!」

「うさぎのラビットさん!」この艱難は今年の暮れまでさらに厳しいものになりますね!その艱難はコロナウィルスなどほんの序章に過ぎない!と仰っています。この試練の時期は2023年までは続く!とも仰っています。

私は(御言葉通りに生きる!!)という事がどういうことなのか繰り返し自問してきました。その答えは心と思いと精神を尽くして神様を愛しなさい!という事につきます。そのためには聖書通りに生活し、お祈りをして、神様への賛美と、真実を伝えていく情報拡散の4つであることは繰り返し自分に言い聞かせています。

 私はつくづく自分には何もできない!人間には何もできない!という事を強く感じています。だからこそ神様に縋りついているのですが、お祈りをしていて自分の迷いやスッキリしない出来事を話していると、次から次へと答えが出てくるのです。

 コロナウィルスが新型のウィルスなどではなくて、軽いインフルエンザだと分かってはいます。でも・・この事態を収拾することは私達にはできません。海外・・特にアメリカでは(コロナはフェイクだ!)とする人たちが全米で声をあげているのに、ほとんどの日本人はそれは外国の話でしょう!と取り上げません。マスコミの洗脳が徹底していると言えばそれまでですが、声をあげる人があまりにも少ないのでがっかりです。

「アリスさん!先日、堀江貴文が食事をしている時に、(野菜を食べて偉いですね!)と言った人のカメラに向かって何回も殴る動画が出ましたね!(お前みたいなやつは死ね!)とか(馬鹿!)などの罵詈雑言を言っていました。堀江と言えば統一教会の文鮮明の奥さん、ハンハクチャにそっくりで、親子だろうと噂されています。彼自身が統一教会の上級国民なので、何をやっても世に出てくるのです。

「うさぎのラビットさん!」堀江貴文は次回の都知事選に出馬するつもりのようです。そんな時期にこのような馬鹿な真似は絶対しないと思われるのですが、それをやってしまう・・・これがまさに神様の裁きの一例だと思います。

「アリスさん!今、情報拡散している人たちがツイッター社から妨害を受けた!あるいはUチューブ動画の再生回数を減らされた!など・・真実が拡散するのを強引に抑え込もうとしています。このブログもアメーバ側でアクセス数をかなり減らされています。

 「うさぎのラビットさん!」KAWATAとナナのラプト理論の動画も見ているそばで再生回数を減らされるということが起きました。私たちも一生懸命書く記事のアクセス数を減らす理不尽さは嫌ですが、問題はそこではありません!

神様は御心をなすためにする仕事の妨害には本当に怒られると思います。やがてその答えも出るでしょう!