韓国映画(タクシー運転手 約束は海を越えて)は近未来の日本を想像させた!!

「アリスさん!お早うございます。今日のタイトルはタクシー運転手の話ですか?」

「うさぎのラビットさん!」姪に頼まれて録画した映画を偶然見たのですが、韓国南西部(全羅南道)の光州(クワンジュ)という街で起きた光州事件を取り扱った実話です。以下映画の解説です。

1980年5月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。1980年5月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。

2017年製作/137分/G/韓国

(解説 終わり)

ソース画像を表示

「うさぎのラビットさん!」1980年5月に起きたこの事件は韓国光州で起き、多数の死傷者が出ました。民主化を求める学生のデモを発端に軍隊が出動し、デモ隊やストをする人たちに向けて発砲!凄惨な事件でした。私はテレビ放映を録画しながら、(パラサイト半地下家族)で主演をしたソン・ガンホがこの映画の主演だと解説されていましたので興味が湧いていたのです。とにかくすごい映画でした。

ソース画像を表示

「うさぎのラビットさん!」光州事件は韓国の地域背景もあるとされています。光州は韓国南西部の全羅南道にありますが、軍隊を指揮した全斗煥(チョン・ドゥファン)将軍は韓国南東部の慶尚南道の出身です。歴史的に見て百済と新羅の違いがあります。そういった韓国の地域事情も絡んでいたようです。

(以下の写真は現実のものです。映画の一場面ではありません)

ソース画像を表示
ソース画像を表示

「アリスさん!今のお話を聞いて、私は最近起きた日本や世界の出来事を連想しました。

すでに報道されていますので、その動画を載せておきます。

(以下 ツイッターより転載)

「アリスさん!上はクルド人が日本の警察に職務質問され、暴行を受け重傷を負った動画。下はアメリカで白人警官が黒人を押さえつけ窒息死させた動画です。アメリカでは各地で暴動が起き、日本ではデモが起きました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fC3tGi1D です

「うさぎのラビットさん!」先日の御言葉で、神様は必ずイルミナティを滅ぼす!と力強く仰って下さいました。しかし私たちがいい加減な気持ちで祈ったり、神様がイルミナティの滅びを実行されるのを信じなかったりすると、神様も適当にされる!と御言葉で出ました。私は明け方のお祈りを真剣にやっていますが、それでもそういう御言葉が出たという事は、まだまだ自分本位であったと反省しています。

「アリスさん!次の動画を見てください。今の安倍政権の中心人物たちが如何にデタラメであるかを示しています。祈るときは怒りは駄目ですが、やはり現実に起きているあまりの理不尽さを思うと、お祈りにも熱が入るのではないでしょうか!!

https://twitter.com/i/status/1265873591154819073

「アリスさん!高市早苗は総務大臣ですね!総務大臣は首相・財務大臣・に次ぐナンバー3です。その高市早苗がコロナで弱体化して、給付金頼みの人たちもいる中、私たちのことを(さもしい奴等!)又(日本を奴等から取り戻そう!)と暴言を吐いて悦に入っています。これが安倍政権の正体ですね!!

 稲田朋美は(自分の国は自分で守る覚悟がなければダメ!)と言って裏にまわれば(自分の子供には戦闘にはいかせない!)とのたまっています。稲田は大本教から分派した谷口雅春の娘だと言われていますが、まず間違いないでしょう。

「アリスさん!今日の韓国映画、(タクシー運転手 約束は海を越えて)から日本の現状が透けて見えてきます。神様は間違いなく真実をいろいろな形で拡散して私たちが目覚めるように連中を裁いています。どうぞ皆さんもお祈りしてください!できれば明け方の静かな時間に神様と対面して対話してください!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です