大本教!私たちはこの宗教思想に洗脳されてきた!!

「アリスさん!お早うございます。アリスさんの地域では緊急事態宣言が解除されましたが、その後どうですか?」

「うさぎのラビットさん!」解除前と後での比較はほとんど変わらないように感じます。コロナ騒動が始まる前と比べると、車の通行量はかなり減っています。バスの乗客もガラガラですね!

「アリスさん!一昨日KAWATA とナナのラプト理論の動画が出されました。見逃している人、まだ見てない人は閲覧してください。」

「うさぎのラビットさん!」この動画の35:00当たりからラプトさんが大本教について話しています。

 彼ら人間サタン共(悪魔崇拝者=上級国民)は悪魔信仰を体系づけて言語化し、サタンの親玉=ボスサタンのルシファーとつながりたいのです。それを実践できたのが出口王仁三郎だと説いています。大本教の教理はどの宗教(仏教もキリスト教もイスラム教も儒教も)根は一緒と考えています。(デタラメです)神様に反逆すること、聖書に反逆することを大きな目標にしています。そういえば八百万の神と言って、あそこにもここにも神様がいらっしゃる!土地があればそこには地の神様が!大きな木があれば御神木!誰かが彫った木像を拾ってきて流れ着いた御神体!身近に探せばいくらでも神様が出てきます。

「アリスさん!神様や聖書の真逆をしている代表的なものに男女平等と言う考えがあります。徒然草の中で、男もすなることを女も・・・などの記述がありました。

 聖書ではアダムからエヴァが誕生し、蛇(サタン)に騙されて禁断の木の実を食べたのは女であるエヴァだと言っています。この話を聞いて、聖書は女は男より劣っていると表現している・・・と考える人が出てきます。でも待ってください!神様は男と女は個性が違う!!と仰っているのです。男と女は別の役割、別の個性として作られたのです!聖書では、神様が女性に対して豊かに愛を注いでくださっているのを数多くの箇所で見出せます。

 男女参画として、女性が社会進出するのは一向にかまいませんが、生活のすべての行為を男女一緒にしてしまい、それを耳障りの良い平等!と結論付けるのはどうでしょうか??私にはとても疑問です。たまにバスに乗ると、女性運転手がいます。きっと頑張ってきたのだな!と感心さえします。だからと言ってそれを女性は社会進出すべきだ!とするのは神様への反抗です。動画の中で、ラプトさんも私たちが知らず知らずに洗脳されてきた考え方や習慣を指摘しています。」

「うさぎのラビットさん!」このことはすぐに解決する問題ではありませんね!百人いれば、それぞれ考えも感じ方も違いますものね!これから私たちも考えていきましょう!ところで前回の記事を出してから、世間ではいろいろ問題がありました。まずこのツイッターを見てください。

画像

「うさぎのラビットさん!」これは今日の記事の最初に出したKAWATAとナナのラプト理論のUチューブの再生回数ですが、明らかに操作されています。この問題はツイッター上でも閲覧回数の操作があるといろいろな人がツイートしています。

 実は(アメーバブログさんへのお願い!)として記事を出した二日後からアクセス回数が極端に減り、1週間後には10分の1にまでアクセス回数が減少しました。このブログのフォロワーも少しずつですが順調に伸びているにも関わらず・・・です。

 私たちはお金を稼ぐために投稿しているのではありません。真実が明らかになり、神様の御心が拡散すれば良いのですから・・・。

「アリスさん!それでも気分はスッキリしませんね!

 話題を変えて、スーパーシティについて話していきます。強引に国会で通過させましたが、いろいろなところで反対が起きています。これを調べると何故かマスコミが詳しく取り上げていないことがあげられます。あたかもAI を使った便利な・・・。という表向きは良い事になっていますが、座長はあの竹中平蔵です。前回のKAWATAとナナのラプト理論で詳しくラプトさんが説明してくれましたが、まさにスーパーシティ同士を世界的に結び付け、神様に反抗し続けてきたユダヤ人の末裔たちの楽園??にするつもりでしょう。

 今回、黒川検事長の賭けマージャンが暴露されましたが、スーパーシティができれば連中はその中で好き勝手やるでしょうね!賭けマージャンなどは日常茶飯事でしょう。すべて顔認証されるという事なので、そのシティに私たちは足を踏み入れることすらできないでしょう!上級国民のための特区となるでしょう!連中は悪魔崇拝ですから、スーパーシティで安全が確保されれば、コソコソしなくても生け贄儀式をするかもしれませんよ!(やりますね!)

ところで、沢田研二がTOKIOというヒット曲を出していましたが、その中での歌詞がビックリです。

画像

 この曲は昭和55年・・1980年ですから今から40年も前の曲です。その時からすでにスーパーシティ構想があったのですね!しかも題名は東京ではなくて、TOKIOです。これはエスペラント語ですから、まさに上級国民は延々と私たちの洗脳をしてきたのですね!」

「うさぎのラビットさん!」竹中平蔵に関してもう一つあります。次の記事を見てください。

(以下転載)

トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人”だった

source : 週刊文春 2020年6月4日号

genre : ニュース, 政治, 企業, 経済616116081681391290コピー

 安倍政権がコロナ不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」。約2兆3000億円の予算がついたこの事業を経産省から委託された一般社団法人が、実体のない“幽霊法人”だったことが「週刊文春」の取材で分かった。社団法人の代表理事が「週刊文春」の取材に対し、「何も活動がない」と認めた。

 持続化給付金事業は、昨年より収入が減った中小企業等の法人に最大200万円、フリーランスを含む個人事業者に最大100万円を上限に現金を支給する制度だが、入金が遅れるなどトラブルが相次いでいる。

 担当する中小企業庁のホームページによれば、同事業を受注したのは「一般社団法人サービスデザイン推進協議会(以下、「サービス協議会」)」で、アベノマスクの予算を300億円も上回る769億円で契約している。

「週刊文春」編集部

(転載 終わり)

この幽霊会社は電通、パソナ、トランス・コスモスの3社でした。パソナと言えば竹中平蔵!!連中は恥も外聞もなく暴れまわっています。

「アリスさん!神様はイルミナティは滅ぼす!!と仰ってくださっています。このコロナ騒動の裏側では森林、水道、郵政民営化を始め日米FTAやTPP、そしてスーパーシティ法案が可決しました。彼らは自分たちの末路を勘づいているのかもしれません!何故ならあまりにも露骨で、稚拙だからです。神様は確実に裁いています。そしてこの世の闇が暴かれようとしています。コロナに怯える人たちの(幽霊恐い!)の様子もじっとご覧になっています。お祈りはもちろんですが、これからの世界の動きを俯瞰して見ていきましょう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です