明治維新の嘘と明治政府に利用された解放令!

「アリスさん!お早うございます!非常事態宣言が解除されつつありますが、相変わらずマスコミはコロナコロナ・・黒川でしたね(www) 私はテレビは観ませんから情報はネットからですが、いい加減うんざりですね!

国民に営業自粛を半強制(実質強制ですが・・・)する中、三蜜を破り、違法なかけマージャンを再三に渡って行い、安倍晋三の違法の幕引きとしてこれからと言うときに・・・。やっぱり普段からの性格が出たのですね!渡された訓告処分は処分に値しないもので、7000万近い退職金を貰うみたいですね!」

「うさぎのラビットさん!」彼も新型コロナウィルス(特別定額給付金)10万円を受け取るのでしょうか?

「アリスさん!厚顔無恥とは彼らのためにあるような言葉です。絶対受け取りますね!!」

「うさぎのラビットさん!」今日の副題は明治維新の嘘と明治政府に利用された解放令!と言う副題ですが・・・

「アリスさん!私はこの部落という曖昧で実態がつかみにくい問題に、頭を悩ませてきました。しかしラプト理論の登場で、この国がイルミナティ(悪魔崇拝者=李家)に支配されていることがわかりました。教育も政治も歴史も経済も警察も司法もそれらすべては李家の末裔である上級国民に都合の良いようにできていることがわかりました。歴史や教育は特に捏造され、私たちは洗脳されてきました。良い例が明治維新ですね!

 身分制社会だった暗黒の江戸時代を 江戸末期に坂本龍馬や木戸孝允など下級武士たちが立ち上がり、幕府を倒し四民平等の国にした!と教わりました。その英雄たちが明治の元勲と言われる人達でした。」

「うさぎのラビットさん!」その詳細はこのブログでも取り上げました。明治維新はロスチャイルドの支援の下、山口と鹿児島に住み着いた李家の人間・・・が大室寅之助を明治天皇にすり替え、武士社会をひっくり返し、李家の支配する国にする革命だったのですよね!ロスチャイルド、田布施一族、寝返った徳川や戦国武将たちの末裔、岩倉具視などの公家も連携して日本をひっくり返したのですね!

「アリスさん!私は先日、法務局で事務所を開き、長い間 民生委員をしている人と話す機会がありました。その時、いじめの問題やモンスターチルドレンの話、教育委員会の実態を聞かせていただきました。私の(部落とはどういうものですか?)の質問には(よく知らない!)の一点張りで答えて戴けませんでした。そこで明治政府になってすぐ出された解放令について調べてみることにしました。そこにはこう書かれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/解放令

この解放令の説明は少しややこしいので、かいつまんで話すとこうなります。明治政府が始まってすぐに解放令が検討されます。明治2年のことです。そして2年後の明治4年には解放令が発布されます。それらに関わった人物は主に渋沢栄一であり、早稲田大学を創設した大隈重信でした。ところが明治政府は解放令公布後、部落解放などすっぽかして何の政策も行いません。江戸時代に有していた所有地の無税扱いや死牛馬取得権を喪失したため、彼らは財政的に益々貧窮することになります。

「うさぎのラビットさん!」私は今ネット上で動画を出している中田敦彦なる人物を思い出しました。彼は自由民権運動をしたとして持ち上げられている板垣退助の子孫です。

画像

(悪の権化であるロスチャイルドを華麗なる・・などと持ち上げてどうするのですか!!!)

画像

(板垣退助と中田敦彦はまさに瓜二つです。中田は板垣退助を神のように持ち上げ、尊敬しています。)

「アリスさん!この板垣退助・・自由民権運動を唱えて自由平等、四民平等と言って明治の到来を賞賛して回った人物です。しかしその実態は自由民権運動に賛同した仲間が次々監獄に送られる中、自分はしっかり、ちゃっかりと明治政府の重鎮におさまっています。庶民の味方のポーズを取りながら、安倍政権の後押しをしている中田敦彦はまさに板垣退助のコピーに過ぎません。

結論をまとめておきます。明治維新は田布施人脈を中心に李家の日本乗っ取りでした。彼らは郷士(百姓と武士を兼ねる人)や下級武士などの身分を宣伝文句に、暗黒の身分制度の江戸時代から四民平等になったと日本国民を洗脳しました。その白羽の矢に立ったのが(解放令)だったのです。明治政府があたかも庶民の味方であるかのように・・・。

その解放令に隠れるようにして、華族という特権階級を生み出しました。この特権階級の設置こそが彼らの第一目的だったわけです。そして時は移り、この特権階級は上級国民になっています。それでもまだまだ物足りず、安倍政権は憲法改正を唱えています。何としても旧皇族の復活、王侯族の復活、そして天皇を元首にする事!これが安倍政権の正体です。このコロナパンデミックを利用して、どさくさに紛れて自分たち上級国民と私達国民を完全に分離して奴隷化するつもりです。まさにサタンの教えタルムード通りです。

これをトンデモ理論などと笑ってはいられません。コロナが恐い!コロナが恐い!などと政府やマスコミの嘘を信じる人にとっては、受け入れがたいことでしょう!神様は人類を裁いています。この地上に降臨なさってからわずか数か月の間に、いろいろなことが明るみに出てきました。それでも多くの人は気づきません。まだまだ神様の裁きは続きます。」

「うさぎのラビットさん!」話は今日の副題からそれますが、高校の英語教師をしている方の動画を見つけました。日本の教育現場の実態が描かれています。


ラプト理論とラプトさんが朝会で伝える御言葉から、これを伝えようとしている高校教師の女性です。今、教育現場で何が起きているのか垣間見られる動画だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です