インド映画(Sir・・あなたの名前を呼べたなら)を見た。

「アリスさん!お早うございます。コロナ騒動は大分納まってきましたが、地域で状況が違うようです。その後どうですか?」

「うさぎのラビットさん!」相変わらず 街全体は静かです。大型店が自粛していますので駅周辺はいつもと比べると人通りは少ないですね!

スーパーは普段よりすいている感じですが、皆マスク姿で、話すのを控えていますから静かです。特にレジではビニールで客との間を遮断していますから、余計に静かさと同時に冷たさを感じます。

「アリスさん!今日の副題はインド映画という事ですが・・・」

「うさぎのラビットさん!」買い物帰りにTUTAYAによってレンタルビデオを借りてきました。先日、初めてインド映画を見たのですが、結構 面白くて今回も借りてみました。その映画が(Sir・・あなたの名前を呼べたなら)です。

(あなたの名前を呼べたなら・・の一場面)

「アリスさん!どんな内容ですか?」

「うさぎのラビットさん!」経済発展が著しいインドのムンバイが舞台です。農村出身のメイド、ラトナはファッションデザイナーを夢見る若き未亡人です。親の勧めで結婚したものの、夫の病気を隠されていたため、19才の若さで4か月の新婚生活が終わります。インドの農村では未亡人は人生が終わったように扱われます。

住み込みで働くのは、建設会社の御曹司アシュビンの新婚家庭のはずだったのですが・・・。結婚直前に婚約者の浮気が発覚して破談に・・。広すぎる高級マンションで暮らす傷心のアシュビンを気遣いながら、ラトナは身の回りの世話をします。ある日、人生を諦めているようなラトナがファッションデザイナーの夢をアシュビンに打ち明けます。アシュビンはラトナに理想の女性を見出し、想いを募らせますが、二人の間にはカストという名の大きな暗い河が流れています。そしてアシュビンは渡米を決断し、マンションを出ていったラトナにファッションデザイナーへの道を切り開いてやります。

「アリスさん!差別問題に切り込んだ作品ですね!」

「うさぎのラビットさん!」この映画監督はロヘナ・ゲラというインド人女性です。インドに未だに激しく残る階級社会を描いたものです。ラトナとアシュビンの会話はヒンディー語、アシュビンと家族の会話は英語とはっきり区別できる環境になっています。

 この映画の前に見たインド映画は、成り上がった夫婦が、子供を何とか有名小学校に上げようとあの手この手で画策するのですが・・・。公園で遊ぶ我が子が、ヒンディー語を話すために他の誰も返事をしてくれないという場面がありました。日本でも英語を話す帰国子女がやたらもてはやされる傾向になっていますね!

「アリスさん!安倍政権はコロナパンデミックを無理やり起こし、この騒動を利用して日米FTAや種苗法を通そうとしています。種苗法が通ると、日本の農家は自家栽培の野菜や果物から種を採るのが難しくなります。そしてモンサントなど巨大企業の種を買わざるを得なくなります。遺伝子組み換え種はもちろん 一年こっきりしか使えない種など悪魔企業の意のままです。

この種苗法と同時にスマートシティ計画も進んでいます。悪魔企業トヨタ主導の富士山裾野に計画されているスマートシティは、AIの管理下、自動運転・学校・病院などすべて管理され、上級国民だけが謳歌する都市が作られ、彼らはその安全地帯に逃げ込むつもりでしょう。

コロナコロナとマスコミは一日中連呼します。しかし私たちの大部分は彼らの真の計画には気づいていません。安倍晋三や上級国民、その実行役は大本教であることもバレました。生長の家、統一教会などカルトが大本の流れを汲んでいることもラプト理論で解明されています。安倍晋三はすでに何を言っても(カエルの面に・・・)で恥も外聞もなく開き直っています。警察、自衛隊、マスコミなどはすべて彼らの手中にあるので、強硬手段に訴えても、彼らは痛くも痒くもありません。

しかし絶対の手段があるのです。それが言葉なのです。正しい情報を知ることで 私たちの心も知能もレベルが上がっていきます。そして自分で考えることです!カルトや利益誘導する甘い罠に乗らないように祈りの時間を持って、心を清くしていくことです!後は神様がしてくださいます。2023年になるまで我慢が必要ですが、信じることです!そして何か疑いが起きた時や、自分の向かっている方向がおかしいと感じた時は、聖書に立ち返ることです。時代を超えて神様は必ず応えてくださいます。信じることです!現実に生きている神様がいて、その神様は厳しいけれど私たちが愛を示せば必ず報いて下さいます。今、この艱難の時期、楽しく心が平安で希望を持って生きるにはそれだけが救いなのです。どうぞ一人でも多くの人が気付いて、後わずかの期間に安倍晋三や麻生太郎を地獄送りにしましょう!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です