コロナ洪水の今、気の毒な身重の女にならぬように神様に縋り付け!!

「アリスさん!お早うございます。非常事態宣言が延長されそうな今、どのように過ごしていますか?」

「うさぎのラビットさん!」私はコロナが安倍晋三やビルゲイツや・・等々・・が作り出した大嘘であることを知っています。彼らは731部隊の細菌兵器のノウハウをもとに、あの手この手で人々を恐怖に貶めています。コロナそのものは単なるインフルエンザに過ぎませんが、手洗いやウガイはこまめにしています。生活は普段とほとんど変わりません。

KAWATA さんが出したブログを読みましたが、コロナに関してとても正確に、詳しく調べてあります。長い記事ですが、是非このステイホームを利用して読んで見て下さい。

「アリスさん!昨日、関西にいる友達が愛犬を連れて車で帰ってきました。一緒にランチをしようと言ってきたので、営業している店を探しました。近辺では2,3件営業していましたが、どこもテイクアウトのみです。コンビニで弁当でも買って・・・と思いましたが、念のために焼き肉屋に電話入れてみました。なんと普通に営業していると言うのです。少々敷居の高そうな高級焼き肉店でしたが、これが大正解!店内はガラガラでしたが、ランチメニューは千円ちょっとで肉がとろけるように美味しかったのです。

料理を運んできた仲居さんは、少し日本語が苦手なようでしたが とても気に入りました。5月2日は姪の誕生日なので、お祝いに連れて行こうと計画しています。

「うさぎのラビットさん!」何だか楽しそうですね!昨日は暖かくて本当に気持ちの良い日でしたね!

「アリスさん!今日の本題に入りますが、ツイッターに掲載された記事で目に留まるものがいくつかありました。次の表をまずみて下さい。

画像

上場企業の内部留保の額が天文学的な数字になっています。しかもこの超大金持ちの大企業に、コロナで出た損失分1000憶円を支援する!!!と言うのです。これら大企業の内部留保額からすると、皆で分ける1000憶円はほんのお見舞金かお小遣い程度なのでしょう。しかも連中は消費税を治めるどころか、輸出還付金というインチキ政策によって丸儲けをしています。莫大な利益から税金を納めるどころか、あの手この手を使って税金を極端に縮小して申告しているのです。その悪の筆頭はトヨタですが、安倍晋三とは親戚ですからやりたい放題です。

一方、死ぬか生きるかの状態に追い込まれつつある中小企業には金を貸してやる・・・が・・それは返してもらう・・・。と安倍晋三は言っているのです。これを(サタンの行状!)と言わずして何と表現したら良いのでしょう。」

「うさぎのラビットさん!」さすがにこの行状に共産党の小池議員が発言していますが・・・大企業とってお小遣い程度の1000億円をどうのと言う前に、トヨタの17兆6963億円の内部留保について安倍晋三を責め立てて欲しかったですね!

「うさぎのラビットさん!」今日の副題は身重の女は洪水や地震の時に不幸だ!とする聖書の言葉ですね。

「アリスさん!そうです。身重の女は動きが鈍いという比喩を使って話されているのですが、普段から頭が固くなっている人はコロナ騒動のようなことが起きると対処できません。マスコミを疑うこともせず、この世を支配している人間が、狂人の集まりであることなど信じるどころか考えもしません。

特に日本人は神武天皇の時代より古くからサタンに洗脳されてきました。そして現在は出口王仁三郎を首領とした大本教がこの日本を・・いや世界を精神的に支配しているのです。

まさにこの日本が世界の悪の中心になっているのです。天皇はその頂点にいます。洗脳が日本ほどではない外国では暴動に発展するような勢いです。NHK を始めとして民放もすべて彼らの言いなりです。

アリスさん!私たちはこの世界的なコロナパンデミックの前になす術を知りません。安倍晋三や麻生太郎がこれだけ分かりやすい茶番劇を見せていても何もできません。このコロナ騒動は神様が起こしたものです。神様はこの騒動を通して、私たち人間には何もできないことを知って欲しいのです!そしてこの窮地を乗り越えるには神様に縋り付く以外に方法はないのだという事を知って欲しいのです!それを信じられるかどうかは自由です。現実の利得を最優先にして頭が固くなった人を・・・神様は身重の人!と表現しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」大企業の天文学的な内部留保を見ると、私たちは驚くと同時にとてもかなわないと引いてしまいます。でも信じてください!神様にはできないことなどないのです!枯葉一枚、蟻一匹すら私たちは作ることができません。神様なら何でもできるのです。安倍晋三や麻生太郎もいとも簡単にひねりつぶします。私たちがしっかり神様につながって清くなっていけば神様は喜んで聞いてくださいます。今年、神様はそれを実行なさいます。笑う人はどうぞ笑ってください!やがて時が来ればはっきりとわかります!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です