コロナ騒動の洪水の中、ノアの箱舟から学ぶこと!

「アリスさん!お早うございます。コロナ騒動で非常事態宣言が全国に拡大しました。どんな様子ですか?」

「うさぎのラビットさん!」今日(4月21日)、スーパーに買い出しに出かけましたが、お客さんであふれていました。地域によって随分差があるようですが、ガラガラという事はなさそうですね!

「アリスさん!私は近くの医院に、頼まれた薬を受け取りに行ったのですが、開業時間前にも関わらず何人か患者さんが来ていました。保険屋さんらしき人と一緒でしたから、健康診断を受けに来たのでしょう。」

「うさぎのラビットさん!」私は新約聖書をちょうど読み終わりました。10回目という区切りでした。ヨハネの黙示録は今、まさに世界中で起きているコロナ騒動を預言したものですね!ヨハネの黙示録は新約聖書ですが、私はすぐに旧約聖書の創世記に書かれているノアの箱舟を連想しました。

 新約聖書は片手で持てる大きさですが、旧約聖書は分厚くて机でないとなかなか読めません。でもはっと気が付いて、スマホで読んだらどこでも気楽に読めるかも・・・。と思って開いたらしっかり読むことができます。これならちょっとした待ち時間でも読めますよね。

「アリスさん!良いことに気が付きましたね。コロナ騒動で多くの人が不安に駆られています。そこでノアの箱舟について話していきましょう。この話はあまりにも有名ですが、知らない人もいるかもしれないので復習を兼ねて話していきましょう。

ノアは常に神様と生きる義人でした。神様から啓示を受けて大きな箱舟を作ります。周りの人は、狂気の沙汰としてノアを馬鹿にします。やがてメソポタミア地方に大洪水が起こり、箱舟に乗ったノアの家族だけが助かります。神様の啓示に従いあらゆる鳥や獣や蛇などの一つがいの動物たちも命を得ます。やがて40日40夜の洪水が止みますが一面大海原です。そこでノアは鳩を飛ばします。陸が見えないのか鳩は帰ってきますが、7日たって又鳩を放します。鳩はオリーブの枝をくわえてきます。そこで陸地が現れたことを知ります。最後にもう一度鳩を放すと鳩は帰ってきません。そこで住める陸地が現れたことを知るのです。

詳しく知りたい方は創世記を載せておきますから読んでください。第6章から第9章までがノアについて書かれています。

http://bible.salterrae.net/kougo/html/genesis.html(創世記)

「うさぎのラビットさん!」今、コロナ騒動でこれからの生活や将来のことで、不安を抱えている方が沢山いると思います。この騒動は地球上を支配しているイルミナティ(悪魔崇拝者)が最後の仕上げとして行っているものです。その騒動をサタンが起こすことを神様は許諾されました。それは私達がサタンに支配されて洗脳されてきた世界から出てくるのを 神様はじっと待っているからです。

 ノアの箱舟の時代もノア以外の人は皆神様を足蹴にして馬鹿にしました。神様は愛の方です。神様を第一に愛しさえすれば後はすべて神様がして下さるのに、それを信じずに聖書も御言葉も足蹴にして勝手にしてしまう。

 (人は死んだら終わりよ!)(生きているうちに好きにしなくちゃ!)(自分の人生自分が決める!)などなどサタンに騙されていますね!人間自分では何にもできないのですよ!コロナ騒動で分かっているでしょう?

「アリスさん!興奮していますね!先日のラプトさんの朝会の御言葉でも同じようなことが言われていました。載せておきます。

(ラプト朝会より転載)

2020年4月14日(火)
この終わりの時、自分の力がいかに無力で、神の力に頼らずには生きてはいけないということを深く悟るまで、主の裁きは続くだろう。(この終わりの時に、主の御言葉に聞き従い、主を愛する者だけが、平安と希望と喜びの中で生きられる。)

(転載 終わり)

「うさぎのラビットさん!」ヨハネの黙示録では救われない人がどんな人なのか書かれています。当てはまる人はどうぞ悔い改めて、自分の目を開いてください!

(ヨハネの黙示録より)おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である

最後にヨハネの黙示録を載せておきますから、悟ってください!宗教とは精神を高めることにあるからです!!

http://bible.salterrae.net/kougo/html/revelation.html(ヨハネの黙示録)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です