コロナウィルスはインフルエンザです!

「アリスさん!お早うございます。前回の投稿から少し時間が空きましたね!」

「うさぎのラビットさん!」ここのところ開けても暮れてもコロナウィルスのニュースばかりです。私はずっと何か胡散臭いものを感じていました。日を追っていろいろな出来事やニュースが出るとその思いは強まるばかりです。

「アリスさん!確かにそうですね!武漢でコロナウィルスが発生、やがてダイヤモンドプリンセスの集団隔離が続く中も、政府はミョーに落ち着いていました。マスクマスクと騒ぐ中で 仕入れたマスクをこの時とばかり高値で売り払った県会議員がいたり、アメリカではコロナ問題が発覚する前に大量の株を売り抜けた議員が批判されたりしました。」

「うさぎのラビットさん!私はサーズが問題になっている時に上海へ行ったことがあります。名古屋のセントレアから行ったのですが、空港内はマスク マスクの嵐のようでした。一緒に行った人はかなり神経質になっていて、かかりつけのお医者さんからタミフルを貰って服用しながら行きました。

上海空港に着くと、防護服に身を固めた検疫官が機内に乗り込んできて、即座に体温を測る機械を搭乗客に当てて検査しました。幸い誰も異常がなかったと見え街に出ることができました。

ところが上海もその後行った蘇州の街でも、マスク姿の人を全然見かけませんでした。そのうちサーズが流行っていることもすっかり忘れてしまい、帰国した愛知県のセントレアでは相変わらずマスクマスクの嵐でビックリしたのを覚えています。

「アリスさん!今度のコロナパンデミックも何か割り切れないことが沢山あります。まずコロナコロナと騒ぐ国会で誰もマスクをしていません。安倍や麻生は身を挺して国民のために頑張っているのでしょうか???



これは新型コロナウィルスの質疑の場面ですが、誰もマスクしていません。方や通勤風景は・・・

マスクの嵐です。」

「うさぎのラビットさん!そんな時、昨夜ラプトさんの朝会で神様の啓示が出ました。

(以下転載)・・・・ コロナ・パンデミックをきっかけに、主はイルミナティを滅ぼす計画を実行しておられる。私たちはそんな主の心情に合わせて、中心者と兄弟姉妹と全人類のために祈り、かつサタンとイルミナティの滅びを強力に祈り求めなければならない。(転載終わり)

神様は今年はすべての人を裁いていく!と仰ってきました。悪人はもちろんサタンの主管圏で洗脳されてきた下級国民達もです。現にこのコロナ問題で世界中の飲食店やフリーランス、派遣社員は真っ先に影響を受けています。

「アリスさん!まさにその通りです。ここに二つの事実があります。一つは安倍晋三が全国の小中校を休校にしたかかわらず、防衛大の卒業式に出て憲法改正の訓示を述べて悦に入ったこと!もう一つは政府がコロナ対策として30兆円を支出し、その一部が全国旅行業協会に流れることです。この会長は自民党幹事長の二階俊博が勤めています。

画像

(以下転載)

防大卒業式で首相訓示、9条への自衛隊明記に意欲

防衛大学校の卒業式を終え、帽子を投げる卒業生=22日午前11時5分、神奈川県横須賀市(代表撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は22日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し、改めて憲法に自衛隊を明記する9条の改正に意欲を示した。自衛隊違憲論に触れた上で「隊員たちが高い士気の下で任務を遂行できる環境をつくっていかなければならない」と述べた。日米同盟のさらなる強化に向けて役割拡大を図るとも強調した。

 卒業式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、卒業生の家族や来賓を招かず、例年より規模を縮小し、インターネットで中継。恒例の「帽子投げ」は、卒業生同士の間隔を例年よりも空けて実施した。

(転載終わり)

この防衛大卒業式でもマスク姿の人は見当たりません。」

政府、コロナ対策30兆円規模に 消費減税見送り公算、旅行代助成

他の学校が卒業式を自粛する中、防衛大学だけは卒業式を敢行。安倍晋三も参加し、憲法改正について語る。

「うさぎのラビットさん!私はコロナ問題が福島の放射能問題とそっくりなのを感じています。放射能が恐い怖いと東北の一部は未だに入ることができません。KAWATA とナナのラプト理論で福島原発の近くまで行った時の動画があります。

「アリスさん!福島原発の時と同様、上級国民、イルミナティ―(悪魔崇拝者)の連中はこれが単なるインフルエンザであることを承知していますね。すでに大富豪たちは逆張りという株価の値下がりでぼろ儲けして、何兆という巨額な利益を上げています。

神様はこのコロナウィルスが全世界に拡散したのを見はかっらって、人々を裁くと仰っています。神様はどんなサタンも足元にも遠く及ばない方なので、サタンの所業を利用して巧みに誘導しながら私達人間が目が覚めるようにしています。放射能の時は受け入れる人はわずかでした。しかしこのコロナウィルスが実はただのインフルエンザで、彼らの思惑だったとしたらイルミナティ―は終わります。

わずかな連中がこの世界を牛耳り、国境などほとんど意味をなさず、政治も経済もマスコミも彼らはつるんでいるのだと知ったら・・・!」

「うさぎのラビットさん!」もうじきですね!神様は予定していた2023年という期日を短縮して下さるようです。すでに神様はこの地上に降臨しています。地上天国は愛の国です。中心者のラプトさんを頭に私たちが手足となって働かなくては・・・と強く思っています。私もまさかこんなに予定通り神様がこの世界を動かすなどは、ちょっとびっくりしています。それでも本当に良かったと思っています。そして気の遠くなるような長い間、神様は忍耐してこられましたが、その時が来たのです。中心者ラプトさんが現れたからです。こんな幸運があるでしょうか!どうぞこのブログをご覧になっている皆さんも、悪人の滅び、霊的なサタンの滅びを祈ってください!そして中心者ラプトさんと兄弟姉妹や大事な人達のために心を込めて祈ってください!その集大成がこうして現実のものとなってきているのです。あと少しです。頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です