全国の小中校生の諸君!休校を機に、李家の上級国民・安倍晋三の正体を見破れ!

「アリスさん!お早うございます。世間ではコロナウィルスのことで大変ですね!」

「うさぎのラビットさん!」コロナウィルスに関して、私はずっと違和感を持っていました。コロナウィルス以前に発生したサーズやエボラ出血熱、それ以外のインフルエンザが流行した時も今のコロナウィルスよりはるかに感染者や死亡者が多いのに、今回は全国の小中学生の半強制的な休校が決まりました。

「アリスさん!マスコミはその大部分がコロナウィルス関連の話題ですし、大相撲・プロ野球オープン戦・その他の大会も無観客という異常事態になっています。」

「うさぎのラビットさん!」私は今話題になっている韓国映画(パラサイト・半地下の生活)が上映しているか昼時に東宝シネマをのぞいてみました。

画像

普段なら街は昼時のサラリーマンでにぎわっているのですが、ガラガラです。びっくりしました。どのテナント店も閑散としていました。

「アリスさん!今、ラプト理論を基に次々とUチューブから動画を上げている人たちがいます。一応 全部目を通しましたが、とても良くできていて感心すると同時に、優秀な人達が頑張っているのを見てとてもうれしくなりました。代表的なものを貼っておきます。

「アリスさん!この日本は明治維新(本当は明治革命ですが)の時、江戸時代の武家社会を、山口県の田布施町・鹿児島県の加世田部落の田布施町を中心に李氏朝鮮の末裔が、乗っ取りました。田布施システムの始まりです。孝明天皇の息子に代わり、大室寅之助(明治天皇)が乗っ取りました。

彼らは紀元前、神様に反抗し、御言葉や聖書の逆を実行してきた悪魔崇拝者のユダヤ人たちです。中国で秦を作り朝鮮半島で百済や新羅を作り、その仕上げとして李氏朝鮮を作って朝鮮民族を奴隷状態にした両班(ヤンパン)です。そのヤンパンのシステムは歴史上ないと言われるぐらいの悪に満ちていました。

「アリスさん!その身分制度の固定化を、安倍政権が憲法改正をして実現しようとしているのです。現在でも日本は平等でも何でもなく、民主主義など絵に描いた餅にしかならず、警察も検察も司法も上級国民を守るための制度です。」

「うさぎのラビットさん!」私は今度の休みに(パラサイト・半地下の生活)を見に行こうと思っています。日本より金持ちと貧乏人の差がより具体的に表現されているのではないかと考えています。

「アリスさん!コロナウィルスの騒動を利用して安倍晋三は緊急事態条項を憲法に設け、憲法改正の前段階にしようと画策しています。この条項が通過するかどうかは私にも分かりません。何故なら今年神様は私達を裁いているからです。上級国民はもちろんですが、私達下級国民もそれぞれに裁かれます。長い間の洗脳とサタンによる巧みな戦術によって私たちは奴隷化して反抗する力すら奪われてきました。」

「うさぎのラビットさん!」私は明け方のお祈りをしていて、全国の小中学生の中でラプト理論を理解する子供たちが出てくるのでは?と感じました。この艱難の中で救われるのはただ一つ、ラプト理論をいち早く理解して神様につながるしかありません。

私はずっと安倍晋三始めイルミナティの滅びを祈ってきました。ラプトさんを中心に正義の光がこの世の闇をどんどん照らして真実が明らかになるように祈っています。