最後の戦いが始まった!神の国ができるか サタンの奴隷世界か!

「アリスさん!小池百合子が首都封鎖を要請しました。神奈川県知事の黒岩も埼玉県知事も愛知県知事も右へ倣えを始めました。」

「うさぎのラビットさん!」神様は去年の終わりに今年はすべての人間を裁くと仰ってきました。今年の始めには今年一年に決着が着くとも仰ってきました。

個人的なことですが、私の通うピアノ教室の発表会も急遽中止になりました。東京では首都封鎖を恐れて、深夜のバスに乗ろうと学生たちであふれています。

高速バスターミナル「バスタ新宿」で東京から遠方に向かうバスを待つ乗客ら=27日夜、東京都渋谷区

「アリスさん!極めつけはイギリスの元首相のブラウンが、世界の主要国の指導者に(世界政府)を作るよう呼び掛けています。新型コロナウィルスに託けて(かこつける=他の事実を口実にするの意)いよいよバベルの塔を作るつもりです。この記事を載せておきます。新型コロナ・パンデミックを起しておいてイルミナティー(悪魔崇拝者)の専制国家を作るつもりです。

(元英首相が世界政府を提案 新型コロナ、医療・経済危機に対応) 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020032700231&g=int

「うさぎのラビットさん!」サタン共は焦っていませんか?私にはそう感じます。

「アリスさん!彼らは世界政府を作ろうと恥も外聞もなくやってきましたが、ここにきてうまくいきません。日本に神様の遣わした中心者ラプトさんが現れ、彼らの策謀を悉く暴いてきたからです。神様の力が大きく働いているのです。信じるかは貴方たちの勝手ですが、こうして神様からの啓示を受けたラプトさんの預言通りに世界は動いているのです。

サタンはラプト潰しに血道を上げています。現実にラプトさんも必死に闘っています。唯一私たちにできることは、ラプトさんのためにお祈りすることです。霊的な世界はこの世の肉の世界よりはるかに大きく、霊の世界で起きたことは必ず肉の世界に反映します。

最終戦争です!四の五の言わないで、ラプトさんのために心からお祈りしてください!それが大きな力になります。そんなことは学校でも職場でも社会でも一切教わってきませんでしたが、真実です!

お願いですから真心からお祈りをして、この世界をサタンの主管から神様の愛の世界へ移行させようじゃありませんか!」

「うさぎのラビットさん!」安倍政権は完全なレイムダック状態ですね!安倍明恵が遺書が出てきた日に、花見ですか!神様は彼らを裁いて完全にパープーにしてしまいましたね!

イルミナティ―はコロナ・パンデミックを利用して最後の計画を実施しようとしている!

「アリスさん!こんなに早くどうしたのですか?」

「うさぎのラビットさん!」目が覚めると、ブログを書きなさい!と霊感がありました。世界中大変な状況になっているコロナ・パンデミックの真実は?とずーっと考えてきましたが、ラプトさんが朝会の仲で答えを下さいました。

(以下朝会のタイトルの転載)

2020年3月24日(火)
コロナ・パンデミックを通して、イルミナティは悪なる計画の総仕上げをしようとしている。だから私たちは、彼らの計画がうまくいかないように、彼らと徹底的に戦って勝利しなければならない。

(転載終わり)

「アリスさん!私も同じことを考えていました。ヨーロッパもアメリカも先進国と言われる国々がコロナの急激な拡大であたふたする中、不思議と先進国の日本だけが比較的落ち着いています。適当な答えしか見つからない世界のマスコミは、日本はコロナ患者数を正確に発表していないのでは・・・など報道しています。

「うさぎのラビットさん!」その答えも私はラプトさんの朝会の中で見つけました。(ある家を狙って泥棒や詐欺を働こうとする状況の中、その家族の一人でもその事実に気が付くと、泥棒はその計画を断念してしまう!)という話です。神様の使いとしてラプトさんがこの日本に現れ、ラプト理論を世に送り出しました。この世界がほんの一部の悪魔崇拝をするイルミナティーに支配され、数多くの戦争や人工地震が引き起こされ、とてつもない数の人たちが犠牲になりました。彼らの仲間のアインシュタインを使ってデタラメな相対性理論を作り出し、ノーベル賞がその計画に加担して権威づけをしてきました。その理論を基に、ありもしない原爆、原発の恐怖を作り出し、彼らは暴利をむさぼってきました。

「アリスさん!その通りです。ラプト理論がこの日本に登場し、私たち日本人の中で彼らの陰謀が陰謀論などではなく、現実のものだと気付く人たちが出てきました。(まだまだ少数派ですが・・・)イルミナティーが最終的な仕上げをしようと画策したのが、今度のコロナ・パンデミックなのです。彼らはこのコロナウィルスが単なるインフルエンザなのは百も承知しています。オリンピック聖火を迎えるのに多くの人たちが集まりました。一方K1では中止要請が出ました。

政府は聖火到着には多くの報道陣始め人々が集まったのに、民間のK1 では中止要請で圧力を掛けました。(デタラメですね!)」

「うさぎのラビットさん!」ヨーロッパやアメリカでは偽ユダヤの連中(ユダヤ金融、ロックフェラー、ロスチャイルドなどなど)  そしてアジアでは李家が支配しています。彼らは100年に一度ずつパンデミックを起し、いよいよ今度が最終戦争のつもりです。

https://www.excite.co.jp/news/article/TokyoSports_1725663/

(パンデミック百年周期説 1720年ペスト 1820年コレラ 1920年スペイン風邪 2020年 新型コロナ)

彼らはあのドルイド僧がやったように!!秦の始皇帝がやったように!!李氏朝鮮で両班がやったように!!完全なる独裁を世界的に実行するつもりでしょう。

ドルイド教 生贄 に対する画像結果
ドルイド教 生贄 に対する画像結果

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12416177710.html

(ハロウィンは悪魔を召喚する危険な祭りです)

rapt-neo.com/?p=33363

(古代から現代まで世界を支配してきたのは古代ケルトのドルイド僧である)

(李氏朝鮮下の奴隷たち)

(両班は一切体を動かさず、朝鮮人を支配してきました)

「アリスさん!そんな彼らの計画も決してうまくはいきません。ラプトさんが朝会で言ったように、泥棒の計画を知った人達がこの日本中心に出てきたのです。安倍晋三さん!残念でした!貴方の計画はバレバレですよ!今やネット上でもこのコロナがインフルエンザなのが次々と明かされています。いよいよ年貢の納め時ですね!しっかり首を洗って待っていてください!」

コロナウィルスはインフルエンザです!

「アリスさん!お早うございます。前回の投稿から少し時間が空きましたね!」

「うさぎのラビットさん!」ここのところ開けても暮れてもコロナウィルスのニュースばかりです。私はずっと何か胡散臭いものを感じていました。日を追っていろいろな出来事やニュースが出るとその思いは強まるばかりです。

「アリスさん!確かにそうですね!武漢でコロナウィルスが発生、やがてダイヤモンドプリンセスの集団隔離が続く中も、政府はミョーに落ち着いていました。マスクマスクと騒ぐ中で 仕入れたマスクをこの時とばかり高値で売り払った県会議員がいたり、アメリカではコロナ問題が発覚する前に大量の株を売り抜けた議員が批判されたりしました。」

「うさぎのラビットさん!私はサーズが問題になっている時に上海へ行ったことがあります。名古屋のセントレアから行ったのですが、空港内はマスク マスクの嵐のようでした。一緒に行った人はかなり神経質になっていて、かかりつけのお医者さんからタミフルを貰って服用しながら行きました。

上海空港に着くと、防護服に身を固めた検疫官が機内に乗り込んできて、即座に体温を測る機械を搭乗客に当てて検査しました。幸い誰も異常がなかったと見え街に出ることができました。

ところが上海もその後行った蘇州の街でも、マスク姿の人を全然見かけませんでした。そのうちサーズが流行っていることもすっかり忘れてしまい、帰国した愛知県のセントレアでは相変わらずマスクマスクの嵐でビックリしたのを覚えています。

「アリスさん!今度のコロナパンデミックも何か割り切れないことが沢山あります。まずコロナコロナと騒ぐ国会で誰もマスクをしていません。安倍や麻生は身を挺して国民のために頑張っているのでしょうか???



これは新型コロナウィルスの質疑の場面ですが、誰もマスクしていません。方や通勤風景は・・・

マスクの嵐です。」

「うさぎのラビットさん!そんな時、昨夜ラプトさんの朝会で神様の啓示が出ました。

(以下転載)・・・・ コロナ・パンデミックをきっかけに、主はイルミナティを滅ぼす計画を実行しておられる。私たちはそんな主の心情に合わせて、中心者と兄弟姉妹と全人類のために祈り、かつサタンとイルミナティの滅びを強力に祈り求めなければならない。(転載終わり)

神様は今年はすべての人を裁いていく!と仰ってきました。悪人はもちろんサタンの主管圏で洗脳されてきた下級国民達もです。現にこのコロナ問題で世界中の飲食店やフリーランス、派遣社員は真っ先に影響を受けています。

「アリスさん!まさにその通りです。ここに二つの事実があります。一つは安倍晋三が全国の小中校を休校にしたかかわらず、防衛大の卒業式に出て憲法改正の訓示を述べて悦に入ったこと!もう一つは政府がコロナ対策として30兆円を支出し、その一部が全国旅行業協会に流れることです。この会長は自民党幹事長の二階俊博が勤めています。

画像

(以下転載)

防大卒業式で首相訓示、9条への自衛隊明記に意欲

防衛大学校の卒業式を終え、帽子を投げる卒業生=22日午前11時5分、神奈川県横須賀市(代表撮影)【拡大】

 安倍晋三首相は22日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し、改めて憲法に自衛隊を明記する9条の改正に意欲を示した。自衛隊違憲論に触れた上で「隊員たちが高い士気の下で任務を遂行できる環境をつくっていかなければならない」と述べた。日米同盟のさらなる強化に向けて役割拡大を図るとも強調した。

 卒業式は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、卒業生の家族や来賓を招かず、例年より規模を縮小し、インターネットで中継。恒例の「帽子投げ」は、卒業生同士の間隔を例年よりも空けて実施した。

(転載終わり)

この防衛大卒業式でもマスク姿の人は見当たりません。」

政府、コロナ対策30兆円規模に 消費減税見送り公算、旅行代助成

他の学校が卒業式を自粛する中、防衛大学だけは卒業式を敢行。安倍晋三も参加し、憲法改正について語る。

「うさぎのラビットさん!私はコロナ問題が福島の放射能問題とそっくりなのを感じています。放射能が恐い怖いと東北の一部は未だに入ることができません。KAWATA とナナのラプト理論で福島原発の近くまで行った時の動画があります。

「アリスさん!福島原発の時と同様、上級国民、イルミナティ―(悪魔崇拝者)の連中はこれが単なるインフルエンザであることを承知していますね。すでに大富豪たちは逆張りという株価の値下がりでぼろ儲けして、何兆という巨額な利益を上げています。

神様はこのコロナウィルスが全世界に拡散したのを見はかっらって、人々を裁くと仰っています。神様はどんなサタンも足元にも遠く及ばない方なので、サタンの所業を利用して巧みに誘導しながら私達人間が目が覚めるようにしています。放射能の時は受け入れる人はわずかでした。しかしこのコロナウィルスが実はただのインフルエンザで、彼らの思惑だったとしたらイルミナティ―は終わります。

わずかな連中がこの世界を牛耳り、国境などほとんど意味をなさず、政治も経済もマスコミも彼らはつるんでいるのだと知ったら・・・!」

「うさぎのラビットさん!」もうじきですね!神様は予定していた2023年という期日を短縮して下さるようです。すでに神様はこの地上に降臨しています。地上天国は愛の国です。中心者のラプトさんを頭に私たちが手足となって働かなくては・・・と強く思っています。私もまさかこんなに予定通り神様がこの世界を動かすなどは、ちょっとびっくりしています。それでも本当に良かったと思っています。そして気の遠くなるような長い間、神様は忍耐してこられましたが、その時が来たのです。中心者ラプトさんが現れたからです。こんな幸運があるでしょうか!どうぞこのブログをご覧になっている皆さんも、悪人の滅び、霊的なサタンの滅びを祈ってください!そして中心者ラプトさんと兄弟姉妹や大事な人達のために心を込めて祈ってください!その集大成がこうして現実のものとなってきているのです。あと少しです。頑張りましょう!

パラサイト(半地下の生活)から見えた明日の日本の現状!

「アリスさん!お早うございます。コロナウィルスでどこも閑散としていますが、どうですか?」

「うさぎのラビットさん!」先日、休みの日に東宝シネマに行ってきました。ポップコーンを売っている広いスペースがあるのですが、人が全くいません。予約時にも誰一人いなくて、今日は貸し切りかと思いました。

それでも いざ開場!となると結構人が集まってきました。話題の映画ですから当たり前です。

「アリスさん!それで感想はいかがでしたか?」

「うさぎのラビットさん!」予見なしで観ましたが、ストーリーが意外な展開で面白かったです。現在ソウルでは不動産価格が異常に高騰して、格安の賃貸で借りられる半地下生活をしている人たちが何十万人もいるようです。現実の問題なのです。この映画が国際カンヌ賞を受賞したことで、この地域が開発予定だったのを保存するという話になって、揉めているようです。

「アリスさん!あらすじを話してもらえますか?」

「うさぎのラビットさん!」大まかに話します。半地下に住む4人家族はいずれも無職です。父親・母親・浪人生・その妹です。ひょんなことから金持ちの家庭教師をすることになった浪人生は、家族を次々と金持ちの家に送り込みます。(家族だとバレないように)それぞれ皆実力があるので、気に入られます。その家には北朝鮮の脅威から核シェルターがあるのですが、家を買った金持ち家族はその存在を知りません。それを偶然見つけた浪人生はそのシェルターに、元の家政婦の主人が何年も住んでいるのを知ります。

家の主人たちがキャンプに出掛けた留守に、酒盛りをする半地下家族ですが急に帰宅した主人に大慌てします。

なんだかんだありますが、半地下家族に染み付いた体の臭いは消せません。その臭いを家の主人が嫌がります。半地下家族の父親は差別と自分たちとのあまりの生活の違いの理不尽さに、パーティーの日に匂いを嫌がる主人に切れて、皆の前で刺し殺してしまいます。そのまま父親は行方をくらますのですが、誰も知らないシェルターに逃げ込んで生活を続けるのです。

「アリスさん!何か凄いストーリーですね。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。シェルターに住んでいた元家政婦の主人も、半地下生活の父親も何故かシェルターの生活が気楽に思えるのです。世間から隔離された状態が心地良いと感じているのです。そこに今の韓国の現状が見え隠れしています。

「アリスさん!私にも言わせてください。つい最近、ビデオ録画を頼まれて知ったのですが、(ポツンと一軒家)と言う番組を知りました。2回ほど観ましたが、前回は岡山の山の中にポツンとある一軒家の放送でした。

(ポツンと一軒家3月8日放送)

https://gyao.yahoo.co.jp/title/%E3%83%9D%E3%83%84%E3%83%B3%E3%81%A8%E4%B8%80%E8%BB%92%E5%AE%B6/5be921f7-621c-485d-b319-4dd750f87369

(ポツンと一軒家の一場面)

「アリスさん!今のパラサイトのシェルターの生活を聞いて、あれっ!ちょっと似ているな?と感じたのは隣の家にもめったに行けない山里に、ポツンとある一軒家に住んでいる人たちがいます。その人たちのほとんどが、高齢の年寄りで一人で住んでいるケースが多いのです。寂しくて不安で・・・などとは程遠い気持ちで生きているのです。それでも子供たちが心配して見には来ていますが、一人暮らしが良いのでしょう。山を下りません。そういう老人たちはほとんどが自給自足で、日々あれこれ次のことを考えてボケる暇などないように見えます。

一方、老人ホームや介護施設に入っている老人たちを、私は何人も知っていますし、お見舞いにも行くことがあります。私が誰か分かりますか?の問いかけに、分らないと答える場合も多いのです。そこに日本の現状が透けて見えてきます。」

「うさぎのラビットさん!」本当にその通りです。定年をして何をして良いのか分からず、誘われるままに自治会に入り、必要かどうかも分からない仕事をしている人は大勢います。日本人はカルト宗教、神社仏閣による洗脳で、神様の存在を隠されてきました。私もラプトさんがいなかったら、聖書も神様も知らずにいるところでした。お祈りを初めてそろそろ4年が経とうとしていますが、どんな時も気持ちが慌てないで落ち着いています。パラサイトのシェルターに住んでいる父親も、ポツンと一軒家にいる人たちも神様とつながれば本当に素晴らしいと感じています。

「アリスさん!コロナウィルスもどうやら安倍晋三が画策した細菌兵器の可能性が強まりました。安倍は神様に裁かれて、頭が完全にテンパってしまっています。それでも緊急事態条項を通して、今後は強引に独裁を続けていくでしょう。神様は上級国民を裁いてはいますが、私達下級国民のあまりのだらしなさに、怒っています。一人でも多くこの難曲を乗り切るのは、神様につながり、祈りの力でこの世界を変えていくしか道はありません。神様への道は本当に狭いのです。私たちも絶えず試されています。気が付いてください!目を覚ましてください!そして必ずや地上天国ができるように、快楽享楽の生活から脱して喜びの毎日を送ってください!」

全国の小中校生の諸君!休校を機に、李家の上級国民・安倍晋三の正体を見破れ!

「アリスさん!お早うございます。世間ではコロナウィルスのことで大変ですね!」

「うさぎのラビットさん!」コロナウィルスに関して、私はずっと違和感を持っていました。コロナウィルス以前に発生したサーズやエボラ出血熱、それ以外のインフルエンザが流行した時も今のコロナウィルスよりはるかに感染者や死亡者が多いのに、今回は全国の小中学生の半強制的な休校が決まりました。

「アリスさん!マスコミはその大部分がコロナウィルス関連の話題ですし、大相撲・プロ野球オープン戦・その他の大会も無観客という異常事態になっています。」

「うさぎのラビットさん!」私は今話題になっている韓国映画(パラサイト・半地下の生活)が上映しているか昼時に東宝シネマをのぞいてみました。

画像

普段なら街は昼時のサラリーマンでにぎわっているのですが、ガラガラです。びっくりしました。どのテナント店も閑散としていました。

「アリスさん!今、ラプト理論を基に次々とUチューブから動画を上げている人たちがいます。一応 全部目を通しましたが、とても良くできていて感心すると同時に、優秀な人達が頑張っているのを見てとてもうれしくなりました。代表的なものを貼っておきます。

「アリスさん!この日本は明治維新(本当は明治革命ですが)の時、江戸時代の武家社会を、山口県の田布施町・鹿児島県の加世田部落の田布施町を中心に李氏朝鮮の末裔が、乗っ取りました。田布施システムの始まりです。孝明天皇の息子に代わり、大室寅之助(明治天皇)が乗っ取りました。

彼らは紀元前、神様に反抗し、御言葉や聖書の逆を実行してきた悪魔崇拝者のユダヤ人たちです。中国で秦を作り朝鮮半島で百済や新羅を作り、その仕上げとして李氏朝鮮を作って朝鮮民族を奴隷状態にした両班(ヤンパン)です。そのヤンパンのシステムは歴史上ないと言われるぐらいの悪に満ちていました。

「アリスさん!その身分制度の固定化を、安倍政権が憲法改正をして実現しようとしているのです。現在でも日本は平等でも何でもなく、民主主義など絵に描いた餅にしかならず、警察も検察も司法も上級国民を守るための制度です。」

「うさぎのラビットさん!」私は今度の休みに(パラサイト・半地下の生活)を見に行こうと思っています。日本より金持ちと貧乏人の差がより具体的に表現されているのではないかと考えています。

「アリスさん!コロナウィルスの騒動を利用して安倍晋三は緊急事態条項を憲法に設け、憲法改正の前段階にしようと画策しています。この条項が通過するかどうかは私にも分かりません。何故なら今年神様は私達を裁いているからです。上級国民はもちろんですが、私達下級国民もそれぞれに裁かれます。長い間の洗脳とサタンによる巧みな戦術によって私たちは奴隷化して反抗する力すら奪われてきました。」

「うさぎのラビットさん!」私は明け方のお祈りをしていて、全国の小中学生の中でラプト理論を理解する子供たちが出てくるのでは?と感じました。この艱難の中で救われるのはただ一つ、ラプト理論をいち早く理解して神様につながるしかありません。

私はずっと安倍晋三始めイルミナティの滅びを祈ってきました。ラプトさんを中心に正義の光がこの世の闇をどんどん照らして真実が明らかになるように祈っています。