戦場のピアニストを見て考えたこと。

「アリスさん!お早うございます。今日も早いですね」

「うさぎのラビットさん!」もうじきピアノの発表会なので少し緊張しています。

「アリスさん!今年はどんな曲目を弾くのですか?」

「うさぎのラビットさん!」今年はショパンのバラードの1番を弾く予定です。私の実力からは背伸びしていると感じていましたが、どうしても弾きたいという感情があって今、練習中です。

 先日、録画していた(戦場のピアニスト)を見たのですが、主人公のユダヤ人ピアニスト・・シュピルマンがドイツ将校の前で弾く場面があります。その時の曲がショパンのバラード1番です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/戦場のピアニスト



「うさぎのラビットさん!」この映画は実話を元にしたもので、ユダヤ人がヨーロッパで酷い差別を受けていたことが分かります。私が初めて発表会で弾いた曲もショパンの遺作、ノクターン20番だったし・・・。何か因縁のようなものすら感じるのです。

「アリスさん!今の日本はイルミナティの一つ、李家によって支配されていることが分かっています。李家はユダヤ人で安倍晋三も麻生太郎もすべて李家の人間です。イスラエルの王ソロモンが神様を裏切り、北イスラエルと南ユダに分裂しました。その後双方とも滅亡し多くの民が東へ東へと逃げてきました。彼らユダヤ人は中国大陸で秦を作り、やがて朝鮮半島に渡って新羅や百済を作りました。麻生太郎は百済滅亡で日本に渡ってきた中臣鎌足(後の藤原鎌足)の子孫です。(麻生家の史書より)

一方、今袋叩きにあっている安倍晋三も李家の中心人物と言っても良いかと思います。李氏朝鮮の最後の皇帝李垠(りぎん)に嫁いだ梨の宮方子の間に生まれた李晋(りしん)は安倍晋三の父親安倍晋太郎です。横田早紀恵と安倍晋三は叔母と甥の関係になります。」

「うさぎのラビットさん!」李家はユダヤ人ですが、これは紀元前に滅亡したイスラエルの民の末裔ですよね!ところが私の見た戦場のピアニストのシュピルマンはユダヤ人です。これは一体・・・?

「アリスさん!ユダヤ人をイメージする時、日本人はこんな感じの人を想像するのではないですか?

「うさぎのラビットさん!」まさにその通りです。でも麻生太郎も安倍晋三も李家ですからユダヤ人の血統ですよね!

「アリスさん!私たちはブログを書き始めたころにこのことを投稿しました。もちろんこれはラプト理論から明らかになったことですが・・・。その投稿を貼っておきます。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12385289841.html

(神様と生きるアリス・・・シオンの議定書その前に)

簡単に話すと紀元前にイスラエルが滅亡し、その民はアジア人でした。その最も近いのはパレスチナ人であるともいわれますが、日本に渡ってきたのもこの人達です。一方、それから千年以上時を経て、今の黒海とカスピ海にかなり大きなハザール王国がありました。この国は多民族国家で、周りを強国に囲まれており、それを何とか凌ぐために自分たちはユダヤ教徒だと標榜したのです。

(オレンジ色の部分がハザール王国です)

やがてハザール王国は滅亡しますが、その時の逃亡者たちが主にロシアやヨーロッパに広がっていきます。そして現在、一般的に言われているユダヤ人となるのです。世界を牛耳ってきたロスチャイルド、ロックフェラーはそうしたユダヤ人です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハザール

アメリカ大統領はケネディとレーガン以外はすべてユダヤ人です。奴隷解放したリンカーンも実はユダヤ人です。ハザール王国は多民族国家であったためにそういうことが起きているのです。ユダヤ教徒と言うだけで、血統ではハザール王国の人たちはユダヤ人の血を引いていないので、偽ユダヤなどと言う人もいます。

「うさぎのラビットさん!」今年に入って世界は益々混沌としてきました。中国、日本そして韓国と一気に拡がったコロナウィルスはちょっと収まりそうもありません。神様がこの地に降臨し、私達があまりに怠惰なので間違いなく裁いています。コロナウィルスの影響は日本の基幹産業(自動車、電気製品などなど)に及ぶ勢いです。ラプトさんの朝会で中国から潤滑油が入ってこない!と情報がありました。潤滑油が入らないだけで、日本の工場はお手上げです。これまでは政治家たちの悪党ぶりが話題になってきましたが、経済界に影響が出るのは時間の問題かと思います。

「アリスさん!これは間違いなく神様が裁いているのです。ズルをして富や名声をつかんできた悪党どもは間違いなく裁かれますが、私達下級国民も様々な影響を受けるでしょう。その時、心に平安と希望を持って喜んでいるには、自分の罪を悔い改め、義を尽くしていくことです。やがて私達が言ってきた善の法則がどんどん加速して日本中、いや世界中に及ぶでしょう。荒唐無稽!と侮るなかれ!神様は今年、しっかりと裁かれますからその時になって慌てないように!!」