神様は降臨した!コロナウイルスと元SPの痴漢行為とANAホテルと・・・

「アリスさん!お早うございます。コロナウィルスが思わぬ大火事になって、不穏な空気が流れていますね。」

「うさぎのラビットさん!」昨日、高市早苗の元SP品田真男(52歳)が都営地下鉄線の神保町で痴漢行為を疑われ、逃走を止めようとした男性に階段で大けがをさせた事件がありました。

ーー以下テレビ朝日ニュースより転載ーー

東京・千代田区にある地下鉄の駅の構内で痴漢と疑われて逃走する際に捕まえようとした男性に大けがをさせたとして、警視庁の元大臣SPの男が逮捕されました。

品田真男容疑者(52)は17日午前7時ごろ、都営新宿線の神保町駅で20代の男性を階段から転落させてけがをさせた疑いが持たれています。男性は意識不明の重体です。警視庁によりますと、男性は電車内で痴漢と疑われて逃走していた品田容疑者と駅の階段でもみ合いになり、転落して頭などを強く打ったということです。被害を訴えた女性はその場から立ち去ったということです。品田容疑者は元SPで大臣警護などを担当していましたが、2007年に辞職していました。取り調べに対して容疑を否認しています。
引用:テレ朝news

ーー転載終わりーー

頭を打ち重体だった男性の妻が、良い事をしても報われない・・。涙が止まらないと投稿しました。私も昨夜はこの男性の快復をお祈りしました。お祈りが終わってスマホを開くと、男性の意識が戻ったと出ていました。本当に良かったです。

「アリスさん!国会で桜を見る会の安倍晋三に対して追及が続いています。見積書と請求明細書など知らないと言い張る安倍晋三に、ANAホテルが否定。高額な契約で、ホテル側からしたら当たり前なのにそれを知らぬ存ぜぬで押し切ろうと言うのですから、開いた口がふさがりません。不倫現場に踏み込まれた裸の二人が、私達はあやとりをしていただけだと言っているようなものです!

ーー以下朝日新聞の記事より転載ーー

「桜を見る会」前日の夕食会をめぐって安倍晋三首相の国会答弁と会場のホテル側の説明が食い違っている問題で、首相答弁内容の一部を否定したANAインターコンチネンタルホテル東京(東京・赤坂)の姿勢に対し、与野党幹部らが様々な反応を見せている。野党からホテルの対応を評価する声が上がる一方、政府・自民党からは恨み節も漏れる。

 野党統一会派の小川淳也氏(無所属)は18日、自らのツイッターに「忖度(そんたく)まん延症候群のような日本列島にあって、ANAインターコンチネンタルホテル東京の存在は特別にキラリと光る。真実を毅然(きぜん)といい放つ姿勢に敬服」と投稿。共産党の田村智子政策委員長は「ANAホテルの矜持(きょうじ)を、官僚も自民党も正面から受け止めてほしい」、同党の宮本徹衆院議員も「誰もが総理を守るために口裏を合わせてくれるわけではないのです」とつづった。

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は記者団に対し、「第三者のANAホテルが答えを出してくれた。『総理、あなたが言っているのはどうなんですか』ということに答えないと(国会の)質疑はできない」と語った。多くの野党は首相が書面で回答を寄せないことに反発し、この日の衆院予算委員会を欠席した。

 これに対し、菅義偉官房長官は18日の記者会見で「総理が国会で答弁した通り」と強調。野党が要求する書面での回答も「国会で答弁することは議事録に残る」として、後ろ向きな姿勢を示した。自民の二階俊博幹事長は会見で「野党の対応に私が論評することはありません。新たな議論を呼ぶようなことに私が乗るわけにはいかない。野党は野党です」と述べるにとどめ、評価を避けた。

 ただ、首相側近は「なんで(ANAホテルは)回答を出したんだろう」と困惑し、自民党幹部の一人は「もうANAホテルを使うのはやめよう」。同党ベテランは「ANAホテルは外資系だからかな。(対応が)スッキリしている」と述べ、忖度のない対応だと感想を漏らした。

ーー転載終わりーー

「うさぎのラビットさん!」ニュースはコロナウィルスのことで一杯です。各地の催し物は中止となり、マラソン大会も中止や規模縮小に追い込まれています。東京マラソンも応援自粛要請をしているようです。一般出場者の出場費は返金しないなどとも言っています。各地の花見の催し縮小、観光地の売り上げ減少、さらには中国の安価な商品に頼っている日本経済は大変です。

「アリスさん!現在の日本は先進国の中で最も低い賃金に抑えられ、生活水準もかなり低くなっています。これは上級国民が富を吸い上げ、天文学的な財産を築いている一方で、私達庶民は小泉竹中構造改革から、インチキアベノミクスですっかり騙され貧困に落とされています。法律は上級国民を守るために作られ、安倍政権が露呈しているように法律は勝手に都合よく変えています。飯塚幸三をものがしている事実や、検察庁長官の定年延長を勝手に決めて、安倍が逮捕されないようにタックを組んでデタラメやっています。株価操作や円安ドル高に誘導するために、積み立てた年金が利用されていることも分かりました。

アリスさん!安倍晋三などイルミナティ―の連中はもちろん厳しい裁きを受けますが、私たちも同様です。怠惰な生活、人任せの態度、神様に仕えると言いながら我が身可愛さに二心を持つ生き方をする事などなど・・・。」

「うさぎのラビットさん!」この世の中をご覧になって、神様は本当に怒っていると御言葉で何回も出ています。以下の聖書の言葉を読んで、悟ってください!

   あなた方は、私が地上に平和をもたらすために来たと思うのか。そうではない。言っておくが、むしろ分裂だ。

    今から後、一つの家に5人いるならば、3人は2人と、2人は3人と対立して分かれるからである。

   父は子と、子は父と、母は娘と、娘は母と、しゅうとめは嫁と、嫁はしゅうとめと、対立して分かれる。

  --ルカによる福音書12章51~53--

神様は本当に怒っていらっしゃいます。私たちがサタンに洗脳され、罪を罪とも思わず、悪なることをしても平気でいることに本当に怒っています。神様の裁きはサタンの裁きとは違います。サタンは悪を行えば人間がサタン化したのを見て喜びますが、今、善の法則が働いて歯車が逆回転し始めました。もう悪の法則は通用しません。我が身可愛さに富や名誉を追い求める生き方は神様から相手にされません。神様の裁きは本当に怖いですよ!他人ごとだと高をくくっている人は大変ですよ!

「アリスさん!今年の始めに出た御言葉の通りに神様は世界を裁いています。ひょっとしたらオリンピックも中止になるかもしれませんが、私達人間の頭では分かりません。この日本はかつてないほどの裁きを受けるかもしれません。その時、心に喜びをもって平安と希望に満ちて生きていくには、心を入れ替えて御言葉通り従い、悔い改めて罪を繰り返さないことです。私たちも心して神様に喜ばれる生き方をしていきましょう!!」

 

 

安倍晋三の本質は明治天皇にすり替わった大室寅之助にあり!

「アリスさん!お早うございます。今日も早いですね!」

「うさぎのラビットさん!」昨夜お祈りをしていて、今の世界の状況がヨハネの黙示録通りに進んでいるのを感じました。

 昨年の暮れに出た御言葉で、悪魔崇拝者(イルミナティ―=皇室、上級国民)の裁きが早まるには、ラプトさんを中心に私たちが力を合わせて情報拡散をしなさい!自分の利得のためにするのではなく、神様の御心をなすためにしなさい!と再三にわたって出ています。

 私たちがこのようなブログを書いたからと言って、私達には何の利得もありません。どころか変人扱いをされる始末です。

「アリスさん!そうですね。でも書きたいのです。書かないではいられないのです!安倍晋三が森友・加計問題や桜を見る会で、次々と嘘を並べ、内閣府の役人には嘘だらけの答弁をさせ、今度は安倍政権のポチ検察長の定年延長を決めて逮捕を免れようとしていますね。小泉進次郎は不倫で使った豪華ホテルの代金を税金を使って何千万も流用したと言うのに、悪びれる様子など微塵もありません。まさにカエルの面にしょんべん!ですね。」

「うさぎのラビットさん!」やめてください!小泉進次郎がカエルに見えてきました。

「アリスさん!安倍晋三が小学生でもわかる嘘をこれだけつき続けても、何故政権を維持できるのか分かりますか?」

「うさぎのラビットさん!」それが今日の副題にある明治天皇すり替えですね!

「アリスさん!その通りです。このブログではラプト理論を基に、北朝鮮の金正恩が横田めぐみの息子で、安倍晋三、横田早紀恵は叔母、甥の関係になり、拉致問題は完全なる茶番劇であることを書いてきました。

毎年毎年、何十億という税金が拉致被害者の会に流れています。もういい加減日本国民も目覚めてください!

しかしこの拉致問題はまだ序章に過ぎないのです。今日の副題をかいつまんで結論から話します。私たちは学校で明治維新について次のように習いました。江戸時代の終わりに青雲の志を持った志士たちが現れ、坂本龍馬や勝海舟などの働きがあって長州と薩摩が力を合わせて幕府軍を倒し、天皇を担ぎ出し、勝てば官軍とばかり幕府軍を蹴散らし、鳥羽伏見の戦いから戊辰戦争となり、函館五稜郭の戦いまで維新を起したのだと・・・。

そして明治時代が始まりました。でもそこには天皇は神聖なるものとして侵すべからずとした明治の帝国憲法に守られた明治天皇が君臨し、維新の立役者とは言えない伊藤博文が初代の総理大臣になりました。

 江戸時代の士農工商の身分制度はなくなるかと思いきや、華族制度ができ多くの宮家が誕生しました。

 選挙制度ができて四民平等と思いきや選挙権も被選挙権も高額納税者に限られました。婦人参政権などもちろんなく、選挙と言ってもごく一部の今でいう上級国民だけが政治を動かすようになりました。江戸時代に殿様や家老が政治を動かしていたのと、何も変わりませんでした。

「うさぎのラビットさん!」いわゆる明治維新の立役者は沢山いますが、今回は明治天皇と伊藤博文の二人に限定して話してください。

「アリスさん!結論を話します。明治天皇は本来なら孝明天皇(江戸時代の最後の天皇)の息子、睦人親王がなるはずでした。しかしここで睦人親王と入れ替わりに明治天皇になった人物がいます。それが大室寅之助という男です。山口県の熊毛郡田布施町という小さな町でそれは始まります。

この町は朝鮮部落です。町全体がそうだとは言えませんが、李氏朝鮮の創始者・李成桂の末裔、李要蔵という荒くれた人物がここに住み着いた時から始まります。この要蔵の息子作蔵が地家吉左エ門の養子となり谷口すえとの間に息子を作ります。二人は離婚をし、谷口すえはその息子を連れて大室弥兵衛と再婚して大室姓を名乗ります。この時の息子が後の大室寅之助となります。つまり李氏朝鮮から来た朝鮮人が日本を乗っ取ったわけです。これを背乗り(はいのり)と言うそうですが・・・。

李成桂(李氏朝鮮の創始者)

その寅之助を育てたのが大室家の隣に住んでいた伊藤博文です。

(伊藤博文)

「アリスさん!江戸幕府は徳川慶喜が京都二条城で大政奉還をし、普通ならそれで無血開城となり終わったはずです。ところがこの慶喜、後に鳥羽伏見の戦いが起き、幕府軍1万5千、長州軍5千という幕府軍の圧倒的有利な戦いの直前、敵前逃亡して大阪城に戻ってしまいます。その戦いを起点に戊辰戦争が起き天皇を担ぎ出し官軍の圧倒的勝利に終わります。徳川慶喜は明治になると静岡市に移り趣味人として贅沢三昧して過ごし、やがて東京に戻り副総理にまで上り詰めます。本来なら責任を取って切腹ものなのに、敵の大将とも言うべき慶喜が何故??と思いますが、すべては茶番劇だったわけです。

(徳川慶喜)

「うさぎのラビットさん!」明治維新の嘘は相当念入りに画策されていますね!

「アリスさん!そうです。伊藤博文は大室寅之助を天皇にすり替えるために数々の邪魔者を殺戮します。人を切るたびに伊藤は名前を変えていきます。この伊藤が岩倉具視の助けを借りて、孝明天皇の住む堀川御殿のトイレに忍び込み殺害します。伊藤の刀を見た専門家がこの刀は人を沢山切ったために付く血糊がとれないと証言しています。今や韓国では英雄になっている伊藤博文暗殺の安重根(アンジュンコン)が裁判で、殺害の動機を聞かれたときに(孝明天皇を殺害したからだ!)と話し始めました。裁判官は傍聴人を即座に退廷させました。日本と韓国ともに誤解を生んでいるこのテロ事件は、明治天皇のすり替わりを暗に肯定しています。

ここにラプト理論から明治天皇すり替えを詳しく説明した動画があります。是非ご覧になってください。モヤモヤしたものがすっきりしますよ!

「アリスさん!安倍晋三が小学生でもわかる嘘をつき続けるのも・・・。いいえ!つき続けられるのは周りに上級国民が山ほど配置されていて、法律も警察も手の届かないところにいるからです。こんな悪がのさばっていて良いのですか!!」

「うさぎのラビットさん!」神様はこうして私達国民に真実を伝えようとしています。それでもほとんどの人が気が付かないか、気が付いていても自分の利益優先で知らんぷりをしています。私たちはいよいよ奴隷状態になるか(今でもそうですが・・・)それとも・・・

 第一に神様を愛しなさい!と仰います。自分の利益のためにする行為は神様は叶えてくださいません。神様を第一に愛する!ことをすれば自然に神様は恵みや祝福を与えてくださいます。どんな時でも心配は吹き飛び、心に喜びと平安と希望が湧いてきます。今年はその答えがはっきりと出るでしょう!

在日も部落も愛の力で吹っ飛ばせ!!

「アリスさん!お早うございます!今日は仕事ではなかったのでは?」

「うさぎのラビットさん!」一昨日、シーズーのハナちゃんをお風呂場で洗っていた時、少し寒くてぞくっとしたのが良くなかったのか、今日は臨時休業です。

「アリスさん!中国も日本もコロナウィルスで騒いでいるし、マスコミはあんまり報道しませんが、アメリカではインフルエンザで1万人以上の死者が出ています。体のケアをしっかりやってくださいね!」

「うさぎのラビットさん!」昨日の朝会の御言葉で大変感動を受けました。

「アリスさん!話してください。」

「うさぎのラビットさん!」今、神様はこの地上に降臨なさっています。まず初めに、中心者ラプトさんに対する祈りが不十分として私たちを戒めて下さいました。

 今年は世の中は停滞し、経済的にも精神的にも益々生活が困難な状況になると神様は仰っています。どこかの予想屋や、いい加減な経済学者が言っているのではありません。神様が仰っているのです。世の中確実にそうなります。オリンピックで浮かれようが、マスコミが世論誘導をしようがそうなります。私達下級国民はその影響を受けやすいのですが、神様は上級国民も裁きます。

そんな状況の中で、救われる方法を教えて下さいました。それは利己的な考えでどんなに行動しても栄えないが、神様を愛して栄えなさいと教えて下さいました。利己的な方法で自分の利得を求める方法は、複雑多岐に渡って、結局栄えないが、(愛する!)という事は非常に単純で分かりやすいのです。それさえできれば必ず栄えると仰ってくださいました。

「アリスさん!まさしくその通りですね!(何かを得る!)と言うのは凄く難しいのですが、(何かを与える!)のはシンプルで簡単ですよね。ところが長い間人間はサタンに洗脳されてきましたから、貰う事ばかりに意識がいってしまって、与える喜びを失ってきました。今、神様は地上で人々に艱難を与えようとしています。経済的にも精神的にも苦しくなれば、人々は益々利己的になります。すぐにでもそのような結果になります。

そんな時、神様を愛し、中心者ラプトさんを愛し、兄弟姉妹を愛し、人々を愛し、全方位で愛しなさい!と神様は何度も何度も仰っています。そうすれば何も困ることはないですよ!とも仰ってくださっています。実行しない手はないですよね!!」

「うさぎのラビットさん!」不況になると、一層詐欺に騙される人たちが増えますね。

「アリスさん!その通りです。儲け話や投資話、値上がり株の銘柄を買わないか!などは益々増えてきそうです。ラプト理論により、庶民が株や有価証券で儲けるなどは不可能に近いです。株で大儲けなどは上級国民が私たちから金を巻き上げる常套手段です。

(そんなに儲かるのなら、自分でやれば・・・??)

「アリスさん!今日の副題は在日も部落も愛の力で吹っ飛ばせ!でしたが・・・」

「うさぎのラビットさん!」先日、知り合いで部落問題に詳しい人と話す機会があったので、普段から疑問に思っていた問題を聞いてみました。まず私は部落とは何ですか?と訊ねると、彼はしばらく押し黙ったまま答えを探しているようでしたが、やがてこう言いました。(それは押し込められた人たちだ!・・・と)

私はすぐには理解できませんでしたが、時の支配者からある地域に押し込められて、その地域が部落だと言うのが彼の意見でした。私が納得がいかない顔をしていたのだと思いますが、彼は差別は間違いなくあると言うのです。そういう地域は地価も他と比べて安いし、そういう地域出身者は部落外に出ても差別を受けると言うのです。

以前、部落の地名総鑑と言うものがあって、それを参考に就職差別があると聞いたことがあります。

「アリスさん!私も部落などすでに死語になっていると思いきや、現実には残っているのでしょうか?ネットではこの芸能人が在日だなどと面白半分に言っているものがありますが、今、ラプト理論でこの日本は朝鮮半島系のユダヤ人に乗っ取られ、実はそのユダヤ人たちは日韓併合前の李氏朝鮮時代、両班として朝鮮民族を奴隷のように扱ってきたことがはっきりと分かっています。山口県の田布施町を起点に明治維新を起し、士農工商の身分制度を排するためなどの美辞麗句で、まんまと日本を乗っ取ってしまいました。それが現在の天皇家を始めとする上級国民です。

「アリスさん!今日の副題から少しそれてしまいましたが、神様は自分の利得を求めるな!と繰り返し仰っています。そして神様を愛すること!目に見えない神様を愛することはとても難しいので、神様が送った中心者ラプトさんを愛しなさい!と非常に具体的に教えて下さっています。

 マスコミの頂点にいる電通などは、超高学歴の優秀な人材が3分の1、大企業経営者の子弟などが3分の1、そして残り3分の1が在日枠であるとも言われています。安倍明恵はその口でしょう。先ほど、アリスさんの知り合いの方が部落に関して述べていましたが、そうして人脈を作り、利権を得ている人も沢山います。知ってか知らずか神様に反抗しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」答えが出ましたね!利己的に生きる人たちは問題を複雑に複雑にして訳の分からないようにします。神様は只、ひたすら愛しなさいと仰っているのです。明瞭簡潔です。お金は必要ありません。神様を愛していれば必然すべてが困らないように神様はしてくださいます。信じるか信じないかはあなた次第ですね!

「アリスさん!今年一年は世の中、暗く世知辛く、圧迫された世相になると神様は仰っています。金儲けに血道を上げても、金儲けのにおいのするところに行っても、事態は益々悪くなります。一人でも多くの人がそれに気づいて、早くそこから出てきてください!!」

再び確認、原発の嘘!大きな嘘ほどバレない!

「アリスさん!おはようございます。今日は小雨が降っています。元気ですか?」

「うさぎのラビットさん!」年末から年始にかけてゴーンのニュースが騒がしいようですね。レバノンに多額の寄付をしたゴーンをレバノンの法務大臣が(日本には引き渡さない!)と言っているようです。日本とレバノンに犯罪人引き渡し条約がないから・・と言うのが理由のようです。

「アリスさん!マスコミもそれを言っているようですが、日本と犯罪人引き渡し条約があるのは、たった二か国だけです。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00010002-wordleaf-soci(犯罪人引き渡し条約・・ヤフーより)

日本の司法制度が問われているものですが、逃亡者側では承知の上実行したにすぎませんから、笑ってしまいます。」

「うさぎのラビットさん!」ゴーンのような上級国民は国際犯罪を平気で犯してもスルー出来ることの証明ですね!今年に入ってから、ますますいろいろな事件が起きますね!飯塚幸三の場合は日本の警察も司法も手をこまねいて、逮捕もせずにいるのにね!今日、ゴーンが記者会見をして日本の司法制度が(拷問だ!)と訴えるようですが、どうなりますかねえ・・・。

「アリスさん!今日は再度、原発の嘘を話していきましょう。私たちは以前にも原発は只の海水発電としたブログを投稿しました。原発、原爆の嘘を暴露したのはラプトさんですが、私なりに改めて最近思い出したことや、腹が立ったことを書いていこうと思ったのです。」

(原発は只の海水発電ですよ!)

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12395260356.html

(原発、原爆、ガンもみーんな嘘)

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12394546567.html

「アリスさん!消費税が上がり、健康保険料は今まで年8回だったものが年10回になりました。一回の健康保険料納入額が以前より若干少なくなったので、役所も値下げすることがあるのかと思いきや、年2回分増えて結局かなりの値上げです。わずかな値下げの時は大騒ぎするのに、値上げの時は分からないように静かに実施していきます。役所に問い合わせたら電話口に出た女性が申し訳なさそうな声で応答してきました。実は年8回だったのが10回に変更されたのだと・・・。上司からも対応を気を付けるように言われたのでしょう。納付が遅れた場合は犯罪者扱いのような高飛車な態度をとるのにね!」

「うさぎのラビットさん!」前にも話したことがありますが、最近電気代が上がってきました。以前は月6千円台だったのですが、(私の場合メーターが分かれていますが、そのうちの一つです)先月あたりから7千円台になりました。こまめに電気を切っているので電気量も増えていません。ところがところが7千円のうち817円が別途加算されているのです。内訳は再エネ発電促進賦課金とあります。この訳の分からない課金は太陽光発電で本来電力会社が太陽光発電で余った電気を買い取ることになっていたのを、私たちが代わりに払っているのです!電力会社の電気量金問い合わせ窓口に電話すると、散々待たされた挙句、いかにもヒステリーといった女性が電話口に出て、訳の分からない説明をします。私がこれは太陽光発電の買い取りを電力会社の代わりに私たちが払っているのでしょう!と問い詰めると(厚生省に聞いてくださいね!!)と凄い剣幕で電話を切られてしまいました。

(オホホホ!あなたたちは黙って払っていればいいのよ!)  

「アリスさん!その他税金も確実に上がっています。私達庶民・・下級国民は骨の髄までしゃぶられています。弱者はより弱く、上級国民は犯罪を平気で犯しても司法や警察に守られています。彼らは法律の抜け穴をわざと作っているのです!すでに民主主義をうたっている日本の正体がバレています。民主主義どころか今や戦国時代のような状態です。気づく人は気づいているでしょうが、警察も検察も司法も上級国民の都合によって動いています。全く信用できません。ゴーンや飯塚幸三が良い例です。」

「うさぎのラビットさん!」上級国民の一番の儲け話は原発の嘘でしょう。原発はアインシュタインの相対性理論を基に作られていますが、質量がエネルギーに変換できるとされ、それによって核が開発されたことになっています。この理論は実証されて作られたものではなく、机上で作られたものです。相対性理論を疑う科学者は五万といます。そのため彼らはノーベル賞を作り、核が実際にあるのだという事を権威づけています。事実ノーベル賞は核を擁護する論文にのみ賞を与えています。まさに上級国民が私たちを洗脳する手段の一つです。

「アリスさん!ここに相対性理論の説明を貼っておきますから頭の良い人は是非挑戦してみて下さい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/相対性理論

日本人のノーベル賞受賞者の一覧も貼っておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本人のノーベル賞受賞者

さてこのアインシュタインの相対性理論を基に原発は出来ました?この原発は始めは原爆によって証明??されましたが、核の平和利用という大義の元原発に移行しました。この原発を考え出したのはクーデンホーフカレルギーと言う人物です。

https://ja.wikipedia.org/wiki/リヒャルト・クーデンホーフ%EF%BC%9Dカレルギー

(クーデンホーフ カレルギー)

「アリスさん!こんな名前聞いたことがありませんが、実は彼は東京生まれで、日本人青山みつと言う女性とオーストリア人とのハーフです。青山と言えば青山通りとか青山墓地などがすぐ出てきますが、皇居周辺を所有する財閥です。そのカレルギーが原発を言い出し、それを日本に導入したのが先日亡くなった中園康弘です。

 https://ja.wikipedia.org/wiki/中曽根康弘

そして全国に原発を建てたのは鹿島建設の鹿島守之助ですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/鹿島守之助

カレルギー~中曽根康弘~鹿島守之助と人間サタン共の連携によって原発(ただ同然の海水発電です)が導入され、上級国民はぼろ儲けしています。さらに原発が只の海水発電なのは連中は百も承知ですから、安倍晋三が平気で海外に原発売り込みに行くわけです。クリーンエネルギーへの変換をうたって急に反原発を言い出した、菅直人、細川護熙、孫正義の音頭取りで太陽光発電を売りに出し、またまたぼろ儲けです。頃合いを見計らって売電応募が殺到したことにして、電力会社は売電をやめました。代わりに私達電気使用者が売電料金を支払うと言う詐欺を再エネ発電促進賦課金などのデタラメな名前を付けて、世界一高い電気代にさらなる上乗せをしているのです。」

「うさぎのラビットさん!」今年は悪の法則が善の法則に逆回転し始めたと神様は啓示を下さいました。上級国民はインチキにインチキを重ねて、富を天に届くほど積み上げてしまいました。その最後の仕上げとして改憲をして、いよいよ我々下級国民を徹底した奴隷にしようとしています。目覚めてください!彼らは嘘に嘘を重ねていますが、私たちは真実を訴えていくだけです。今年は情報拡散をしなさい!と言う御言葉が次々と出ています。少しでも疑問が身の回りに会ったら、それに気づいて自分で考えてみて下さい。

https://www.jiji.com/jc/d4?p=lat216&d=d4_quake

神様がこの地上に降臨した今、中心者ラプトさんに心からお祈りしましょう!

「アリスさん!お早うございます。ここ2,3日は寒いですね。」

「うさぎのラビットさん!」朝起きると ワンちゃんをトイレにベランダに出すのですが、寒いのでちょっと嫌がります。二番目のヒナちゃんは、食べるのが早くてウンチが柔らかめの時があります。寒いとお腹が冷えるので大変です!

「アリスさん!前回は日本の神社が悪魔崇拝の拠点になっていると話しました。今日はそれをさらに発展させて、京都の祇園祭の話や全国各地に残る生け贄の儀式。又日韓併合前の李氏朝鮮の両班の制度、その制度がユダヤ人たちによってなされたことなどを話すつもりでした。

昨日、ラプトさんが配信して下さる朝会で、(神様を愛することはどういうことか!)という御言葉が出ました。それは神様が送った中心者ラプトさんを愛することと同義語だ!と仰られました。」

「うさぎのラビットさん!」それはラプトさんが神様だという事ですか?

「アリスさん!今までの御言葉では第一に心と思いと精神を尽くして神様を愛しなさい!二番目には隣人を我がことのように愛しなさい!と仰ってきました。ところが目に見えない神様を愛するのは正直なところ、とても難しいのです。信仰を初めて間もない頃は、自分の願いをお祈りすると聞いて下さることもありました。それは神様も大目に見てくださったのだと思います。

しかし信仰が進むと神様の道は(愛)が最も大切なことに気が付きます。この愛は自分可愛さに祈ったのではだめです。それでは自分の利得を求めていることになるからです。コリントの信徒への手紙の中で、パウロは愛について次のように言っていましたね!

愛は忍耐強い、愛は情け深い、ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。

「うさぎのラビットさん!」私もお祈りの時、今日一日このことが実践できたかこの御言葉を反復してチェックします。

「アリスさん!これを初めて聞いた時は、自分の利益を求めるな!という教えにびっくりしました。そうしたらこの世ではいきていけないではないか!・・と。でも違いました。この世はサタンに主管されてきたと何度も言ってきました。前回、前々回のブログの記事で日本の神社が悪魔崇拝であると言ってきたのは、日本人の多くが何となく考えているように、神社にお参りすれば願い事が叶う!という事です。

 人間は弱いのです。お前の願いをかなえてやるぞ!と言うのと、自分の利得は後にして、神様を愛しなさい!と言うのとどちらが良いのか?どうしても人間は願いを叶えてくれるという耳障りの良い方に行ってしまいます。その結果どうなりましたか?本当に心が愛と平安と希望を持てるようになりましたか?」

「うさぎのラビットさん!」本当にそうですね。私たちもラプトさんが伝えてくださる御言葉を聞いて救われました。御言葉を実践していくうちに時々ハードルが上がることがあります。しかし大変だけれどやってみよう!と決心すると意外と楽にできるものです。

先日、銀座の路地裏にある小さな神社にお参りをする若い女性達の様子をテレビ放送していました。その神社を毎朝清掃する人達も紹介されていました。神様を知らなかった時は、そんな人たちを見ると感心して私もやらなくちゃ!などと思ったりもしました。でも只お参りするだけで、恋人に出逢えたり出世したりなどはやっぱり変ですよね!

「アリスさん!昨日の御言葉で、神様はこの地上に降臨なさったと出ています。サタンの主管圏から神様の主管圏に移行し始めたのです。その証拠に従来なら安倍晋三や麻生太郎もごまかしてきたものを、やればやるほど墓穴を掘っているではありませんか!神様の力が強烈に働いているのです。これは日本だけでなく、中国もアメリカもヨーロッパも同時進行しています。

アリスさん!神様が降臨なさったのは他でもない中心者ラプトさんが現れたからです。イエス様は数々の奇跡を起こされました。死んだ人を生き返らせたり、病で悩む多くの人を癒しました。ラプトさんは確かにそういう奇跡は起こしてはいません。でもちょっと考えたらすぐ分かります。ラプトさんはラプト理論をこの世に送り出したのです。長い間、サタンに騙され洗脳されてきた私たちの目を覚まさせてくれたのです。このラプト理論は神様と同じ思考回路を持ったラプトさんだから解けたのです。これを奇跡と言わないで何と言うのでしょう!」

(津波で奇跡的に残った一本松)

「うさぎのラビットさん!」神様にお祈りすると同時にラプトさんにもお祈りをしてください!と御言葉で仰いました。目に見えない神様は中心者ラプトさんをこの世に送り、私たちに具体的に神様の存在を教えて下さいました。今、神様は降臨なさっています。今までの世界とは違うのです。神様が降臨なさったからと言って、即座にパラダイスが来るわけではありませんよね!それは私達人間の努力によるのです。しかしラプトさんにもしものことがあって私たちが取り残されたら、神様の歴史は終わりです。そうなったら・・・

「アリスさん!その通りです。私たちが心からラプトさんのためにお祈りすることで、神様の歴史は進んでいきます。神様が送った中心者を愛することは神様を愛することと同義です。私たちのお祈りで、イルミナティ―の滅びはより早まると御言葉で出ています。国会で追及されてシドロモドロになっている安倍晋三を横目で見ながらニタついている麻生太郎も確実に裁かれます。飯塚幸三も長生きして苦渋を味わってほしいものです。」

「うさぎのラビットさん!」昨夜も神様とラプトさんへのお祈りをしましたが、不思議とその他の祈りも深く入ります。神様は人々への愛を第一に考えなさい!そうすればあなたの願いも聞いてくれますよ!と仰って下さいます。自分の願いが先という洗脳から脱して愛を第一にする生き方をしていきましょう!!

神道は変質したユダヤ教を元に作られた!

「アリスさん!お早うございます。今日は少し冷えてきましたね。」

「うさぎのラビットさん!」私は久しぶりにスーパー銭湯に行って来ました。昨日は雲一つない快晴で、空を見上げていると心が洗われる気持ちになります。遥か上空を行く飛行機を眺めていると、武漢のコロナウィルスはこれからどうなるのかな?などと考えていました。


「アリスさん!ネット上ではコロナウィルスは数年前にビルゲイツによって開発され、すでにワクチンもできているという情報もあります。サーズやエボラ熱と同じ軌跡をたどるかもしれないとも考えましたが、昨日の御言葉ではすでに神様が降臨しているので、私達人間には予測がつかないと出ています。従来のようなサタンのやり口を予測してもダメで、これからイルミナティが裁かれ彼らの富も名誉もどんどんはく奪されるから、世の中混乱が起きるとも宣布されました。そんな中しっかりと生きていくには、ひたすら義を行い聖書通りの生活をしなさい!と戒められました。」

「うさぎのラビットさん!」私たちもより一層気を引き締めて、神様に縋り付いていきましょう!

「アリスさん!今回は前回の続きで神社=神道がどのように伝わったか?という話題でしたね。」

「うさぎのラビットさん!」私は神社の話をする時、二つのことがどうしても思い起こされます。一つは神社の形です。もう一つは日本の有名な祇園祭のことです。祇園祭のことは言えますが、神社の形については私の口からは言いにくいので、うさぎのラビットさん!お願いします。

「アリスさん!私も得意ではありませんが、まずこの二つの図を見てください。

上の図は日本のどこにでもある神社の基本構造です。下の図は旧約聖書の出エジプト記に書かれている内容を図に表わしたものです。二つはその構造がよく似ています。・・と言うか下の幕屋をコピーしたものが日本の神社の構造と言っても良いと思います。」

「うさぎのラビットさん!」幕屋の構造には洗盤があって日本の神社の手水舎と同じですね。私は今まで何故神社でお参りをする前に、手を洗い、口をゆすぐのか分かりませんでしたが、旧約聖書に書かれている幕屋の考えがそのまま反映されたのですね。

「アリスさん!まさにその通りです。でもそんなに簡単に事は運びませんでした。日本の神社には鳥居がありますし、参道が続き、お参りするところには大きな鈴がかかっていて、皆それをガラガラやってから賽銭を投げて二礼二拍手(すべてではありませんが・・)します。この神社の構造は全体を俯瞰すると女性性器をかたどっているのではないか?と考えられます。鳥居は入り口で、参道は産道、鈴は男性性器の象徴とも言われます。この鈴をガラガラやってお賽銭は実は精子であるとも言えます。しかも神社の周りには大概うっそうとした木々が取り囲んでいます。これは陰毛ではないか?と言う見方もできます。

「うさぎのラビットさん!」私も今まで日本の祭りで多くの御神体が、男性性器を表わしていたり、何かとても性的な要素を持っているのを感じていました。これは一体・・・?

「アリスさん!旧約聖書にはもちろんそんなこと一行たりとも書いてはいません。むしろ淫乱は絶対にダメだ!と書かれています。モーセが十戒の石板を割ったのも、彼らが神様の戒めを破って偶像を崇拝し、乱交にふけっているのを見てしたことです。」

「うさぎのラビットさん!」どうしてこんなことになってしまったのですか?

「アリスさん!かいつまんで話すと、紀元前に存在していたイスラエルは北イスラエルと南ユダに分かれました。その後アッシリアとバビロンに滅ぼされたイスラエル民族は放浪の旅に出ます。その時、周りにあった大国に迎合するため取り入れた悪魔崇拝の宗教を捨てられませんでした。前回のブログの最後にも載せておきましたが、彼らは中国の秦を建国します。秦の始皇帝はユダヤ人なのです。秦はやがて滅ぼされますが、彼らは客家(はっか)となり中国大陸で力をつけイルミナティ―の有力な一つの李家(りいけ)を作ります。その李家が朝鮮半島で新羅となり、やがて李氏朝鮮を作り、両班(ヤンパン)となり多くの朝鮮民族を奴隷化して長い間朝鮮半島を支配します。そのユダヤ人たち(李家)の末裔が山口県の田布施町を起点にして、明治維新を起し現在に到っています。神社の元締めは伊勢神宮にあります。ここで祀られている皇室の守り神とされる天照もスサノオも実は皆サタンの親分なのです。」

「うさぎのラビットさん!」私は分かりやすい動画を見つけましたので、貼っておきます。聞いておくとより分かりやすくなると思いますが・・・。

「アリスさん!安倍晋三が血道を上げて憲法改正を言っているのは、この李家の復活です。彼はまさに李家の中心人物ですから、この機を逃すと半永久的に彼らの思惑(日本国民を奴隷化して、李氏朝鮮時代の両班制度に戻す事)が断たれそうです。今の安倍政権は日本会議政権ですから、生長の家の思想に裏打ちされています。彼らは戦争賛美そのものですから、改憲して戦争をするなどなんとも思ってはいません。これ以上彼らの嘘に騙されないでくださいね!先日、籠池も外国メディアで言っていましたが、ムサシという選挙システムを使って不正選挙をやることは目に見えています。そんなこと・・・・?などと悠長なことを言っている場合ではありません。安倍はそのインチキ選挙システム会社の大株主なのです。いくらでもごまかしますよ!国会中継を見ると安倍の必死さが伺えるでしょう。」

「うさぎのラビットさん!」神道とユダヤ、李家や李氏朝鮮の話。まだまだはなしは尽きませんね!これからさらに詳しく話していきましょう。

日本の神社は悪魔崇拝だ!

「アリスさん!お早うございます。日本の神社が悪魔崇拝だとは今回の話題も強烈ですね。」

「うさぎのラビットさん!」私も数年前まではほとんどの日本人と同様、正月には近くの神社にお参りし、伊勢神宮にも何回か足を運びました。両親を連れて出かけると、旅行計画の中に神社仏閣が入っていました。

「アリスさん!そんな人が何故神社が悪魔崇拝などと言うのですか?」

「うさぎのラビットさん!」かれこれ10年近くなりますが、町内の全員が氏子とされている近くの神社に、両親の代わりに出席したことがありました。何の行事か忘れましたが、・・と言うより何のために町内の人たちが集まったのかも分らず、御神体が祀ってある扉の前の畳に座っていました。

集まった人達は、皆私より年上で、私は一番末席に座っていました。隣に座ったおばあちゃんの話によると、この神社よりずっと格が上の神社から神主様がお見えになるという事でした。

「アリスさん!何かどこにでもある話ですね!実は私も似たような経験があります。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。私も早く済ませて帰りたいなあと考えていたところでした。そうこうしているうちに、巫女の運転する車に乗って神主様が起こしになりました。社務所にいた全員がお迎えして、自治会長さんがなにか挨拶をしていました。

「うさぎのラビットさん!」その日はご神体を新しいものと入れ替えるという事で、町内の老人たちは少し緊張気味でした。やがて神主様の話も終わり、御神体を入れ替える時が来ました。神主様のお話では入れ替えする時は、決して頭を上げてはいけない!と固く言われました。そして入れ替えをしたのですが、御神体の入った観音開きの扉を開け始めました。その時、神主様がかなりの声で(おおおーー)と言われたのです。その威圧する声が決して見るな!と言う風に聞こえました。隣のおばあちゃんなどは、しっかり目をつぶって、下げた頭の先の手が細かく震えていました。

「アリスさん!貴女はどうしていたのですか?」

「うさぎのラビットさん!」私は一番後ろの隅に座っていたので、神主様からは少し死角になっていました。それでも少し頭を上げて見ていると、神主様が扉を少し開けて、扉に手を入れたかと思うと素早く何かをつかんで懐に入れました。何か白い財布くらいの紙のようなものだったと思います。その間、神主様は相変わらず(おおおーー)という響き渡る声を出していました。そして今度は別の白いものを懐から出して、少し空いている隙間からそれを安置しました。その時、はっきりと厚手の紙のような封筒のようなものが見えました。新しいものでしたから、取り出した以前のものより真っ白く見えました。

「アリスさん!それは紙ですね。間違いありません。」

ここに御神体が何かを記した記事があります。参考になれば読んで見てください。

https://syukatsulabo.jp/article/8299

御神体とは三種の神器と言われ、鏡、玉、刀のことで、三種の神器と言われています。鏡は八咫鏡(やたのかがみ)と言われ三重県の伊勢神宮にあります。玉は八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)のこと。刀は天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と呼ばれて、愛知県の熱田神宮に御神体として祀られています。」

(三種の神器)

「うさぎのラビットさん!」私は町内の小さな神社での出来事を思い起こしてみると、単なる紙を神様として拝んでいたのです。これって聖書で偶像崇拝をしてはならない!という禁を犯していることですよね!木や金属や神を崇拝してはならないという聖書の教えの真逆をしていることですよね!年の初めにはお参りをして、何の努力もなしにお願い事ばかりしていました。家内安全、無病息災、交通安全などなど。果ては宝くじが当たりますように!とか良い人に恵まれますようにとか・・・。

「アリスさん!私は今年の始めに高校の同級会に出ました。皆、そこそこ社会的にも活躍していましたが、第一に考えていることは富と名誉を得ることでした。人脈が大事!とあちこちのサークルや同窓会に足しげく通う人も結構いました。

 今、地上に神様が降臨してこの世を裁いている最中です。今年に入って安倍政権は見る影もなく、芸能人も次々とUチューブに参加していますが、注目を集める有名人のほとんど全員が上級国民であることもバレました。これについては今後、詳しくこのブログでも取り上げていきます。その前にこの日本に無数と言っても良い神社の影響は凄いものがあります。この神社によって日本人は長い事洗脳されてきました。

 この神社の正体が紀元前にアッシリアとバビロンによって滅ぼされ、悪魔崇拝をしていたユダヤ人によってもたらされたものであることがはっきりと分かりました。これから何回かに分けて説明していきたいと思います。」

「うさぎのラビットさん!」ここにユダヤ人の移動経路が詳しく紹介された地図があります。予習の意味で見ておくとこれから話す内容もつかめやすいと思いますが・・・。