横田基地は北朝鮮連絡の秘密基地である!

「アリスさん!ここのところ、ツイッター上には横田基地が北朝鮮との往来に利用されているという記事が頻繁に掲載されています。何枚かの写真も投稿されています。まず紹介しておきます。」

この写真は北朝鮮空港の写真です。中央、上の電光掲示板を拡大したものが次の写真です。

赤印で囲った部分を見てください。YOKOTAの文字が読み取れます。さらに次の写真には横田基地に泊まっている北朝鮮飛行機が見て取れます。

「うさぎのラビットさん!」これは一体・・・

「アリスさん!横田基地は日航123便が緊急着陸を要請したのにも関わらず拒否をして、その後123便は御巣鷹山に墜落しました。」

「うさぎのラビットさん!」私は日航機がふらふらと日本上空を飛んでいた時、すぐ近くの横田基地が何故緊急着陸を許可しなかったのか不思議でなりませんでした。

「アリスさん!次の表を見てください。

米国への思いやり予算が1978年から始まっています。横田めぐみさんが拉致されたとされたのはその前年1977年のことです。トランプ政権になってその額は一挙に4・5倍も跳ね上がって年80億ドル(8,600億円)を要求しています。

「アリスさん!さらにはこの図を見てください。

横田基地空域は低空の空域はアメリカ軍に抑えられ、日本の飛行機は民間機は言うに及ばず、自衛隊機でさえ低空を飛行することができません。もちろん横田基地の空港写真など撮影は許可されていません。その空域は日本海側まで伸びているのです。」

「うさぎのラビットさん!」最初の写真や以上の内容からこう推察できますよね!横田基地は横田めぐみや横田早紀恵が北朝鮮と日本を往来する秘密基地である・・・と!

「アリスさん!その通りだと思います。アメリカがこんなに強気に日本政府から金を巻き上げているのは、日本の皇室と北朝鮮の金王朝が血族であること!拉致問題は東アジアにあえて火種を作って置いて、日本国民に北朝鮮の脅威を常に与えている茶番劇であること!もしこれがバレれば日本政府も皇室もひとたまりもありません。そう考えるのが一番筋の通る説明だと思います。」

「うさぎのラビットさん!」ひょっとしたら横田基地は横田めぐみ基地かもしれませんよね!現実に横田基地には横田などと言う地名はありません。戦前は全く違う名称だったようです。WIKIPEDIAによると戦前は福生飛行場(ふっさ飛行場)多摩飛行場と呼ばれていたようです。大字名の横田を使っている・・・と説明があります。

ーー以下WIKIPWDIA よりーー

多摩飛行場の敷地大部分が当時の西多摩郡福生町(現在の福生市)にあったことから、地元や陸軍航空審査部では福生飛行場(ふっさひこうじょう)と呼ばれていた。

この多摩飛行場・福生飛行場を、アメリカ軍が戦中より「YOKOTA」と呼称したのは、アメリカ陸軍地図サービスが1944年に作成した地図資料『JAPANESE AIRFIELDS』では、北多摩郡村山町(現在の武蔵村山市)の大字名であった「Yokota」が、「Fussa」や「Hakonegasaki」より飛行場近くに記載されていたためと考えられており[4]地名としての「横田」は現在では消滅したものの、「武蔵村山市役所」の西隣のバス停名称として残っている[5]

その後は、横田基地が存在していることにより、「横田」を冠したトンネルや店舗、教会が点在するようになっている[6

ーー以上転載終わりーー

]「アリスさん!横田早紀恵は世界の要人と何度も会っています。

ブッシュと会って優しく手を握ってくださったと訴える横田早紀恵。

安倍晋三を呼んで訴える拉致問題の面々。

「うさぎのラビットさん!」一年で何千人もの行方不明者が出ているこの日本で横田早紀恵は超ビップ扱いですね!

「アリスさん!横田基地はどうやら北朝鮮と日本がつながる秘密空港の役割をしているようですね!この基地を利用すれば、横田めぐみが秘密裏に何度日本に来ようともスルー出来ますね!実際、横田早紀恵の家の近辺で横田めぐみが目撃されているのが何度も報告されています。めぐみは金正恩の母親で、北朝鮮の国母ですから西太后のような存在です。ひっそりと伊勢神宮や皇居に訪れ、何度も目撃されています。北朝鮮国民に対しては反日を洗脳し、日本国民には拉致やミサイルという事にして洗脳しているわけです。横田基地を利用すれば覚せい剤や現金輸送も簡単にできますね!原爆も原発もこの世に存在しませんから、核保有国として君臨しているアメリカも弱みがあります。しかしこれがバレれば日本政府は簡単にすっ飛びます。」

「うさぎのラビットさん!」私は横田基地の話を聞いた時、この世界が終焉する終わりの始まりを強く感じました。神様は間違いなくこの世を裁いています。ヨハネの黙示録が現実となるのももうすぐです!この世の悪を駆逐していきましょう!

今日のテーマとは関係ありませんが、安倍晋三も現天皇を敬うなど微塵もないようですね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です