令和になって次々と起きるニュース!

「アリスさん!2020年が明けましたね。調子はどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」去年の暮れから今年にかけて、次々と世間を騒がせるニュースが目を引きました。桜を見る会で安倍政権が叩かれ、政権が反社会勢力とつながっていることがはっきりと分かりました。マスコミがこぞってこのニュースを取り上げている最中に、日米FTAがひっそりと国民の目を盗んで締結されました。このFTA のおかげで私たちのような下流の日本国民がますます貧乏になり、輸出で儲ける大企業はまたまたぼろ儲けすることになり、上級国民はさらに富を積み上げていきます!

「アリスさん!桜を見る会は麻生太郎が安倍晋三に仕掛けたサタン同士の戦いですね。麻生太郎は桜の会では地元有力者を招待しなかったので、この時とばかりリークして安倍の力をそぐ計画だったのでしょう。どうやら念入りに仕掛けた罠だったようです。

さらにはこのビックニュースをリークして、私たちの意識がそちらに向いているすきに、秘かに日米FTAを通過させたのは桜を見る会のニュースがスピン報道であったのが分かります。

(ツイッターより転載)

日本は地獄絵図になる #日米FTA ( #日米貿易交渉) が19日にも成立すれば、日本は韓国と同じ様に、大量の自殺者、ホームレスを出し地獄になる。一人でも多く反対の声を上げるしかない。 沢尻エリカ逮捕は、危険な政府を隠す為の報道 #スピン報道

(転載終わり)

そういえば、沢尻エリカの報道もありました。」

「うさぎのラビットさん!」桜を見る会の報道は、日米FTAが成立すると見事に静かになりました。しかし今度はカジノ法案で収賄があったと秋元が逮捕されました。贈賄の中国側からのリークで5人の国会議員が実名報道されましたが、今度は麻生太郎が叩かれそうです。この日本の悪の中心は麻生太郎ですから、急にはガードの硬い麻生太郎には矛先は向かないでしょう。安倍晋三と麻生太郎も表面上ではお友達内閣などと言っていますが、サタン同士やり合っていますね!

(ここより転載)

god_bless_you_さんがリツイート新・IKINUKU@IKINUKU1·

IR汚職事件で賄賂を受け取った国会議員5人の内3人は麻生派

岩屋毅 前防衛大臣

村裕之 前文部科学政務官

船橋利実 前麻生太郎秘書

高級ホテル建設やカジノ利権の中心人物は麻生太郎 https://twitter.com/9n7eWQtutsamatw/status/1210165670354096128… IR汚職事件は安倍と麻生の代理戦争 https://twitter.com/way_to_dawns/status/1209824659782299651…

(転載終わり)

「アリスさん!その後年末年始にかけてゴーンの逃亡劇がありました。東京地裁も弁護団も批判の対象になりそうです。

さてアリスさんはその他にも気になるニュースがあると言っていましたけど・・・」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。次のニュースを見てください。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200102-00000068-kyodonews-soci

新生児を放置して死なせたとして、東京の31歳の母親が逮捕されたと言うニュースです。読むと貧困のあまり風呂場で出産し、医者にかかる費用もないまま働きに出掛け、その間に新生児が亡くなっていたと言うことです。それからもう一つあります。

https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3843662.html

これは去年の暮れに起きた事件ですが、引きこもり支援事業者によって地下に8日間拉致され、被害者が刑事告訴したと言うニュースです。

始めの新生児放置の母親も拉致された青年も、どれほどの不安を抱えていたのか想像を超えています。誰も手を貸す人がいなくて一人で出産して、夜遅くまで働いていたと言います。その心細さは一体どんなだったのでしょう。

「アリスさん!私も自分の娘をこの母親に置き換えると、思わず神様に救いを求めてしまいます。この母親は検察にも裁判所でも刑務所の中でも責められるでしょう。貧困などわかっていない人たちに責められても、あんまり応えないと思われます。しかし一人になると、死んでいった我が子の不憫と自分の罪を悔いると思います。刑務所に入っていることで、気持ちが楽になるような気がします。」

「うさぎのラビットさん!」拉致された引きこもりの青年も、この世では随分生きにくかったのだと思います。拉致した支援団体は暴力団と変わりはないので問題外ですが、彼が意を決して刑事告訴したのは勇気ある決断だったと思われます。彼にとっては世間に対して初めて行動したのではないかと思います。今、神様は私達人間を裁いています。この国は民主主義の国で、皆平等などと思わされてきましたが、飯塚幸三の事件ではっきりと私たちは上級国民と下流国民に分かれているのを実感しました。奴隷になるな!黙って従うことが美徳とされた社会は、上級国民が私たちを支配するための戦略であったことが分かりました。神様は教えています。一人でも多くの人が目覚めて、悪いものは悪い!と声をあげる勇気を待ちなさい!と教えてくれています。人から後ろ指を刺されてもいいじゃないですか!真実を拡散し、嘘のない世界が来ればいいじゃ無いですか!新生児を放置した母親の事件も、拉致された引きこもりの青年の事件も愛が全く感じられません。誰かが愛情をもって見守っていれば・・・。

「アリスさん!今年は私たちの生活は苦しくなるでしょう。皆が暗く諦めを浮かべていても、私たちは元気でいましょう。そしてそれを解決するには、神様につながるしか方法がないのだという事を私たちの背中で訴えていきましょう!」

「うさぎのラビットさん!」大賛成です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です