いよいよヨハネの黙示録が現実となります!

「アリスさん!おはようございます。昨日はクリスマスでしたが、何かアクションを起こしましたか?」

「うさぎのラビットさん!」クリスマスはミトラの誕生日です。私もミトラについては名前さえ聞いたことがありませんでしたが、超古代にいたドルイド教徒たちがあまりに酷い行いをしたので、ケルトの地から追い出され、名前を変えてミトラ教とゾロアスタ―教になったのはラプト理論から学びました。ゾロアスター教は拝火教として日本に伝わり聖徳太子や空海に大きな影響を与えたとしています。

「アリスさん!このブログでも以前にドルイド教徒の悪行がけた外れに酷いのを照会したことがあります。ウィッカーマンという巨大なワラ人形に反抗する奴隷たちや、捕虜達を押し込め、火をつけて楽しんでいたことも紹介しました。

「アリスさん!私はクリスマスを否定するつもりはありませんが、意味も知らないでケーキを食べたりデートをしたり、クリスマスに託けて行事を楽しむ人があまりにも多いので、ちょっと釘を刺しただけです。私の小さいころ年寄りたちはクリスマスを嫌っていました。西洋の訳の分からないお祭りなどする気もないと言うのが大多数だったように記憶しています。情報の少ない時代、年寄りたちは直感でそう感じていたのだと思います。ここにラプトさんと読者の対談がありますので貼っておきます。

rapt-neo.com/?p=40782

RAPT×読者対談〈第120弾〉クリスマスとジブリ映画に隠された闇の真実。または三島由紀夫切腹の真意。

「うさぎのラビットさん!」この年末にきて、次々と厳しい御言葉が続いています。今までは神様に遣わされた天使たちが私たちのお祈りを聞いてその内容を神様に伝えてきましたが、いよいよ神様が降臨なさいました。私たちの祈りを直接お聞きになっています。

 ついにその時が来たのです!思い出してください!私たちがこのブログを立ち上げた時には、飛ぶ鳥を落とす勢いだった安倍晋三や麻生太郎がまさかこんなに早くわずかの間にガタガタになるとは想像がつきませんでした。神様は必ずイルミナティを滅ぼす!と宣布されてきました。そしてまさにその兆候がはっきりと表れているのを多くの人が見ています。

「アリスさん!ここ数日間、私はラプト理論を初めから検証しなおしていました。この理論はラプトさんに神様が閃きや啓示を与え、この世のすべての真実を暴き出したものです。この理論は一貫して(悪魔崇拝)というキーワードで成り立っていることです。今年、飯塚幸三が母娘をひき殺す事件がありましたが、警察その他の権力が彼を犯罪人として裁けず、上級国民という人種が存在していることが明らかになりました。皇室を筆頭に、この国そして全世界を支配しているごく一部の支配層は実際に悪魔を召喚して悪知恵を授かっているのです。そんな荒唐無稽なことがあるはずがない!と考える我々のまさに盲点だったわけです。彼らは私たちの想像をはるかに超えた悪行を続けてきました。そして今、ネットやツイッター上ではさらに彼らの悪行を指摘する記事でいっぱいです。」

「うさぎのラビットさん!」間違いなく神様は裁いていますね!しかしイルミナティ―(悪魔崇拝者)が滅びる過程で、当然私達も苦しい状況に追い込まれます。長い間サタンに洗脳され、悪を行っても大したことがないと思わされてきました。しかし今、神様が支配する世界が始まりました。今までのように自分の利益を最優先にして、愛のない世界に生きてきた私たちは、多かれ少なかれ艱難を受けます。そしてその中にあって救われる方法がありますね!

「アリスさん!その通りです。神様を愛し、義を積んでいくこと!御言葉通りに生きていくこと!それができる人だけが救われます。これは絶体です!」

「うさぎのラビットさん!」ここにヨハネの黙示録の18章があります。是非読んでください!2000年前にヨハネが神様から頂いた預言が、今この時に実行されているのが良く分かります。

rapt-neo.com/?page_id=20645

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です