善悪の木の実を何故食べてはいけなかったのか!

「アリスさん!おはようございます。朝晩は寒くなりましたね。ワンちゃんたちは元気ですか?」

「うさぎのラビットさん!」三匹のうち、ワンちゃんのヒナちゃんが寒いとすぐお腹を壊します。一昨日もハウスの中で少し吐き戻しました。食事の時、粉にしたビオフェルミンを混ぜて与えているのですが、時に便が緩くなりますので洋服を買ってきて着せています。

「アリスさん!私も昨日こたつを使い始めました。明け方のお祈りはさすがに寒くて腰が冷えてきますから、眠くならない程度にヒーターを入れています。」

「うさぎのラビットさん!」今日はアダムとエヴァが善悪の木の実を何故食べてはいけなかったのか!と言う副題でしたね。

「アリスさん!一昨日のお祈りの時にそれは閃きました。」

「うさぎのラビットさん!」是非聞かせてください。

「アリスさん!私は10年ほど前に副収入を得る方法としてアパートを建てることにしました。ローンを組むことができ、目途がついたので毎月返済をしてきました。不動産屋さんの管理の元、順調に推移してきましたが、最近になって空き室が出てきました。そこで思い切ってアパートを処分することにしたのです。

管理を任せているAという不動産業者が持ってきた話は、売値がローン残高に及ばず、売れても借金が残ってしまう話でした。Aは今景気が落ち込んでいるのでどうしようもないと言います。しかし売却しても借金だけが残ってしまうのでは困るので、Bという別の不動産業者に打診してみました。Bは以前お世話になったことがあり、誠実な性格もあって今回は任せることにして契約書に判子をつきました。専任媒介契約書と言うものです。専任以外の不動産業者が持ってきた物件が契約されたときも、その不動産屋は手数料を専任不動産業者と折半しなくてはならないという決まりなのだそうです。」

「うさぎのラビットさん!」何だかややこしい話ですが、今日の善悪の木の実とどう結びつくのですか?

「アリスさん!個人的な事で申し訳ありません。Aの不動産業者がどうの、Bがどうのという話をするつもりはありません。それぞれ私も含めて三者とも思惑が違います。私は売ってローンの残を解消したいし、AもBも不動産と言う仕事である以上、少しでも利益を出したいのはこの社会では当たり前に通っています。Aは自分の会社で自営業者であるのに対し、Bは比較的大きな不動産会社の営業マンです。思惑が錯綜します。私は神様を知らない時、こういう場面に遭遇したらきっとより高く売却できるように考えたに違いありません。でも立ち止まって考えたら、自分がこれこれしたいと願っていることはそれぞれ思惑が違います。つまり人間の頭ではどんなに考えても正しい答えが出てはこないのです。」

「うさぎのラビットさん!」それでも早く解決すると良いですね!

「アリスさん!今度のアパート売却に関しても私を含め三人三様考えが違います。それぞれ思惑があって、私は売却して借金を返済したい。Aは自分が専任になりたかった。Bはとりあえず今は順調。などと全く考えが違います。そのどれも正しいとは言い難いのです。自分の都合を言っているだけです。神様は感情で物事を考えてはいけない!と仰っています。これだけのことなのに人間は善悪を決めることができないのです。神様がアダムとエヴァに善悪の木の実を食べてはいけない!と厳しく言っていたのは、人間が自分で善悪を判断すると、自分の目線と都合でしか物事を考えなくなるからです。神様から愛想をつかされエデンの園を追い出されたアダムとエヴァは、自分たちの息子のアベルとカインが殺人者とその被害者になるという考えられない不幸に見舞われました。神様の裁きは本当に厳しいものです。私は今、不動産売却という現実の中で、神様にすがっています。答えは神様にすがって結果がどうであれそれに素直に従うのが正しい答えだと確信しています。

今、サタンがイルミナティ(悪魔崇拝者)に愛想をつかし、攻撃しています。神様が許諾されたのです。安倍晋三も麻生太郎も散々です。来年は益々彼らは追い詰められるでしょう。どんなに取り繕おうと、下っ端を使ってつじつまを合わせようと国民は今の政権の実態をしっかり見ています。森友問題の後は加計問題、無理やり引っ込めたと思いきや 今度は桜を見る会で次々と矛盾が暴露されています。神様は決して人々に知られないように裁いています。でも私にはわかります。神様は本当に彼らに怒っています。それでも彼らをすぐ始末はしないでしょう。彼らの狼狽ぶり、デタラメを国民に見せています。この時こそ目が覚める人は覚めるでしょう。神様の願い(御心)は一人でも多くの人が救われ、この地に義人が統括する世界ができることです。アダムの失敗から6000年はあと3年で終わります。神様は必ず予定通りことを進められます。」

「うさぎのラビットさん!」わくわくするような楽しい話でした。