御言葉を聞いて悟ったこと その1

「アリスさん!おはようございます。ワンちゃん達の調子はどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」 ハナちゃんの目も随分回復してきました。まだかろうじて見えるくらいですが、しっかり食事もできるし、良いウンチも出ます。犬も 快食快便が基本ですね!

「アリスさん!良かったですね。今非常に強い台風が近づいています。風は少しずつ強くなってきましたが、嵐の前の静けさというか緊張しますね。」

「うさぎのラビットさん!」前回は人生を語ってくださってありがとうございました。私も神様の啓示を受けたラプトさんが、悟ったことを話して投稿しなさい!と仰っていましたので、お祈りしている時に悟ったことを話していきたいと思います。

「アリスさん!是非話してください。私も非常に興味があります。」

「うさぎのラビットさん!」旧約聖書の創世記に神様は人間を自分にかたどって作られたとあります。万物の長として・・、人間を神様の分身として作られたのです。始めにこのことを聞いた時には、あまりに突拍子もないことで、全く他人事のように考えていました。しかし三人の天使長の一人だったルシアが、神様があまりに人間を愛する姿を見て、嫉妬を通り越して神様と人間に復讐を始めました。天界から追い出され、堕天使ルシファーになったことは過去にも話してきました。

サタンの主管する世界が長い事続きました。サタンは人間の特性を良く知っています。怠惰な事、道が分かれて入れば楽な道、面白そうな道に行くことを良く知っています。人間は誘導され、誤った道に行ってどうすることもできずに右往左往しています。多くの人がストレスを抱え、それを解消するために異性やカルト宗教、酒やギャンブルに嵌まってますますストレスをためていきます。

「アリスさん!あなたも神様を知る前はそうだったのですね。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。今から思うと恥ずかしいの一言ですが、あんまり飲めないお酒を飲んで、悪友たちとくだらないオシャベリに明け暮れました。おかまバーにも行って馬鹿笑いをしていたこともあります。そんなことをしても何の解決にもならないことを、私自身が一番よく分かっているのに短い期間ではありましたが、バカな生活をしたものです。

「アリスさん!人は辛いことがあると、似たような境遇の人を探して辛さから逃れようとしますね。でもそんなことをしても何の解決にもならないことを、一人になれば自分自身が一番分かりますのにね!」

「うさぎのラビットさん!」その通りです。そしてラプトさんの有料記事を読んで、少しずつ真実が分かるようになりました。神様は人間を神にするために作りましたが、サタンに騙されてすっかり身も心も堕落してしまいました。堕落からいかに抜け出すかを、ラプトさんは啓示で伝えてくださっています。言葉で言えば単純明快です。お祈りを通して自分の犯した罪を悔い改めすることですね!

「アリスさん!神様はどこまでも誰よりも清い方です。ですから神様にお祈りするには 自分自身を清くしていないと疎通できません。お祈りをしていても、ただ呪文を唱えているようになってしまいます。それなら今あるカルト宗教と同じです。」

「うさぎのラビットさん!」私も神様を愛するという事とは一体どういうことなのか良く分かりませんでした。御言葉を聞いてお祈りを続けていくうちに、悟りが受けられます。単純に言えば(あっ!そうか!そうだったんだ!)という感じですね。悟るとは分かるという事だと教えていただきました。まだまだ修業期間が短い私はうまく表現ができませんが、神様は人間を神にするために作られました。ですから人間の努力次第で神様に近づいて完全になれるはずですよね!

「アリスさん!人間は万物の長です。ところが今、見渡してみると人間は野生動物以下になっています。強盗、殺人、詐欺、偶像崇拝、強姦などなど他の動物たちが決してしない悪行をしています。まさしく動物以下です。神様を信じることは人間にしかできません。動物には神様という概念を理解できないからです。その大切なことを人間は放棄して、動物以下になってしまいました。これからはこのブログで御言葉から悟ったこと。分かったことを投稿していきましょう。そして私たちが実践することによって、一人でも多くの人が神様の存在に気づき、堕落の道、怠惰な道の罪から抜け出せるようキッカケを作っていきましょう!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です