真実は必ず明らかになります。

このブログは昨年アメーバブログに投稿したものです。

  以下転載

 「アリスさん!先日はNHKで福島の除染作業にあたっていた作業員がガンで亡くなり、死後 労災がおりたと報道がありました。」

    「うさぎのラビットさん!」私たちが(原発も原爆も存在しない!)(ガンはありません!)と言っていることに対して、ガンも原発も放射能も当然あることの大前提で報道していますね。

    「アリスさん!ワシはツイッターをやり始めたのじゃが、(原発)と言うキーワードで検索をかけると (原発などない!)という人たちのツイートで一杯じゃ!

    「アリスさん!花咲か爺!私はそこで興味深い記事を見つけたので、今日は 二つほど紹介したいと思います。

    一つは前双葉町長の井戸川かつたか氏が暴露したツイートです。彼は東日本大震災が3月11日に起きることを何と3月4日に知っていたというのです。その時公表していれば 原発事故も、東北地方で津波で亡くなった方達も救えたかもしれません。と悔やんでおられます。

   さらに2011年の3月3日(震災8日前)の東北電力、東京電力、日本原電、文科省による情報が隠されなければ 尊い命が失われずに済んだかと思うと、許すことができません。・・・と述べています。下にURLを貼っておきます。」

https://togetter.com/li/534018

   「うさぎのラビットさん!」やっぱり上の連中は知っていたのですね。そしてあの地震が人工地震であったことの証言ですね!

   「アリスさん!花咲か爺!もう一つは月刊SPA!で暴露された記事ですが、福島の帰宅困難地域の一部で大麻が栽培されて、その大麻が上質で凄いらしいとされていることです。

   厳密にいうと福島のプッシャー(売人)が原発事故により避難を余儀なくされた地域に住み、補償金をたっぷり貰っている連中がいるのです。家を新築し、新車を買ったりしながら、自らも除染作業員として働く傍ら、大麻の栽培をしたり 海外の有名ブランド産大麻を密輸して、販売しているのです。この記事も貼っておきます。

  驚くのは彼らがツイッターやインスタグラムで堂々と写真をアップしたり、大麻を吸引している動画などを撮影していたことです。一部の人間とは言え彼らの行為で 帰宅困難者の人たちが貶められていることです。」

   「うさぎのラビットさん!」神様は悪人たちを許しませんよね!東電も原電も文化省も大麻の売人たちも・・・。

   「アリスさん!このアメーバブログでは私たちが貼るイラストや写真をブロックしています。ですから もう一つブログを立ち上げています。立ち上がるまでもう少し待ってください。」

   「うさぎのラビットさん!」アメーバブログは止めるのですか?

   「アリスさん!このブログは継続していきます。もう一つのブログも見られるようにします。」

   「アリスさん!ワシも仲間に入れておくれよ。」

   「花咲か爺!もちろんですよ!」

      転載終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です