ガン利権は年間15兆円です。

「アメーバブログで去年投稿したものです。」こちらのブログの読者用に転載しました。

ー以下転載ー

 「アリスさん!花咲か爺!今日は誰にでも関係している医療のことについて話したいと思います。(ガンは存在しない)と話してきました。しかし現実には医者から検診を勧められますし、区役所などからは定期健診を早くやってくださいの葉書が届きます。お二人はいかがですか?」

    「うさぎのラビットさん!」東日本の震災が起きた後、テレビはどのチャンネルも(自粛!)と称して子宮頸がんワクチンを接種するよう流していました。金子みすゞの(遊ぼうって言うと、遊ぼうって言う。バカって言うと、バカって言う。)あのフレイズも一日中流れていました。子宮頸がんを受けた子供たちが酷い目に遭っているのに、医者も厚労省も知らん顔・・・。逆に宣伝すらしています。

    ここに子宮頸がんワクチンを接種したために、副作用に悩む子供たちを紹介したサイトを見つけましたから、貼っておきます。是非見てください。

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/124184(全国子宮ワクチン被害者連絡会)

     「アリスさん!ワシにも言わせておくれ。ワシは特別どこも悪い所は無いんじゃが、30年ほど前に検診に行ったとき、血圧が160位あったんじゃ。下は90位じゃったかな?

   その時 少し緊張もしていたのでな。血圧が普段より高かったかもしれないな。結局、医者の診断が必要と言われ 行きつけの医者に行ったんじゃ。

   医者は(とりあえず一番軽い降圧剤を)という事で薬が出された。一日2回飲むのじゃが、忘れて飲み忘れると逆に血圧が180位に上がる時がある。びっくりして医者に行くと 又薬を処方されるのじゃ。薬を飲んでいる時は120~130でいるのじゃが、飲まないと160~180に上がってしまう。

     この30年あまり (毎日 薬を飲む)という わずらわしさと(飲み忘れると血圧が上がる)という精神的苦痛を経験してきたのじゃ。

    ワシは「うさぎのラビット氏」が(ガンは無い!)と言っていたので、最初はとんでもない奴だと思っていたのじゃ。ところが定期検査に行ったら、ガンの疑いがあると診断された知り合いが何人もいて、入院はしたのじゃが 立て続けに死んでいった。

    死んだ連中の共通点は、皆 検診を受けたり、家族に後押しされて医者に行った者ばかりじゃった。

    皆、医者は患者を治してくれるものと思い込んでいるから、入院して治療を受ける。でも一応に彼らはやせ細り、中には髪の毛が抜けてしまった者もいた。

    一時的に退院してきた彼らは、(後 何か月だ!)などと言う者さえいたぞ。」

    「アリスさん!花咲か爺!ここにある証言を紹介します。一つは(ガン細胞は切除してみないとそれがガン細胞かどうか分らない。)という医者の証言。

    もう一つは (20年の間、ガンについて考えてきたけれども 矛盾しか見えてこない。ガン細胞は増殖しないし、むしろ どんながん細胞もすぐ死んでしまう)と証言している医師。

    このふたつのサイトを張り付けておきます。是非見てください。」

https://www.youtube.com/watch?v=Jb0kyM8evcU(真理を求めて、最後まであきらめない)

http://e-clinic21.or.jp/modules/contents02/index.php?content_id=17

                                (e クリニック)

   「うさぎのラビットさん!」 (医者は抗がん剤治療を絶対受けない)という話はすでに常識になっています。それでも患者には抗がん剤治療を勧めます。(今なら定期健診もガン検診も格安に受けられます)の区役所からのハガキや手紙が届きます。何か巨悪の陰謀を感じるのですが・・・。

   「アリスさん!真実は必ず明らかにされます。闇に隠れていたものは明るい場所に移され、サタン共は最後の悪あがきをするでしょう。神様に祈ってください。祈りは何にも増して強い力です!」

    転載終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です