神様は言われた!地上天国は必ず出来ると!

「アリスさん!佐賀や福岡では大雨の被害がありました。アリスさんは大丈夫でしたか?」

 佐賀、武雄市の被害状況

 

「うさぎのラビットさん!」私の住んでいる地方も、明け方には雨脚が激しかったようですが、お祈りに深く入っていたので気が付きませんでした。飛び上がるほどの良い出来事があったのです!先日、ラプトさんが配信して下さる朝のお祈り会の中で、次のような御言葉が出ました。

主がこの地上に送るべき中心者は全て送り終わり、中心者についていく者の中から十二人以上の義人が現れたから、もう既にこの地上は必要な義で満たされた。だから、千年王国はこの地に必ず実現するだろう。

「アリスさん!素晴らしいですね。6000年の長きに渡ってアダムの時から人間は神様を裏切ってきました。やっと出てきたイエス様も、ついていった12弟子がしっかり育たなかったために、イスカリオテのユダの裏切りによってイエス様は十字架の道に行きました。その後活躍したペテロもパウロも殺されました。神様の失意と悲しみはどれほどだったのでしょう!そしてサタンの主管する世界から神様の主管する世界に移ろうとしている時、肝心の人間たちが堕落してしまっていました。長い長い時を使ってサタンが私たちを洗脳してきたのです。

そして最後の中心者ラプトさんが現れました。神様はラプトさんを支える12弟子を秘かに静かに育ててきたと仰っていました。そしてとうとう先日12弟子が育ったから地上天国は出来るのだ!と約束してくださいました。」

「うさぎのラビットさん!」今、次々と真実が明らかになってきました。アインシュタインの相対性理論の嘘から、原爆、原発をでっちあげ、ギリシャ時代から存在した悪性腫瘍をガンと偽り私たち国民を不安に貶め巨額な利権を奪ってきました。ここに新技術を使うと乳がんが発見できる!とうたった写真があります。赤丸印の中には何も映っていないのに特殊技師にはそれがガンだと分るのでしょうか?

こうしてガンの捏造は繰り返されてきました。

「アリスさん!最近ビックリするような話が出てきました。小泉純一郎が横田基地からキューバの米軍基地に連れていかれ、悪事の数々を白状させられていると言うのです。それだけではありません。麻生太郎も横田基地に連れていかれ、逆さづりにされて拷問を受けたというのです。私も初めてこの話を知った時、十分あり得る話だとは思いましたが、確たる証拠はありません。しかしソースが板垣英憲という政治ジャーナリストで、この人物は政界にもかなりの顔の効く人物です。小泉純一郎はすでに姿を消してから2週間ほどたっており、進次郎とクリステルの軽井沢結婚式には出席していたようですが・・・。その記事を貼っておきます。

https://blog.goo.ne.jp/mokushiroku666/e/c24f2d50321d15866f4323102f142b90

(米軍による日本の政財界の要人のしめつけが始まっています!)

http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/432630

(板垣英憲の情報局)

「うさぎのラビットさん!」私はあることを思い出しました。プラザ合意でアメリカが日本に無理難題を押し付け、それにひるんだ竹下登を帰国の機内で拷問したという話です。その時から竹下は政界から去っています。麻生太郎は帰ってきたようですが、以前の顔と帰って来た時の顔を並べて貼っておきます。

 (おい!お前的な麻生太郎)

(帰ってきた麻生)

「アリスさん!明らかに麻生太郎の生気が抜けています。麻生太郎は東日本の人工地震を起こした張本人です。東北地方の海岸線を麻生太郎のセメントを使って堤防を作り、水道民営化、熊本地震など悪の限りを尽くしてきました。神様はそう簡単には死に追いやりませんね!

TALK RADIO 〈Vol.10〉 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)

RAPT×読者対談〈第130弾〉エボラ熱を広めた犯人は麻生太郎である。(現代日本を支配する藤原家=麻生家の闇)

「アリスさん!私たちはこのブログでも小泉純一郎の悪行について書いてきました。小泉は8月29日の公演予定を急遽中止しています。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12413385242.html

(小泉純一郎とは一体・・・)

神様は確実に悪党どもを裁いています。これらはまだ確定ではありませんが、神様がサタンを使ってサタン同士が争うのを許諾しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」私はこの間にラプトさんが配信して下さった御言葉を復習していました。その中で一番感じたのはお祈りの重要性です。私たち日本人はお祈りと、神社でお賽銭を投げてお願いすることの違いさえ分かりませんでした。神社はサタンそのものです。賽銭を投げて気分一新をしたいのでしょうが、かつて私も年の初めにはお参りをしていました。しかしお祈りは神社やお寺での全く違うものです。私達さえ罪を悔い改め神様にお祈りすれば必ずかなえてくださいます。その一番は自分の栄光を求めず、神様の栄光を求めるという事です。パウロもコリントの手紙の中で愛について(愛は自分の利益を求めない)と言っています。神様にすべてをゆだね、御言葉通りに生きていくなら、神様は喜んで聞いてくださいます。6000年もの長きに渡って人間は神様を裏切ってきました。神様の悲しみはどれほどのものだったのでしょう。今こそ地上天国が作られる最後の機会です。最後まで神様にしがみ付いていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です