あまりに酷い安倍晋三の政見放送!

「アリスさん!ここのところ 夏の暑さがひと段落ですね。それどころか肌寒い時もあります。先日、農家で野菜の出来が悪いと嘆いているのを観ました。」

「うさぎのラビットさん!」施設に入っていたおじいちゃんが、誤嚥性肺炎を起こして救急車で運ばれました。年をとると飲み込む筋肉が衰えますので、どうしてもそう言ったことが起きます。おじいちゃんの担当の施設の人が医者の質問に答えていましたが、大変な仕事だと感じました。

「アリスさん!参議院選が始まって、各党の政見放送がテレビで流れていますが、自民党の政見放送があまりに酷くて まるで北朝鮮の独裁だ!との批判の声がネット上に出ています。私はテレビを観ないのでネットを通してその政見放送を観ましたが、あまりに酷くて最後まで観れませんでした。安倍晋三と三原じゅん子の二人が時々見つめ合って 安倍政権の失政を擁護し、礼賛しているのにはあきれるのを通り越して、気持ちが悪くなりました。ここにその動画を貼っておきます。」

「うさぎのラビットさん!」私は安倍晋三がトランプを引き合いに出し、万一日本が戦争に巻き込まれたとき、アメリカが駆けつけ助けてくれる!と本当に大馬鹿を言っているのを聞いて思いました。先日来ホルムズ海峡に英米が集結して、イランを敵国扱いにしています。日本が自衛隊を派遣できない憲法の縛りを、海外から応援してもらっているのですね。そしていつものように拉致問題を引き合いに出し、人道主義に乗っ取っているかのパフォーマンスを続けています。

「アリスさん!私はこれら一連の出来事を見ていて、今、悪が裁かれているのを強く感じています。核など存在しないことをこのブログでも紹介してきました。原爆も原発も存在しないのにそれを利用して莫大な利権を連中は搾取してきました。そのことを解き明かしたraptさんのブログを貼り付けておきます。

RAPT×読者対談〈第56弾〉原発も原爆も存在しない。(前編)

RAPT×読者対談〈第57弾〉原発も原爆も存在しない。(後編)

「アリスさん!拉致問題に至っては横田早紀恵と安倍晋三は叔母と甥の関係にあります。金正恩は横田早紀恵の孫。横田めぐみは母親です。中国経由で北朝鮮には普通に行けるのに、日本ではあたかも北朝鮮が悪の権化のような報道を続けています。北朝鮮と日本は皇室と金王朝を通じて親戚関係です。この家系図は今までも何度も貼り付けておきましたが、再度貼り付けておきます。

北朝鮮のトップ「金正恩」は日本の天皇家の血筋です。

「うさぎのラビットさん!」核の存在はアインシュタインの相対性理論からきています。これは実証した理論ではなく机上で作られたものです。この理論がデタラメと主張する学者は世界中に山ほどいます。インチキだとする学者のほうが多いのです。その理論があたかも真実であるかのようにノーベル賞を作り、権威を与えてきました。特にノーベル物理学賞は相対性理論を擁護する論文が選ばれてきました。世界中が騙されてきたのですね。

「アリスさん!最近になってこの日本はイルミナティ13血流の一つの「李家」によって支配されているのが分かりました。李氏朝鮮の王族である王侯族が日韓併合時に日本の皇室並みの待遇を受けてきたのもそのためです。太平洋戦争で日本が負けた為、王侯族は日本で特権を奪われました。その権利を奪還しようと、安倍晋三も祖父の岸信介も改憲をして李家の復活を画策しているのです。自衛隊の派遣はその次でしょう。それから是非紹介したい動画があります。地下鉄サリン事件に関しての動画です。」

「うさぎのラビットさん!」神様はこれから悪党どもを次々裁くと仰っています。安倍晋三も横田早紀恵も麻生太郎も覚悟していなさい!こんなこと、とても信じられないと言う人がいるでしょうが、神様は静かに分からないように彼らを裁いていきます。2023年までには彼らは自滅するでしょう!