この国は李家(李氏朝鮮)に乗っ取られている!その3

「アリスさん!悪魔については、このブログでも始めの方で取り上げましたが、復習の意味を兼ねて確認していきましょう!天地を作り、空と海を分け、神は地球や宇宙すべてを作りました。その時、神の周りには数えきれない天使がいて、神様に仕えていました。その天使をまとめていたのが天使長だったミカエル、ガブリエル、ルシアの三人でした。ある時、神様は自分に似せて人間を作りました。自分のように人間を神にしたかったのです。神様が人間をあまりに愛するので、ルシアは激しく嫉妬します。あらゆる方法で、神と人間の関係を壊そうと画策します。神様はあまりに酷いルシアの所業に腹を立て、ルシアを沢山の天使と共に地上に追い出します。それが堕天使となって、悪魔の親分、ルシファーにとなったのです。

(ミカエル)         (ガブリエル)

(ルシア)

これらのことは聖書に書かれています。ここで私たちは勘違いしてはならないのが、上に挙げた三人の天使長の絵画は人間が想像して描いたものです。ですから見ることも、聞くことも臭いをかぐこともできません。あくまでも想像の人物でしかありません。神様も悪魔(サタン)も電磁波です。見ることはできません。新約聖書にはマルコやマタイなど預言者たちが書いた福音書が載っています。これは神様がその人たちに電磁波を送って、書かせたものです。それを啓示と言います!歴史上、本当に数少ない預言者たちは様々な迫害にあいながらも、神様の言葉(御言葉)を後世に残したのです。御言葉は神様の言葉ですから、何年経とうと、その権威も力も失われません。」

「うさぎのラビットさん!」私も聖書を読むたび、御言葉を聞くたびに感動や発見や悟りがあります。人間が書いたものは、時間が経つと少しずつ霞んできますが、神様の言葉は繰り返し読んだり、聞いたりするたびにレベルが上がってくるのです!

神様と人間の邪魔をするサタンはどうなったのでしょう?そのサタンを崇拝する悪魔崇拝とは一体どういう事でしょう?

「アリスさん!堕天使となったルシアはルシファーとなり、あらゆる方法を使って人間と神様に反抗!!特に人間が神様につながらないように画策してきました。人間とサタンと神様の力関係は4対6対7だ!と話してきました。ですからどんなことをしても人間はサタンに敵いません。例えIQが200を超える天才でも、サタンの前では人間は蟻のような存在でしかないのです。サタンは長い長い時間を使って、人間の弱みを突いて主管(指導的立場で人間を支配していくこと)してきました。その結果、現在のようなごく一部の人間が 残りの圧倒的多数の人間を実質支配する状態になってしまったのです。」

「うさぎのラビットさん!」サタンは見えないサタンは一体どうやって人間を支配してきたのでしょう?

「アリスさん!サタンは巧妙に人間の欲望や無知を利用しながら人間の心に入り込み、人間をサタン化してきました。一番良い例が、アダムとエヴァが神様と過ごしていたのを、サタン(蛇)がエヴァを誘惑して善悪の木の実(セックスの誘惑)を食べさせました。二人はエデンの園(神様とつながっていた状態)から追い出されました。やがて自分たちの子供のカイン(兄)がアベル(弟)を殺してしまいました。考えられない裁きです。」

(アベルを殺すカイン)

「うさぎのラビットさん!」私たちは今まで、この社会が政治、経済、司法、マスコミ、歴史、宗教、文化などなど・・・すべてが嘘で固められているのを話してきました!私にとって、一番衝撃だったのは、天皇始め皇室の人たちが、悪魔崇拝者であったことです。原発は単なる海水発電であること!アインシュタインの相対性理論はインチキで、原爆も核もない事!その理論を権威づけるためのノーベル賞!ガンで死ぬなど嘘で、731部隊による人体実験で開発された毒薬(抗がん剤=マスタードガス)を使って、金儲けと人口削減を一挙にやっていること!3.11始め北海道地震も熊本地震も阪神大震災も人工地震であったこと!そして拉致問題の大茶番劇!すべての出来事が、今までの私の頭を逆回転させるものでした。

「アリスさん!こんなメチャクチャなことをさすがに人間には考え付きません。サタンは人間の富と名誉と異性を求める欲望をしっかり見抜いていますから、イルミナティ(悪魔崇拝者)を使って巨大な嘘を広げていったのです。イルミナティ13流と言われる財閥を上げておきます。

1.ロスチャイルド家     8.  フリーマン家
  2.ロックフェラー家     9.   オナシス家
  3.   ケネディ家    10.   ラッセル家
  4.   アスター家    11.ファン・ダイン家
  5.   デュポン家    12.   ダビデ血流
  6.   バンディ家    13.      李家
  7.   コリンズ家 

「アリスさん!ここに李家が出てきましたね!彼らイルミナティはサタンとの契約で数々のこの世の富や名誉、地位を得てきました。彼らはサタンとの取引で、沢山の本当に沢山の生贄を捧げてきました。このブログではまだ取り上げていませんが、京都の祇園祭のお稚児さんはサタンの生贄だったのです。最近でこそ人形を代わりにしていますが、実際の少年の場合、生き稚児と呼んでいます。人形でサタンが承知するはずもありません。今の日本、毎年何千人という幼児が行方不明になっています。マスコミが報道しないだけです。たまに誘拐事件が取りざたされていますが、実際は何千人も行方不明になっています。イギリスのエリザベス女王やローマ法王は5万人もの幼児誘拐の罪で起訴されています。

ところでイルミナティとは光を放つものと言う意味です。同じような言葉で、私たちになじみ深いのがイルミネーションですね!

(伊豆ぐらんばる公園のイルミネーション)

「アリスさん!ここで今日の本題の李家の話題に移ります。昨日、一昨日と李家について話してきましたが、田布施にやってきた李家の子孫、岸要蔵こと李要蔵から沢山の子供が生まれ、明治維新の立役者、その後の日本をリードする支配者たちが次々と輩出されました。悪魔崇拝者たちは阿片、戦争、からゆきさん(明治天皇の宣布を利用して、良家の子女を集めて、売春婦として世界に売り払い莫大な金を手に入れました)など人間サタンを使ってきました。

この上田音吉を起点に創価学会、出口王仁三郎の大本教が出ましたが、この上田音吉、別名谷口音吉とも言います。この音吉あるいはその息子が生長の家の谷口雅春だったのです。」

「うさぎのラビットさん!」どおりで日本の政界、財界の多くが生長の家の信者だったわけですね!皆、皆イルミナティの李家の人間だったわけですね!この生長の家の思想と日本会議の思想がぴったりなのは、今まで話してきました。谷口雅春は(戦争は人間の幸福追求に絶対必要!)とまで言っているカルト教祖です。日本会議の思想は今の安倍政権の思想そのものです。

・・・以下転載・・・

日本会議の考え方は「美しい日本の再建と誇りある国づくり」を理念として、
美しい伝統の国柄
新しい時代にふさわしい新憲法の制定
国の名誉と国民の命を守る政治
日本の感性をはぐくむ教育の創造
国の安全を高め世界へ平和貢献
共生共栄の心で結ぶ世界との友好を目指す

・・・転載ここまで・・・

(小泉純一郎と谷口雅春はそっくりです。小泉純一郎総理大臣になった理由が分かります。)

「アリスさん!この国は明治維新と称して、イルミナティの李家が田布施に乗り込み、皇室はじめ政界、財界などあらゆるところに入り込んで、実権を握っています。芸能界が在日だらけなのはその典型でしょう。まだまだ言い足りませんが、今日はこの辺で・・・。」

「うさぎのラビットさん!」私も言いたいことがあります。日本は明治維新を契機に李家に乗っ取られています。李家の創始者 李成桂女真族です。満州民族ですから、蒙古民族です。聖書を読んでいたら神様が答えてくれました。ヨハネの黙示録の7章に白い衣を着た大群衆があります。その群衆はあらゆる民族、種族、民族、言葉の違う民の中から集まった。とされ、神様が裁かれる時、彼らは救われるのです。サタンが6なら神様は7です。どうあがいてもサタンは敵いません。一人でも多くの人が、悔い改め、罪の中から出てきて救われますようにお祈りいたします。!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です