悪魔崇拝者の滅びは確実に近づいています!

「うさぎのラビットさん!」私は拉致問題で、横田早紀江さんが、朝鮮王朝の李垠に嫁いだ 皇室の梨の宮方子の子供であると聞いた時には一瞬 時が止まったのかと思いました。それまでの私は拉致問題で講演をしていた横田早紀江さんの応援団でしたし、気丈夫に闘う母親の親心に感動さえ覚えていたのです。

(しかし・・・事実は・・・)

「アリスさん!大部分の日本人はそう思っています。しかし政権が思うように動かない時、北朝鮮を悪玉にして、頑張っている安倍政権を喧伝してきました。)ブルーリボンを胸につけて、人権擁護をパーフォーマンスしてきました。最近ではトランプを担ぎ出して武力を行使できない日本をアピールしています。祖父の岸信介からの悲願である改憲を何としても成し遂げ、自衛隊を軍隊にして本気で戦争をするつもりでしょう。」

「うさぎのラビットさん!」9.11のワールドトレードセンターがイスラムによって起こされたと捏造し、イラクに攻め入りました。その時イラク国民はいくら大声を出そうが、無実を訴えようが、飛んでくるミサイルを防げるはずもなく ライフルで低空飛行をするミサイルを打ち落とそうとしたという話さえ伝わってきます。仮に戦争という話になった時には連中はみな水面下でタックを組んでいますから、地下にでも潜って私たちが右往左往するのを喜んでいるでしょう。ウサマビンラディンが殺されたとされる??ライブ映像をアメリカ大統領の大統領府でヒラリー始め喜んで見ていたのを思い出します。

(ビンラディン殺害は嘘ばかり!全米が震撼!!)

http://news.livedoor.com/article/detail/10176272/

「アリスさん!今日は何やらネット上で騒がれている豊臣秀吉に関して話したいという事でしたが・・・。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。実はこれもビックリですが、豊臣秀吉は在日だったと言うのです。私たちが歴史で習ったのは秀吉は貧しい百姓の生まれながらも、天下を取ったとして英雄視されています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/豊臣秀吉

「アリスさん!実は、秀吉の家は今の名古屋市中村区に広大な土地を所有する家でした。そしてサンカの首領格のアヤタチであったのです。・・・以下転載・・・・

豊臣秀吉も山窩衆の
1人です。彼の家は山窩の首領(アヤタチ)
格の家柄であり、尾張国中村郷(愛知県名
古屋市中村区)に広大な屋敷がありました。
この事実をひた隠しにして、秀吉が貧農の
子だったという事としているのは、「山窩」
というキーワードを歴史上から隠すための
作り話に他なりません。

秀吉は土豪・蜂須賀小六率いる「川並衆」
を自在に操りましたが、「川並衆」自体、
列記とした独立系技能集団であり、それを
自在に操る事が出来たのは、秀吉が彼ら
の首領格であったからです。

 

「アリスさん!サンカを知っていますか?」

「うさぎのラビットさん!」私は宮本常一の(忘れられた日本人)と言う本を読んで、三角寛と言う人がサンカ研究をしていると知って読んでみました。それによると彼らは定住することなく、日本各地を転々と巡り、特殊な刀(ウメガイ)やテンジンと言う道具を使って蓑や竹製品、ウナギなど取って生活しているという事などです。

 

https://matome.naver.jp/odai/2143731302093026101

(知ってた?日本史から忘れ去られた 幻の古民族サンカ)

 

「アリスさん!よく知っていましたね。実は私はかれこれ20年以上も前の話ですが、自分はサンカだと言う男性に会ったことがあります。彼は自分のことをテンバだ!ポンだ!と言っていましたが、私にはよくわからず聞くには聞いていました。象形文字のような不思議な文字を書いてこれは昔から伝わる文字で、自分たちは天皇の御子の子孫だとも言っていました。迂闊にも私はその時サンカを知りませんでしたから、もっとよく話を聞いておけばよかったと後悔しています。」

「うさぎのラビットさん!」実はサンカは秘密めいていますが、性格は穏やかで、必要以上に欲をかかない人たちであったと記されています。秀吉がこのサンカの首領格の家柄(アヤタチ)であったと言うのです。雑賀宗、川並衆、ワタリ衆、穴太衆などがありましたが、秀吉はそれらを統括する位置にいたようです。サンカは技能集団でもありましたから、スマホも無線もない時代には彼らの活躍は想像以上で会ったでしょう。このサンカ、別の顔も持っていて、忍び(甲賀忍者、伊賀忍者)でもあったようです。一見、敵対していたように思われますが、彼らはつながっていて実は一つのものなのです。

南朝皇統奉公衆=八咫烏(ヤタガラス)=伊賀忍者

北朝皇統奉公衆=サンカ=甲賀忍者

分断して統治するという言葉通りのシステムです。

 

(楠 正成と忍者について)

http://www.higotora.com/cp-bin/blogn/index.php?e=174

 

「アリスさん!話を秀吉に戻しますが、彼は木下藤吉郎と名乗りました。木下は朝鮮名字の朴を日本文字化したものと言われています。さらには秀吉の家紋は五七の桐です。

  (豊臣家の五七の桐紋)

この五七の桐紋を今の内閣は使っています。

さらには五百円玉にもこの五七の桐紋が使われています。」

「うさぎのラビットさん!」豊臣家は大阪冬の陣、夏の陣で徳川に完膚なきまで叩かれ、大阪城の瓦一枚埋められたと教えられてきました。豊臣の残党が山の奥まで逃げ込んだなどの話も聞きますね。その豊臣の家紋を何故今の内閣が使うのでしょう??

「アリスさん!それは秀吉が在日であったこと、さらにはサンカの首領格の家柄であったことをひたすら隠したからに相違ありません。今やかなりの所まで真実が明るみに出てきました。安倍晋三も麻生太郎も在日の家系です。安倍晋三はこのブログの最初の部分でも説明しましたが、朝鮮王朝の最後の皇帝(李 垠)と日本の皇族であった梨の宮方子の子供が、安倍晋三の父親である安倍晋太郎であり、横田早紀江であることは説明しました。麻生太郎に関しては彼本人も言っている通り、中臣鎌足の子孫であり、それが藤原鎌足となって常に天皇家と婚姻関係を繰り返しながら、現在に到っています。当時の天皇家と麻生家のつながりは古代からつながっていたのです。」

「うさぎのラビットさん!」ここに分かりやすく解説した動画があります。紹介しておきます。

 

(天皇家以上の藤原氏の正体)

http://check.weblog.to/archives/7788798.html

 

「アリスさん!神様はイルミナティ(悪魔崇拝者)を後、数年(2023年)には必ず裁くと仰っています。人間サタン共も必ず裁かれます。政界、経済界は言うに及ばず司法、マスコミも真実が明るみに出され裁かれていきます。どうぞ彼らの滅びを強くお祈りしてください!!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です