神の国と神の義を求めなさい。そうすればこれらのものはみな加えて与えられる。

「アリスさん!元号が令和と決まり、平成も終わりますね。元号は天皇が変われば自動的に変わりますが、アリスさんはどんな考えでしょう?」

「うさぎのラビットさん!」私は平成30年が失われた30年として、日本がアメリカに次ぐ大国から滑り落ち、現在は中国に次ぐGDPとなっています。ここに資料を貼っておきます。

https://matome.naver.jp/odai/2143170701704064101

(世界GDPランキング2017年度版)

これを見ると日本のGDP(国民総生産)は決して減少していません。どころか増えているのが分かります。でも変です。私たちの生活は年ごとに締め付けられている感じなのです。次に国民一人当たりの収入の資料を貼り付けておきます。

https://www.globalnote.jp/post-1353.html

(世界の一人当たりのGNI=国民総所得)

この統計を見ると、日本は2017年度で世界の29位になっています。これは一体どうしてでしょう?

 

「アリスさん!日本のGDP=総生産は上がっているのに、所得は下がっている。この平成の時代、消費税が導入され、3%、5%、8%と上がり、今年は10%に上がります。政府はこの消費税は福祉に使うと公言していましたが、明らかに嘘をついています。消費税のカラクリを説いたブログがありますので、是非読んでください。

トヨタは日本一の悪魔的企業です。しかし、消費税をゼロにすれば、トヨタはすぐに潰れます。

「アリスさん!このブログの中で消費税がトヨタにどのような恩恵を与えているかの記述があります。

・・・以下転載・・・

4月から消費税率が引き上げられ、車の価格には車両本体価格(税引き)に8%の税金が上乗せされる。だが、実は、客が支払った消費税を自動車メーカーは1円も国に納めてはいない。

こうした奇妙なことが起きるのは、払わなければならない税額より、国から還付される税額の方が大きくなる「輸出戻し税」の制度があるからだ。その仕組みはこうだ。

企業が製品を輸出した場合、「外国の消費者には税金分を価格転嫁できない」という理由で、輸出製品の生産のために仕入れた部品や原材料の価格に含まれている消費税分を国が輸出企業に戻す。

自動車、電機など輸出比率が高い企業は、国内販売分で納めなければならない消費税の金額より、輸出販売分で戻ってくる税額の方が多くなる。その差額が「消費税還付金」であり、税率が上がるほど金額も増える。

元静岡大学教授で税理士の湖東京至氏が消費税が「5%」から「8%」になると、輸出上位10社の還付金がいくら増えるかを推算すると、その総額は年間ざっと1兆188億円。

輸出企業は円安で儲かったうえに、国民が苦しむ消費増税によって還付金が増える。これで社員へのベア還元をケチられてはたまらない。

…転載終わり・・・

「アリスさん!トヨタは天皇家と縁戚関係を結び、安倍晋三とも親戚です。ここに消費税のカラクリがあります。トヨタの悪行は私たちが前回投稿したセブンイレブンの悪行ぶりの親玉版とも言えます!トヨタに勤めている人からあの人が自殺した!とか うつ状態になって入院した!などの話は珍しくも何ともないようです。

先日、天皇が平成の時代は戦争もなく平和な時代であった!と述べたとテレビ放映がありました。冗談でしょう!!第二次世界大戦のような戦争はありませんが、2001年9.11に起きたテロは、アメリカ政府が捏造した壮大な茶番劇だったし、それに続いてイラクに攻め入り石油利権を強奪しました。小泉純一郎が自衛隊を派遣し、利益を共有しました。10年後の2011年3.11の東日本大震災は明らかに人工地震です。本当に多くの人たちが被災しました。その後、熊本でも北海道でも地震を起こしました。これが戦争のなかった平和な時代だったと言えますか!天皇が生前退位したのは十分納得がいきます!」

「うさぎのラビットさん!」珍しく興奮していますね!失われた平成の30年は竹中小泉の構造改革、アベノミクス、金融緩和などで日本の富が本当に一部の人間(イルミナティ=悪魔崇拝者)に集中し、一億総中流と言われた日本の中間層は下層に落とされ、富の二極化が進んでいます。

https://matome.naver.jp/odai/2134883260842257001

(日本のお金持ちランキング)

 

高度プロフェッショナル制度などの意味不明な名前を付けて、残業代を取れなくしました。出始めは1000万以上の会社員が対象となっていますから、皆 意識を向けていませんが、この法律は1000万を800万、500万と厚労省のさじ加減でいくらでも下げることができます。やがて400万台になるでしょう。そうなれば国民の大多数が関係してきます。日本は古代のエジプトのごとく奴隷制のようになります。

「アリスさん!派遣法が通って、今やほとんどの会社には派遣社員で一杯です。派遣会社はぼろ儲け!その親玉パソナに竹中平蔵は会長としておさまっています。」

「うさぎのラビットさん!」今日の副題の神の国と神の義を求めなさい!そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。から話がついついそれてしまいました。この御言葉はrapt さんと言う方が神様から啓示を受けて伝えているものです。紹介したいと思います。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

一昨年の9月から始まった朝会で、去年の7月に神の国と神の義の啓示が出ました。神の国とは言い換えると地上天国のことで、神の義とは聖書や御言葉通りに従うことを言います。簡単に言葉で表現しても理解するものではありません。祈りや聖書を熟読して悟っていかないと無理です。見えない神様を愛することはとても難しいことです。一朝一夕には無理です。コツコツと努力を積み重ねていくと得られます。私も偉そうなことを言ってしまいましたが、まだまだ道半ばです。2020年までに12弟子を立て、2023年までにはイルミナティを滅ぼすと言っています。私は固く信じています。

今の日本は前述の二つの悪魔の法律により、人々は衰退して不安に包まれていきます。今年はその傾向がますます加速します。サタンが人間を苦難に導くことを神様が許諾したのです。それは人々が神様を信じず、サタンの誘惑に迷っているのをどうするか見ているのです。神様につながってください!そうすればどんな艱難苦難があってもへこたれません!この絶望的な世の、罪の中から出てくるためにはそれ以外方法はありません!私たちが救われたように一人でも多くの人が救われて欲しいです。

神の国と神の義の話はマタイによる福音書の7章33に載っています。