混乱続く今を、徒然なるままに・・・。

「アリスさん!今日は特別、話題を決めないで、物思いにふけっていることを徒然話していきましょう。」

「うさぎのラビットさん!」私は今年の後半に安倍内閣が消費税を10%に上げると言っていましたが、昨日のニュースでトランプが日本の消費税は輸出補助金だ!として消費税批判をしました。さらには5%に戻すという消費減税の話すら出てきました。消費税によって、輸出企業が還付金と言う形で政府から莫大な金を受け取っていることはほとんどの人が知りません。説明していただけますか?

「アリスさん!まずトランプ政権が言う日本の消費税に対する批判記事を見てください。

転載ここから

トランプ政権は日本の消費税にも疑念を抱く。税法の規定で輸出には消費税がかからず輸出企業は仕入れ時に支払った消費税の還付を受けられるためだ。トランプ政権はこれが輸出企業への補助金で競合相手の米国企業が不利になっていると批判する。消費税率が10%に上がれば還付金も増える。米側がこれを新たな貿易障壁とみれば関税引き上げなど対抗措置を講じかねない。中国は今月、景気対策を理由に消費税に相当する増値税を減税しており、日本も何らかの対応を迫られるとみる向きもある。(産経ビジネスより)

転載ここまで

安倍晋三も、その前の小泉政権も消費税は福祉に回すと公言していました。しかし実態はトヨタ始め輸出企業への税金横流しだったのです。これを詳しく追及したブログを紹介しておきます。」

トヨタは日本一の悪魔的企業です。しかし、消費税をゼロにすれば、トヨタはすぐに潰れます。

車の価格には車両本体価格(税引き)に8%の消費税が上乗せされます。しかし客(私たちです!)が支払った消費税を車メーカーは1円も国に支払っていないのです。そんな馬鹿なことが・・・と思われますが、支払わなければならない税額より国から還付される税額の方が大きくなる(輸出戻し税)という制度があるためです。

そのトリックはこうです。(外国の消費者には税金分を価格転嫁できない!)という理由をつけています。輸出製品の生産に仕入れた部品や原材料にかかる消費税分を、国が輸出企業に戻すと言うものです。自動車、電気製品など輸出比率が高い企業は、輸出販売分で戻る税額が多くなるのです。その差額が消費税還付金としてメーカーに払われ、税率が高くなればその分金額も増え、輸出企業は税金をタダ取りすると言うわけです。

消費税が5%から8%に上がった時の資料ですが、輸出企業上位10社の還付金がいくら増えたかと言うと、総額年1兆188億円です。

その筆頭がトヨタです。この上位10社を掲載しておきます。

「うさぎのラビットさん!」一体、この国の指導者はどうなっているのでしょう?安倍は口を開けば二言目には(国民の為!)と言いますが、これではヤクザより酷いですね!

「アリスさん!安倍や麻生は縁戚関係で天皇と結びつき、トヨタやニッサンも同様に縁戚関係を結んでつながっているのです。これを詳しく調べたブログも掲載しておきます。

http://rapt-neo.com/?p=31962

トヨタは天皇や歴代総理大臣と縁戚関係にあります。その集団はこのブログでも以前取り上げましたが、田布施一族を中心に構成されているのです。つまり天皇家、田布施一族の繁栄のための政治と言ってもいいと思います。」

「うさぎのラビットさん!」明治維新の時に山口県の熊毛郡田布施町という町から数々の権力者が出ました。明治天皇となった大室寅之助、伊藤博文、安倍晋三、その父親である安倍晋太郎、大叔父である佐藤栄作、祖父の岸信介、ほんの小さな町から内閣総理大臣が何人も出ました。共産党委員長だった宮本顕治、難波八助などなど・・・。

(上から伊藤博文、佐藤栄作、統一教会の文鮮明と握手する岸信介)

安倍晋三や麻生太郎の系図からは、今度新札に選ばれた渋沢栄一の名前もあります。ニッサンの創始者、鮎川儀介もあります。

「アリスさん!今日は徒然なるままに軽い気持ちで・・・と思いましたが、消費税を通してトヨタの悪行について話すことになりました。次回は安倍晋三の系譜や、小泉純一郎について調べたことを話していきましょう。」

映画「七人の侍」から学んだこと!

「アリスさん!七人の侍の内容を簡単に説明してくれますか?」

「うさぎのラビットさん!」時は戦国時代。村々は年貢の取り立てに追われ、貧しい生活を送っています。米を作っていながら、なかなか米の飯(失礼!)にありつけない百姓(失礼!)に野盗の群れが襲い掛かります。野盗は収穫時期を狙って襲い掛かります。従わねば殺され、略奪の限りを尽くします。恋女房を奪われた利吉(土屋義男)という若い農民を筆頭に我慢は限界に達しています。その時、村の長老が苦肉の策を出し、街にあふれかえる侍を雇って村を守ることを考え尽きます。

(志村喬と戦国合戦の仲間だった加藤大介)

(剣豪 久蔵役の宮口清二・・カッコ良いのです!)

「アリスさん!街に侍を探しに出た農民は、侍に論功としての金も知行も用意できず、身分違いもあって途方にくれますね。その時、一国一城の夢破れ、白髪になった島田勘兵衛(志村 喬 )なる人物が、百姓の窮状に目が覚めて、村を救うことを決断するのでしたね!」

「うさぎのラビットさん!」私はこの映画の中でコメの飯をドンブリ山盛りに盛って、本当においしそうに食べる侍たちを見て、今の私たちは随分堕落していると感じました。神様は私たちを鍛えるのに艱難苦難を与えます。その艱難さえ時に恨んだりする私です。

「アリスさん!私は野盗との戦いになった時、とにかく走る場面が沢山ありますね。昔は足が命と言うのが分かります。

「うさぎのラビットさん!」私は以前、アフリカの若者が足を失って命を絶ったと言う話を聞いたことがあります。今は多少は変わったかもしれませんが、車社会でないところは 走ることや歩くことが生きる事ですね!野盗を全滅させ、平和が訪れた村で早乙女たちが田植えをする場面を見て、志村 喬が(勝ったのは百姓たちだ!)とつぶやきます。今のこの世界は一握りの悪魔崇拝者(イルミナティ)が支配し、すでに後戻りできないところまで来ています。

「アリスさん!今の戦いはこの時よりもっと厄介かもしれません。なぜなら私たちの心が、この時の侍たちと比べて度胸が据わっていないし、人任せにしているからです。百姓たちが竹やりを持って野盗と戦ったように腹をくくらなければなりませんね!」

「うさぎのラビットさん!」私たちには神様がついています。神様は麻生や安倍を滅ぼすのは訳もないことです!でも私たちがこの地上でやることをやらないと、神様は電磁波ですから働けません。もう時期はいよいよ近づいていますね。野盗が襲ってくるのを竹やりを持って待ち伏せする、百姓の気分です!緊張の帯を締めて頑張りましょう!」

マスコミとそれを繰る電通とは・・・!

「アリスさん!まず電通が社員手帳に載せていた、社是ともいわれる鬼十訓(電通戦略十訓)について見てみましょう。

1 もっと使わせろ
2 捨てさせろ
3 無駄使いさせろ
4 季節を忘れさせろ
5 贈り物をさせろ
6 組み合わせで買わせろ
7 きっかけを投じろ
8 流行遅れにさせろ
9 気安く買わせろ                      10 混乱をつくり出せ

これは電通が私たち庶民に 戦略として情報を流すとき、いかに金を搾り取るかをうたったものです。

さてこの電通と言う会社、一体どんな会社なのでしょう。

(以下転載)

電通・・・単体では世界最大の約1兆4千億円の年間売上高を誇る広告代理店。 (株)電通は、社員約5700人を抱えるメディア・政財界に巨大な影響力をもつ企業。日本ではトヨタも日産もマツダも電通、家庭電器でも東芝、松下、日立、サンヨー、ソニーが、揃って電通に広告を任せている。 広告面を買い取るのではなく、上半期や下半期という単位で紙面を買い切り、それを広告主に売り捌くやり方で、完全におおもとから利権を掌握している。さらにこの事自体が広告で経営が成り立つマスコミからはタブー視され、電通に関しては表立った報道がされることは無い

(転載終わり)

「アリスさん!これを見て、どうやら電通という広告会社と銘打った会社が、日本人の洗脳工作を主導している可能性がありますね!」

「うさぎのラビットさん!」私はテレビをほとんど見ませんが、それでもたまに 今の内閣支持率の結果など知ることがあります。小泉竹中の構造改革、アベノミクス、派遣法、残業代ゼロ法案など・・・次々私たち庶民が苦しくなる一方なのに、どの局でも安倍内閣の支持率は50%前後です。保守的な人もいる私の周りの人たちでさえ、安倍政権を支持している人など皆無です。それなのに・・・。

「アリスさん!ここに興味深い統計があります。

少し見にくいので解説します。この統計は2016年4月13日のものですが、全国ネットのキー局(NHK, 日本テレビ、TBS, TV朝日、フジテレビ)並びにその新聞社(読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、産経新聞、時事通信)の安倍内閣支持率を調査したものです。

安倍内閣支持(賛成)

読売新聞 51%  NHK        47%            朝日新聞 49%  日本テレビ    56%         毎日新聞 42%  TBS        43%          産経新聞 72%  テレビ朝日    44%          時事通信 50%  フジテレビ    46%

このマスコミ(テレビ、大新聞)の世論調査では大体半数が安倍政権を支持していることになります。

ところが電通の影響が少ない 地方新聞では全く異なった結果が出ています。

安倍内閣支持      不支持

福島民報    28%       50%           埼玉新聞    16%       83%          日本農業新聞  18%       59%         MXテレビ生放送 26%       71%          北海道テレビ生放送  17%      74%

後の世論調査もほとんど変わりません。極めつけは2015年に静岡市で行われたシールを付けてもらう調査では安倍内閣支持は1%、安倍内閣不支持がなんと99%に上っています。シールの貼り付けだと、雰囲気もありますが、大新聞や全国版テレビ局の調査とはかけ離れています。」

「うさぎのラビットさん!」私思い出したのですが、以前、英会話教室で広告代理店に勤める人がいました。その人の話では(電通)と言うと別格の別格!雲の上の存在だという事でした。

「アリスさん!電通は超高学歴出身者がいます。その一方で大企業経営者や重役の子弟が入社。それから特別に在日枠と言うものが存在するとささやかれています。そういえば安倍晋三の奥さん安倍明恵さんは森永製菓の御令嬢でしたね。一方自殺に追い込まれた高橋まつりさんは東大出身で超美人だったようです。」

https://dricho.com/2018-09-22/

(安倍明恵さんの家系図)

「うさぎのラビットさん!」それでも何故 電通はこんなに力と言うか権力を持っているのでしょうか?

「アリスさん!それは電通の歴史を見ればわかります。

(以下 転載)

日本電報通信社は、1907年に日本広告株式会社を併合して誕生した。誕生当初は、「広告業と通信業をセットで」行っていた。
これは、世界史における通信社の歴史と同一である。世界初の通信社は、フランスのアヴァス(後のAFP通信)だと言われている。ロスチャイルドが情報を操作して、資産を大きく膨らませていた時代に誕生した。(このアヴァスからロイター通信などが生まれる。ロイター通信は、後のイギリス諜報部(MI6)の母体となる。)
アヴァスは、同時期に登場していた新聞社に、情報を売っていく。新聞社はアヴァスがもたらす情報によって、紙面を生めることが可能になった。
しかし、新聞社が通信社を頼る度合いが強まると、通信社に払う金が嵩み、通信料を払えないという事態が頻発した。そこでアヴァスは、通信料の換わりに、広告枠を引き受け、広告を出そうとするスポンサーからカネを取るという手法を編み出す。
☆これを初期の電通も踏襲した。
このことは、紙面のほとんど全てを電通が握ってしまったことを意味する。新聞社(メディア)に絶大な権力を持ったのも当然だった。

(転載終わり)

こうして誕生した電通は、戦時中は大本営の嘘をたれ流し、そのノウハウを基にアメリカの洗脳技術を習得。日本中に電通の人脈を作り上げていきます。大新聞、全国ネットのテレビはこうして電通の指示のもと、嘘の情報をたれ流していくのです。」

「うさぎのラビットさん!」今度の東京オリンピックも電通がぼろ儲けしています。この問題は第二弾、第三弾として訴えていきましょう!神様は聖書の中で(明かにされないものはない!)と仰っています。是が非でもこの日本の闇を暴いていきましょう!

 

 

個性と才能を伸ばす事!神様と共にして神業を行う事!

「アリスさん!この季節は桜が咲き、ウグイスが啼き 心がウキウキしてきます。私はこの季節が大好きです。ただし花粉症には悩まされますが・・・」

「うさぎのラビットさん!」以前、桜の写真を撮っていたらお爺さんがやってきて、春は(山が笑う)と言うのだよ!と教えてくれました。もうすぐ桜が満開になったら山はピンクピンクして本当に山が笑うみたいです。

「アリスさん!御言葉で個性才能を伸ばしなさい!そして神様の栄光を表わすために神業を行って人々を伝導していきなさい!と出ましたね。」

「うさぎのラビットさん!」私の個性はこうしてブログを書いていくことや、ピアノを弾くことですか?どちらでも神の業とはとてもいきませんが・・・。

「アリスさん!神様に祈って祈ってお願いするのです。ブログもピアノも神業ができますように!ってね。パウロのコリントの手紙で、愛はすべてを望み・・・とありましたね。神様は望めば(平たく言うと、お願いすれば)何でも叶えてくださいます。ただし神様の想いと合わなければだめですが・・・。神様はこの世界を創造なさった方です。地球も空も海もすべての生物も・・・。そして万物の霊長として私たち人間を作ってくださいました。人間にはとても考えられないでしょうが、神業など朝飯前です!」

(海上を走るバイク!)

「うさぎのラビットさん!」愛は自分の利益を求めないこと!と仰っています。最近、私の知り合いのお父さんが、かれこれ25,6年前に高額宝くじが当たったことを知りました。ごく普通の会社員で、社宅に住んでいたのです。しばらくぶりに会うと、郊外に大きな屋敷を建て、高級車を何と4台も持っていました。そのお父さんは投資に嵌まり、億と言う金額をすってしまったと言うのです。真面目な一家でしたが、ギャンブルにも海外旅行にも嵌まったようです。

「アリスさん!神様は宝くじは買わないように!と言っていました。万一高額当選すると、肉的には贅沢できますが、肝心の霊の世界で魂が死んでしまうからです。その人はどうなったのでしょう?」

「うさぎのラビットさん!」夫婦共稼ぎで頑張っていたのですが、早いうちに退社しました。大部分の会社は奴隷労働なので、辞めたのは仕方がないとして、コツコツと実力をつけることがなくなってしまったようです!コツコツと努力しても時になかなか前に進みません。壁が立ちはだかるのです。私も随分もがきました。この社会はイルミナティや天皇に結び付いた一握りの人たちだけが栄光を手にしています。アベノミクスや派遣法、高度プロフェッショナル制度で、私たちは下層に落とされ、イルミナティはさらに富を集めています。2極化が進んでいるのです。

(コツコツとやりましょう!好きなことは続きます!)

「アリスさん!ギャンブルは人を怠惰にさせるものです。サタンが考え、イルミナティ―が利用しています。パチンコ、公営ギャンブルはその典型ですが、宝くじも同様です。少し前にカジノ法案が通りました。このカジノ法案を強力に推し進めたのがフジテレビです。フジテレビは在日企業です。このフジテレビの筆頭株主に ハン ハクチャ(韓 鶴子)がいます。彼女は統一教会の創始者 文鮮明の妻です。今、統一教会の実権を握っています。さらには彼女の兄(ハン チャンウ)がパチンコで有名なマルハンの社長なのです。この事実だけでも今の日本社会の本質が透けて見えます。」

「うさぎのラビットさん!」神業を行うにはいつも神様と共になしなさい!と仰います。お祈りをして神様がどこかに行ってしまわないように、しがみ付いています!

神の国と神の義を求めなさい。そうすればこれらのものはみな加えて与えられる。

「アリスさん!元号が令和と決まり、平成も終わりますね。元号は天皇が変われば自動的に変わりますが、アリスさんはどんな考えでしょう?」

「うさぎのラビットさん!」私は平成30年が失われた30年として、日本がアメリカに次ぐ大国から滑り落ち、現在は中国に次ぐGDPとなっています。ここに資料を貼っておきます。

https://matome.naver.jp/odai/2143170701704064101

(世界GDPランキング2017年度版)

これを見ると日本のGDP(国民総生産)は決して減少していません。どころか増えているのが分かります。でも変です。私たちの生活は年ごとに締め付けられている感じなのです。次に国民一人当たりの収入の資料を貼り付けておきます。

https://www.globalnote.jp/post-1353.html

(世界の一人当たりのGNI=国民総所得)

この統計を見ると、日本は2017年度で世界の29位になっています。これは一体どうしてでしょう?

 

「アリスさん!日本のGDP=総生産は上がっているのに、所得は下がっている。この平成の時代、消費税が導入され、3%、5%、8%と上がり、今年は10%に上がります。政府はこの消費税は福祉に使うと公言していましたが、明らかに嘘をついています。消費税のカラクリを説いたブログがありますので、是非読んでください。

トヨタは日本一の悪魔的企業です。しかし、消費税をゼロにすれば、トヨタはすぐに潰れます。

「アリスさん!このブログの中で消費税がトヨタにどのような恩恵を与えているかの記述があります。

・・・以下転載・・・

4月から消費税率が引き上げられ、車の価格には車両本体価格(税引き)に8%の税金が上乗せされる。だが、実は、客が支払った消費税を自動車メーカーは1円も国に納めてはいない。

こうした奇妙なことが起きるのは、払わなければならない税額より、国から還付される税額の方が大きくなる「輸出戻し税」の制度があるからだ。その仕組みはこうだ。

企業が製品を輸出した場合、「外国の消費者には税金分を価格転嫁できない」という理由で、輸出製品の生産のために仕入れた部品や原材料の価格に含まれている消費税分を国が輸出企業に戻す。

自動車、電機など輸出比率が高い企業は、国内販売分で納めなければならない消費税の金額より、輸出販売分で戻ってくる税額の方が多くなる。その差額が「消費税還付金」であり、税率が上がるほど金額も増える。

元静岡大学教授で税理士の湖東京至氏が消費税が「5%」から「8%」になると、輸出上位10社の還付金がいくら増えるかを推算すると、その総額は年間ざっと1兆188億円。

輸出企業は円安で儲かったうえに、国民が苦しむ消費増税によって還付金が増える。これで社員へのベア還元をケチられてはたまらない。

…転載終わり・・・

「アリスさん!トヨタは天皇家と縁戚関係を結び、安倍晋三とも親戚です。ここに消費税のカラクリがあります。トヨタの悪行は私たちが前回投稿したセブンイレブンの悪行ぶりの親玉版とも言えます!トヨタに勤めている人からあの人が自殺した!とか うつ状態になって入院した!などの話は珍しくも何ともないようです。

先日、天皇が平成の時代は戦争もなく平和な時代であった!と述べたとテレビ放映がありました。冗談でしょう!!第二次世界大戦のような戦争はありませんが、2001年9.11に起きたテロは、アメリカ政府が捏造した壮大な茶番劇だったし、それに続いてイラクに攻め入り石油利権を強奪しました。小泉純一郎が自衛隊を派遣し、利益を共有しました。10年後の2011年3.11の東日本大震災は明らかに人工地震です。本当に多くの人たちが被災しました。その後、熊本でも北海道でも地震を起こしました。これが戦争のなかった平和な時代だったと言えますか!天皇が生前退位したのは十分納得がいきます!」

「うさぎのラビットさん!」珍しく興奮していますね!失われた平成の30年は竹中小泉の構造改革、アベノミクス、金融緩和などで日本の富が本当に一部の人間(イルミナティ=悪魔崇拝者)に集中し、一億総中流と言われた日本の中間層は下層に落とされ、富の二極化が進んでいます。

https://matome.naver.jp/odai/2134883260842257001

(日本のお金持ちランキング)

 

高度プロフェッショナル制度などの意味不明な名前を付けて、残業代を取れなくしました。出始めは1000万以上の会社員が対象となっていますから、皆 意識を向けていませんが、この法律は1000万を800万、500万と厚労省のさじ加減でいくらでも下げることができます。やがて400万台になるでしょう。そうなれば国民の大多数が関係してきます。日本は古代のエジプトのごとく奴隷制のようになります。

「アリスさん!派遣法が通って、今やほとんどの会社には派遣社員で一杯です。派遣会社はぼろ儲け!その親玉パソナに竹中平蔵は会長としておさまっています。」

「うさぎのラビットさん!」今日の副題の神の国と神の義を求めなさい!そうすれば、これらのものはみな加えて与えられる。から話がついついそれてしまいました。この御言葉はrapt さんと言う方が神様から啓示を受けて伝えているものです。紹介したいと思います。

朝の祈り会、および有料記事のパスワードのご購入

一昨年の9月から始まった朝会で、去年の7月に神の国と神の義の啓示が出ました。神の国とは言い換えると地上天国のことで、神の義とは聖書や御言葉通りに従うことを言います。簡単に言葉で表現しても理解するものではありません。祈りや聖書を熟読して悟っていかないと無理です。見えない神様を愛することはとても難しいことです。一朝一夕には無理です。コツコツと努力を積み重ねていくと得られます。私も偉そうなことを言ってしまいましたが、まだまだ道半ばです。2020年までに12弟子を立て、2023年までにはイルミナティを滅ぼすと言っています。私は固く信じています。

今の日本は前述の二つの悪魔の法律により、人々は衰退して不安に包まれていきます。今年はその傾向がますます加速します。サタンが人間を苦難に導くことを神様が許諾したのです。それは人々が神様を信じず、サタンの誘惑に迷っているのをどうするか見ているのです。神様につながってください!そうすればどんな艱難苦難があってもへこたれません!この絶望的な世の、罪の中から出てくるためにはそれ以外方法はありません!私たちが救われたように一人でも多くの人が救われて欲しいです。

神の国と神の義の話はマタイによる福音書の7章33に載っています。