感情で考える人には神様は近づけない!

「アリスさん!先日の御言葉で感情的に物事を考える人や、自分の欲望のために祈る人の祈りは神様は聞かれない!と出ました。」

「うさぎのラビットさん!」私はここ何週間か一昨年の9月から始まったRAPT朝会の御言葉を総復習していました。この御言葉がなければ新約聖書も理解できなかったと思います。私は新約聖書も7回目になりますが、やっと聖書の全体像をつかみかけてきました。

聖書は比喩で書かれています。ですから言葉通りに解釈すると物理の法則に反してしまいます。それから私たちはこの肉の世界(現実世界)と重なって霊の世界があることを隠されてきました。

神様が雲に乗ってきた!とかイエス様が湖の上を歩いてきた!という表現があると、それを目に見える現実の世界で起きることと錯覚してしまいます。それは霊の世界の出来事です。

「アリスさん!神様の道は狭く厳しい道です。サタンの道は欲望を誘う堕落の道です。神様の道は狭い分、確実に祝福に至ります。サタンの道は誘惑の道ですから、間違いなく地獄行きです。」

「うさぎのラビットさん!」私は地獄と言われてもピンときませんでした。やけ酒でも飲む感じかな?などといい加減に考えていたのです。

「アリスさん!私たちは、肉の世界に生きています。この肉の世界と重なって霊の世界があることを知りました。私たちは死ぬと肉体は灰になり、魂(心)は霊の世界に移ります。と言っても霊の世界は遠い所にあるのではなくて、すぐそばにあります。神様は私たちに100年と言う時間を与えてくださいました。この100年の間に自分と同じ神になれ!と修業期間を与えてくださったのです。

神様はどこまでも清い方だと知りました。神様は霊の世界に住んでいらっしゃいます。ですから肉体を持っていません。私たちが神様と愛をなすためには、私たち自身がどこまでも清くならなければ神様と愛をなせません。」

「うさぎのラビットさん!」聖書を読んでいて、時々霊の世界のことが出てきます。この理屈が分からないときは、チンプンカンプンでした。

「アリスさん!このことが分かったので、私たちは今、人類史上初めてサタンの主管圏から抜け出し、罪の世界から抜け出そうとしています。2023年までにはイルミナティ(悪魔崇拝者)は滅びます。後5年もありません。私たちから見ると、その人数も富も名誉も巨大なものに見えていました。しかし神様が私たちに寄り添ってくれていますから、サタンも人間サタン共もちっぽけな存在に見えてきました。連中は戦争を起こし、人工地震を起こし、放射能やガンや原発 原爆、拉致問題の嘘をでっちあげて本当に多くの人を殺戮し、苦しめてきました。教祖たちはカルトを立ち上げ、人々をサタンの脳に洗脳しました。その彼らも数年後には滅びます。中には死に至る者も出るでしょう。信じるのは自由意志です。神様は確実に実行なさいます。」

「うさぎのラビットさん!」霊の世界は永久に続くのですね!私たちの肉の世界はせいぜい100年です。霊の世界の長さからすると、ほんの一瞬ですね。怠惰に生きていたら死ぬときになって、絶望しかありませんよね!

怠惰に生きて絶望か、神様の道に行くのか!