カルトはサタンに主管された世界のことだ⁉

「アリスさん!今、私たちはサタンの主管圏にいます。神様の主管圏にはいないのです。人間の力を4とすると、サタンは6。神様は7です。人間はサタンにはどうあがいても勝てませんでした。特にルシアは芸術に秀でていて、魅力があります。ですからルシファーとなったサタンの誘惑は凄いものがあって、とても人間が叶うものではありません。」

(誘惑のビーナス)

「うさぎのラビットさん!」今、芸能界が日本人に大きな影響力をしめているのは、そのためでしょうか?

「アリスさん!もちろん芸能界ばかりではありません。この世界はサタンに魂を奪い取られた人間サタン共が、自分の利益の為なら何でもしています。人工地震を起こそうが、戦争を起そうが、何の罪悪感も感じていません。それはサタンを崇め、生贄を差し出し、その代わりにサタンから人間では思いつかない悪知恵を貰って、実行しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」それは悪魔崇拝という事ですね。

「アリスさん!その通りです。日航123便の事件。3・11の人工地震。北海道や熊本の人工地震。拉致問題の大嘘。原発、原爆、ガンも存在しないこと。人間には到底考え出せない陰謀を、サタンから悪知恵を貰って実行してきたのです。」

「うさぎのラビットさん!」私はそれを知って人間サタン共の滅びを祈ってきました。なぜなら6の位のサタンを滅ぼせるのは、7の神様しかいないからです。

「アリスさん!その通りです。祈りは神様と疎通する唯一の方法です。実はイエス様が出現されてから、2000年以上の長い年月を隔てて、この日本に神様のレベルに達した人がいます。その人が祈りによってルシファーを一線から退去させました。

今、世界では悪魔崇拝をしてサタンに頼ってきたイルミナティー共がどんどん裁かれています。頂点に立っていた天皇が生前退位し、皇太子が新天皇に即位しますが、秋篠家との確執はひどくなる一方です。皇室の権威も随分地に落ちました。経済界もどんどん裁かれます、ゾゾタウンの利益下方修正。原発売り込みの失敗。麻生太郎の圧力により、厚労省のアベノミクスの失敗を隠したつもりがバレました。安倍晋三も誰もが分かる嘘を平気でついています。わずかの期間に神様の予定通り裁きが起きています。」

「うさぎのラビットさん!」私はこの期間に御言葉を集中的に聞いていました。そしてカルト宗教をしている人たちが、何故あんなに暗い顔をしているのだろう?と不思議でした。その答えが御言葉にありました。カルトはサタンです。サタンには愛は全くありません。それでも彼らは辻に立ち、家々を訪問して勧誘をしています。一体何故彼らはあんなに熱心にやるのでしょう?

彼らの原動力は罪悪感だと神様は教えてくださいました。その団体の中で上から指示されたことを実行することが正しくて、もし自分の意見を言おうものなら、周囲の仲間から一斉に非難を浴びます。そして寄付を強要され、それは神の意志だと脅かされるのです。彼らに心からの喜びはありません。教理も(戦争は絶対必要!)など子供でも間違いと分かるのに、それに気づきません。

「アリスさん!この世界はすべてそのカルトと同じ仕組みでできています。会社に入れば利益追求のみ考える人間に!寺や神社に行けば賽銭や寄付をすれば願いが叶うと誘われます。何の努力もしないで棚から牡丹餅が落ちてくるわけはないでしょう!」

「うさぎのラビットさん!」叔父の知り合いで定年退職になった人が、自治会の役員を押し付けられたと頭を抱えていました。会合に出て行っても、小田原評定のように遅々として会議が進まず、結局又次回集まって相談!とはたから見ても時間の浪費としか思えない様子です。それでも近所の体裁を考えて出ていくのです。

「アリスさん!神様は2023年にはイルミナティ―を滅ぼすと仰ってくださいます。戯言とせせら笑っている人はその時になって慌てないように!」