厳しいけれど、喜びと平安と希望を持って生きられる神様の道!

「アリスさん!どのような悟りだったのでしょう?」

「うさぎのラビットさん!」神様を愛するとは?

の答えを悟った気がしています。神様は私たち人間を神様にかたどって作ったと仰いました。(旧約聖書の創世記)

つまり私たちは神様になれるという事です。(女性は聖霊様ですが・・・)もっと言えば私たちは この肉体がある期間(役百年)に霊(心=精神)を成長させて神様の思考回路を手に入れなさい!という事でした。

神様は愛の塊りです。コリントの手紙の(愛)についての中で、愛は決して滅びない!信仰と希望と愛の三つはいつまでも残る!その中で最も大いなるものは愛である!と結んでいます。

私は目に見えない神様をどうしたら愛せるのか考えてきました。それを神様はいとも簡単に教えてくださったのです。

人間は(愛する対象)がないと生きて行けないのだよ!

それを聞いた時、今まで何となくもやもやしていた疑問が解けました。私は神様を知らないとき、自分を愛したり異性を愛したりしました。人によっては子供を愛することが一番と言う人も沢山います。しかし子供も時が経つにつれて自分から離れ、反抗的になる子供もいます。恋愛時代はその人のことばかり頭にあったのに、時が経つと みじめなくらい色あせて、罵声さえ浴びせる人たちもいます。熟年離婚が話題にさえ上らなくなりました。

この世界はサタンに主管された世界!と何度も言ってきました。人は人を頼り、人を愛してきました。しかし人を愛することは刹那的です。こう言うと、冷たい人だと言われますが違います。私たちは第一に神様を愛すれば良いのです。そして二番目に人を愛すれば良いのです。私たちは神様と言う存在を隠されてたので、目に見える人間しか愛する対象がいなかったのです。神様を第一に愛すれば人に対しても自然と愛するようになります。

それから神様は御言葉で自分を愛する生き方はサタンに誘導された生き方です!と教えてくださいました。

「アリスさん!あなたは信仰が浅いのによく悟りました。世の中の宗教と言えばカルトだらけです。S学会に始まり、T 教会、Eの証人などなど。最近になって生長の家が日本の中枢を担うカルト宗教であることが分かりました。戦争礼賛の日本会議と共に何とか戦争を起そうと、あっちこっちで火つけをしています。しかしうまくいきません。もう彼らは終わりです。北朝鮮や韓国、中国と結託してそれぞれの国民を世論誘導しているのにうまくいきません。それは神様が裁いているからです。それを信じられるかどうかは人の自由意志です。

ヨハネの黙示録が2023年には成立します。その時、世の中は今よりもっと状態が悪くなっています。大部分の人たちは神様に目も行かず、耳も貸さず、目先の欲に駆られています。神様抜きで人をいくら愛しても 喜びも平安も希望も来ません。一時的に成功することがあってもそれは一時的なものです。心は錆びます。神様を愛することは神様のために生きる!という事です。子供のために生きる事が、子供を愛することであるように、神様に置き換えれば良いのです。神様は愛の塊りですから子供を捨てるわけがありません。アブラハムが神様に試されて、子供のイサクを捨てるように言われ従ったとき、神様はアブラハムを祝福されました。神様を第一に考えればすべてがうまくいくのです。

子供は愛した分を返してくれるか疑問ですが、神様は愛した分の二倍も必ず返してくださいます!それを信じることが信仰なのです。」

「うさぎのラビットさん!」 神様の道は厳しいです。それは自分の利益をまず捨てなくてはなりません。人はなかなか思い切ることができないのです。しかし御言葉通りに生きる事で、心はいつも喜びに包まれています。神様への道は狭いがゆえに道に迷うことがありません。サタンの誘導する広い道は、道なのか平野なのか分かりません。方向が分からないのです。ところどころに人だかりがして、行ってみるとディズニーランドだったりUSJだったり・・・。又そっちへ行ってみるとブランド物があったり、高級車がずらり。無理をしてそれらを得ても、心は一時でしか癒されません。サタンの仕業です。早く沢山の人が気づいて真に救われて欲しいですね。

「アリスさん!動画を紹介したいと思います。サタンに騙されないように賢い人になりましょう!」

何故、人は嘘をついてはいけないのか!

「アリスさん!昔は嘘をつくと閻魔様に舌を抜かれる!と お年寄りや親たちに言われたものです。でも最近はそういう事も聞かれなくなりました。」

「うさぎのラビットさん!」人は死ぬと、生きていた時の行状を 閻魔様の前で報告されて、それによって地獄へ行くか天国に行くか決められる。とも聞かされました。田舎のお爺ちゃんの家に行った時など、いたずらをすると言われました。その時とても怖かったのを覚えています。

「アリスさん!(霊の世界)があることを私たちは隠されてきました。神様が存在していること。サタン=悪魔が実際に存在していることも隠されてきました。死ぬと 私たちが持っている肉体は滅びます。その時、魂=精神=心が肉体から離れ、霊の世界へ移ります。そして永久に霊の世界に留まります。その世界は物凄い数の段階で分かれていて、生きている時の行状に従ってその段階の世界に行くのです。人間が肉体がある間(つまり生きている間)に霊魂を浄化しないと天国には行けないようになっています。

死んだら終わりよ!とか 生きているうちに好きなことをしなくちゃ!の甘言に誘われて、怠惰に過ごした人たちは全員裁かれます。肉体がある時でないと、私たちは悔い改めができないからです。」

「うさぎのラビットさん!」嘘をつくのも大きな罪の一つですね!

「アリスさん!その通りです。罪はサタンにとっては格好の餌です。ちょうどウンチにハエがたかるのと一緒です。私たちは知らず知らずサタンに犯され、やがて自分自身がサタンになってメチャクチャになってしまいます。不安や心配も罪の一つです。身内が病気になったり、心配事があると、サタンはこの時とばかりその人を襲うのです。分別のある人が、何故カルト宗教など入信したのだろう?と不思議ですが、不安や心配を抱えた時にサタンは襲うのです。カルトはすべてサタンです。」

「うさぎのラビットさん!」水泳界のヒロインの池井里佳子さんが、白血病を患っていると報道されました。今度のオリンピックで期待されていましたが、残念でなりません。抗がん剤治療をすると一部報道がありました。白血病は血小板が異常に減る病気なので、ガン治療は止めて(ガンは存在しません!)何としても助かって欲しいです!

「アリスさん!私たちは悪魔崇拝者(イルミナティ―)の大きな嘘で騙されてきました。今の常識はすべてサタンが作ったものです。サタンは始めは楽をして金を稼げるなどの甘言やあらゆる嘘をついて、私たちをだましてきました。

今、韓国の国会議長が(戦争責任は昭和天皇にあるのだから、その息子の天皇は謝罪しろ!)と言っていますが、私たち日本国民からすると(韓国のいつものトンデモ話)にしか聞こえません。しかしすでに昭和天皇の行状は明らかにしてきました。大ウソつきです!韓国国民は反日教育をされてきたとはいえ、天皇や皇室に関しては 事実に近いことを知っているようにも見えます。多くの日本人が考えている天皇や皇室は事実とはかけ離れています。だからと言って韓国国民が真実を知っているかと言うと、一概にそうとも言えません。」

http://www.news24.jp/articles/2019/02/14/04417106.html

「うさぎのラビットさん!」私はこれは神様が日本政界も韓国政界も裁いていると感じています。これら裁きは益々加速していくでしょう。

「アリスさん!ここに是非紹介したい動画があります。前回も紹介しましたが、二人の女性の動画です。彼女たちは人類史上初と言われる聖霊様の候補です!是非見てください。」

 

真の天皇家の歴史とは・・・?

「うさぎのラビットさん!」WIKIPEDIAによると皇室は(高天原)より日向の高千穂に下った太陽の女神、天照大御神の孫のニニギノミコトの曾孫の神武天皇を初代とする皇統と説明されています。

高千穂に下ったことを天孫降臨ニニギノミコトを天孫と言ってるみたいです。人間が天から下りてくるなどとは私には信じられません!

(天から下った二二ギノミコト)そんなのあり?

「アリスさん!神話ではそうなっていますが、皇室が何故我々とは違って尊いのかという説明では神話を現実のように説明しています。聖書のヨハネの黙示録には、キリストが雲に乗ってやってくることが書かれていますが、これらの表現はすべて比喩として表現されています。もう少し言うと、現実の肉の世界ではなく、霊の世界としてキリストが人々に告げることを意味しています。

マジシャンやカルトの人たちが、水を下から上に移動させたり、車についたへこみが、奇跡が起きてきれいに直ったなどと話したり、起こすとしていますがありえません。物理的にありえないことは起きません。麻原彰晃が空中浮揚したとして、多くの信者を集めましたが、手品のように種があるか、作り話をしているにすぎません!」

 

「うさぎのラビットさん!」私は白状すると、マジックが大好きでした。そのマジックの種明かしをした動画がありますので貼り付けておきます。

「さてアリスさん!今日は皇室誕生の歴史がどのようであったか話していきます。アリスさんは出雲族、大和族という言葉を知っていますか?」

「うさぎのラビットさん!」つい最近までその言葉を知りませんでした。大和族とは大和朝廷を作った人達ですよね。

「アリスさん!簡単に説明すると、日本近辺に存在した大陸が徐々に沈没していくと、多くの人たちがユーラシア大陸に移っていきました。しかし行きついた先は砂漠が広がっていて、彼ら(私たちの先祖)は長い年月の末そこを見限って、日本に向かいます。その時二手に分かれて日本を目指します。

一方はネパール、インドを経て中国江南地方から博多湾を目指した陸路のグループです。彼らは技術的にも軍事的にも他を圧倒していて、すでに住んでいた現日本人たちを駆逐、あるいは従属させて、日向地方(現宮崎県)に到達し、日向族として君臨します。

他方、インドから東南アジアの島々を経由して朝鮮半島を経由した海路のグループは壱岐島から出雲に上陸。出雲族となります。

日向族の族長はイザナギ、イザナミ。出雲族の族長はスサノオの父、フツでした。彼らは出発の時、合流した時は一致協力して日本を治める約束でしたが、先に日本に着いた日向族は九州地方ですでに強大な権力を持っていて、出雲族の要求を拒否。どころか出雲族の保持する皇位継承の証である(十種神宝=トクサノカンダカラ)の引き渡しを要求します。そこで腹を立てた出雲族は日向族に戦いを挑みます。

初期のころは出雲族が優勢で、大和族(=日向族)が和議を申し立て、イザナギ、イザナミの娘アマテラスを出雲族の族長フツの息子、スサノオと結婚させます。

一旦、協力関係ができたと思いきや、大和族は軍事力を強化し、徐々に出雲族を東へ、北へと追いやります。諏訪から東北地方に出雲族を追いやり、こうして大和族は神武を(初代天皇)として大和朝廷を築きます。そして歴史を改ざん。古事記と日本書紀を使って大和族に都合の良いストーリーに作り替えるのです。私は以下のブログを参照しました。貼り付けておきます。」

https://plaza.rakuten.co.jp/yfuse/14000/

 

「うさぎのラビットさん!」先ほど出てきた十種神宝は今の三種の神器の元ですね!

(三種の神器)

 

確か出雲族は青、又は白、大和族は赤で表現されますね。世界はこの出雲族、大和族から成り立っているのですね!

「アリスさん!その通りです。国旗はそう簡単には変更できません。ですからその国の国旗の色で、出雲族か大和族かを知ることができます。」

(ここにはほんの一部の国旗を揚げましたが、調べてみて下さい。)

「うさぎのラビットさん!」現在も大雑把に分けて、大和族、出雲族で争っているのが分かります。

さて、私たちのように神様を信じて、千年王国を成そうとしている人たちがいます。彼女たちはごく普通の女性に見えますが、中身は違います。かなりの女性です。その彼女たちがUチューブを立ち上げましたので、是非参照してください。

尾畑晴夫さんと木下惠介「父子草」と!

「アリスさん!父子草はどんな映画だったのですか?」

「うさぎのラビットさん!」ガード下で、おでん屋台を営業する小綺麗な女将(淡路恵子)とキッカー客(蹴り出して帰ってもらいたい客)の渥美清です。渥美清は石切り場で働く職人で、人生どこか投げやりです。そこに苦学しながら東大を目指す浪人生がやってきて、渥美と喧嘩相撲になります。

(取っ組み合いをする渥美と苦学生の石立鉄男)

女将はハラハラしますが、次の日も二人は取っ組み合いの喧嘩を始めます。学生をこき下ろす渥美に、女将は学生が苦労しているとたしなめます。屋台には父子草が飾ってあります。

(おでん屋台での渥美と、女将の淡路との掛け合い)

(父子草)

渥美は佐渡出身ですが、兵隊にとられ大陸に渡りますが、終戦になっても日本に返れず、シベリアに抑留されます。戦後5年たってやっと帰った佐渡には妻と子供が自分の弟と再婚して暮らしていました。死んだ者と思われ(英霊)となっていたのです。

その子供を浪人生の石立に重ね合わせ、石切り場で稼いだ金を受験費用として女将に託し、突っ返されないように消えます。石立は勉学に集中して合格します。この映画は皆が愛に包まれていました。愛の競争です。これが名作として伝わっていることに、本当に良かったと思いました。時間のある人は是非見てください。

「アリスさん!私も是非見てみます。

私は今、話題沸騰中の尾畑春夫さんを調べました。尾畑さんは小学校5年生の時、母親が他界します。7人兄弟の4番目で、父親は下駄職人でしたが、下駄からゴム靴に変わっていく時代の為、仕事は減る一方で困窮します。中学に入ると、魚屋へ奉公に出されます。中学には4か月しか行けず、父親を恨みますが、諦めの境地からか、人生こんなものだと何かを悟り、その時の経験が後の尾畑さんを作り上げる土台となるのです。父親への恨みは感謝の念に変わったと言います。

魚屋の開店資金を得るために、土木、トビの仕事につき、その時の経験が現在のボランティアに役立っているのです。やがて28才で魚屋を開業し、結婚して子供も授かります。鮮魚店は流行りますが、65才の時、惜しまれながら閉店し、ボランティア活動に専念するのです。今、尾畑さんが行くところ、沢山の人が老若男女を問わず集まります。格言のような言葉を書いてくれるのだそうです。それを載せておきます。

格言その1
たまがるほどの元気
たまがるほどの笑顔
たまがるほどの愛情
たまがるほどのまごころ
たまがるほどの幸せ
たまがるとは大分弁で「驚く、びっくりする」という意味らしい。
転じて、一杯とか、沢山のといった意味を含むとか。

格言その2
人生は山坂多い旅の道
還暦 六十才でお迎えが来たときは人生ただいま留守と云え
古希 七十才でお迎えが来たときはまだまだ早いと云え
喜寿 七十七才でお迎えが来たときはせくな老後これからよと云え
傘寿 八十才でお迎えが来たときはなんのまだまだ役に立つと云え
米寿 八十八才でお迎えが来たときはもう少しお米を食べてからと云え
卒寿 九十才でお迎えが来たときはそう急がずともよいと云え
白寿 九十九才でお迎えが来たときは頃を見てこちらからボトボツ行くと云え

https://danalog.hamazo.tv/e8188017.html

(情熱大陸での尾畑さんの動画)

 

「うさぎのラビットさん!」私は尾畑さんから沢山の元気と勇気を貰いました。欲を言うと、私の願いは尾畑さんが神様につながってくださることです。尾畑さんのような人が神様につながってくれたなら、どれほど多くの人が救われるでしょうか!!

今、日本はどんどん暗い世相に包まれています。尾畑さんのような人が次々と現れ、(父子草)のように愛の競争社会が出来上がれば、本当に素晴らしいと思います。神様への道は本当に厳しいものです。それでも尾畑さんや渥美清さんのような人はいるのです。日本も捨てたもんではないですね!

 

 

カルトはサタンに主管された世界のことだ⁉

「アリスさん!今、私たちはサタンの主管圏にいます。神様の主管圏にはいないのです。人間の力を4とすると、サタンは6。神様は7です。人間はサタンにはどうあがいても勝てませんでした。特にルシアは芸術に秀でていて、魅力があります。ですからルシファーとなったサタンの誘惑は凄いものがあって、とても人間が叶うものではありません。」

(誘惑のビーナス)

「うさぎのラビットさん!」今、芸能界が日本人に大きな影響力をしめているのは、そのためでしょうか?

「アリスさん!もちろん芸能界ばかりではありません。この世界はサタンに魂を奪い取られた人間サタン共が、自分の利益の為なら何でもしています。人工地震を起こそうが、戦争を起そうが、何の罪悪感も感じていません。それはサタンを崇め、生贄を差し出し、その代わりにサタンから人間では思いつかない悪知恵を貰って、実行しているのです。」

「うさぎのラビットさん!」それは悪魔崇拝という事ですね。

「アリスさん!その通りです。日航123便の事件。3・11の人工地震。北海道や熊本の人工地震。拉致問題の大嘘。原発、原爆、ガンも存在しないこと。人間には到底考え出せない陰謀を、サタンから悪知恵を貰って実行してきたのです。」

「うさぎのラビットさん!」私はそれを知って人間サタン共の滅びを祈ってきました。なぜなら6の位のサタンを滅ぼせるのは、7の神様しかいないからです。

「アリスさん!その通りです。祈りは神様と疎通する唯一の方法です。実はイエス様が出現されてから、2000年以上の長い年月を隔てて、この日本に神様のレベルに達した人がいます。その人が祈りによってルシファーを一線から退去させました。

今、世界では悪魔崇拝をしてサタンに頼ってきたイルミナティー共がどんどん裁かれています。頂点に立っていた天皇が生前退位し、皇太子が新天皇に即位しますが、秋篠家との確執はひどくなる一方です。皇室の権威も随分地に落ちました。経済界もどんどん裁かれます、ゾゾタウンの利益下方修正。原発売り込みの失敗。麻生太郎の圧力により、厚労省のアベノミクスの失敗を隠したつもりがバレました。安倍晋三も誰もが分かる嘘を平気でついています。わずかの期間に神様の予定通り裁きが起きています。」

「うさぎのラビットさん!」私はこの期間に御言葉を集中的に聞いていました。そしてカルト宗教をしている人たちが、何故あんなに暗い顔をしているのだろう?と不思議でした。その答えが御言葉にありました。カルトはサタンです。サタンには愛は全くありません。それでも彼らは辻に立ち、家々を訪問して勧誘をしています。一体何故彼らはあんなに熱心にやるのでしょう?

彼らの原動力は罪悪感だと神様は教えてくださいました。その団体の中で上から指示されたことを実行することが正しくて、もし自分の意見を言おうものなら、周囲の仲間から一斉に非難を浴びます。そして寄付を強要され、それは神の意志だと脅かされるのです。彼らに心からの喜びはありません。教理も(戦争は絶対必要!)など子供でも間違いと分かるのに、それに気づきません。

「アリスさん!この世界はすべてそのカルトと同じ仕組みでできています。会社に入れば利益追求のみ考える人間に!寺や神社に行けば賽銭や寄付をすれば願いが叶うと誘われます。何の努力もしないで棚から牡丹餅が落ちてくるわけはないでしょう!」

「うさぎのラビットさん!」叔父の知り合いで定年退職になった人が、自治会の役員を押し付けられたと頭を抱えていました。会合に出て行っても、小田原評定のように遅々として会議が進まず、結局又次回集まって相談!とはたから見ても時間の浪費としか思えない様子です。それでも近所の体裁を考えて出ていくのです。

「アリスさん!神様は2023年にはイルミナティ―を滅ぼすと仰ってくださいます。戯言とせせら笑っている人はその時になって慌てないように!」