厳しくなる来年を、喜びを持って乗り切るために!

「アリスさん!年末にかけて神様はイルミナティ―への裁きを加速すると何度も言ってきました。

神様の裁きとは、何も個人の命を奪ったり、病気にしたりすることだけではありません。神様はサタンが暴れるのを許諾すると仰っていますが、それはサタンを使ってサタンを倒すことを意味しているのです。先日のブログで、麻生太郎に散々苛められていた福岡県知事が来年の県知事選に出馬の意向を示すと、福岡で絶大な権力を持つ麻生太郎が反発。それに菅官房長官が反発して、安倍内閣に亀裂が走っています。その記事を再度貼っておきます。

(犬猿の仲の麻生と菅)

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/244050

(安倍政権内の力学に異変・・・福岡知事選で ‟菅vs麻生”の対立激化)

このブログでは詳しく紹介してきませんでしたが、麻生太郎はイルミナティ―の中心人物です。これを分かりやすく説明したブログがあります。これを読むと日本の裏側がすべて見えてきます。是非読んでください。

RAPT×読者対談〈第125弾〉どこからどう陰謀論を語っても全て「麻生太郎」につながるという現実。

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

http://bunshun.jp/articles/-/6621

(佐川が、佐川が、佐川が・・・責任を下に押し付ける安倍、麻生の醜態)文春オンラインより。

(あれ?麻生太郎は籠池氏など知らないと言っていましたね。)右側は籠池の娘さんでしょうか?

「アリスさん!悪党どもの話は気分の悪くなるものですが、神様は光の人です。サタンは闇です。サタンは1から10まで人間を徹底的に壊す事しか考えていません。そのサタンに魂を乗っ取られた人間は、すでに人間サタンになっているのだと話してきました。彼らに説教や人間の道徳など一切効き目はありません。彼らは闇に住んでいます。ですから真実を明らかにしていくと、彼らが今までは平気でやれたことが、できなくなったり、できにくくなったりします。これが神様の裁きの一種です。

「うさぎのラビットさん!」麻生太郎と言えば、娘がイルミナティ―のロスチャイルド家に嫁いでいます。綾子さんと言うのだそうですが、私は知りませんでした。そのロスチャイルドはボリビアで国民から搾取して、超え膨らんできました。そのボリビアでロスチャイルド系の銀行が追放になっています。これは麻生太郎にとっても大変な痛手です。その記事を貼っておきます。

https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12266957088.html

(ボリビアはロスチャイルドの銀行を追放する南米初の国になる。)

「アリスさん!年末にきて、日経株価が大幅に下がりました。何とか二万円台は維持したようですが、このことについても以前のブログで書きました。

https://www.nikkei.com/article/DGXLAS3LTSEC1_28122018000000/

(日経平均大引け 反落 62円安、利益確定売りで2万円台は維持)

さてアリスさん!今度の年末の株価急落は、ニューヨーク株式の急落を原因に・・・。という事になっています。でも変だとは思いませんか?私は個人のディーラーを知っていますが、ニューヨークダウの値動きで、日本株が連動していると言うのです。株式に詳しい人達も、こぞってそれを言います。又、日銀短観と言うものが発表されますが、景気動向を示唆しているものだそうです。その二つだけで、株価が変動するのではありませんが、大きな要因であることは確かです。ニューヨークダウは確かに日本より半日ほど早く結果が出ますから、それを見て売り買いしている人もいるでしょう。しかし、個人投資家の売買はしれています。日経の株価を左右するものではありません。それでは一体だれが・・・!

(ニューヨーク証券取引所)

(日本の証券取引所)

「うさぎのラビットさん!」それは私も関心があります。以前、イギリスにツアー旅行に行ったとき、お金に余裕のある人たちも一緒でした。その人たちの話を聞くと、株をやっている人が多かったのです。そしてその人たちは決まったようにこう言いました。(その程度の損なら大したことないわよ!)つまり、株をやっても、ほとんど皆、損切をしていたのです。たまに株で儲けた人の話も聞きますが、本やテレビでは聞くものの、私の知る範囲ではいません。

「アリスさん!ここに一つの面白い記事があります。

https://diamond.jp/articles/-/142941?page=2

(日銀が「大株主」になる企業ランキング100社。3位太陽誘電。2位ファーストリテイリング、1位は?)

という記事です。ファーストリテイリングはユニクロの親会社です。本社は山口県山口市佐山です。ユニクロですね。

これを見ると、日銀が日本の多くの企業の大株主になっているのが分かります。ユニクロなどは後4年先の2022年には日銀が99・2%の間接浮動株を持っていることになります。

「うさぎのラビットさん!」待ってください!そうすると日本株の上げ下げを引っ張っているのは日本銀行という事でしょうか?

「アリスさん!その可能性は十分考えられます。私も時々日銀短観なるものを読むのですが、ただの一度も理解したことがありません。もしその理論が正しいとしたならば、当の昔に物価目標を達成し、我々は生活が楽になっていたはずです。安倍は日銀総裁に黒田を据えて、金融緩和をし続けています。つまり金を刷りまくっているのです。その膨大な金は一体どこに?つけは我々国民が払わされることになります。そして連中の思惑通り、日本の二極化はさらに進み、国民は奴隷状態になるでしょう。

「うさぎのラビットさん!」どおりで黒田は大邸宅を東京に建てられるはずですね!安倍もゴルフに興じていますね。

アベノミクスを言い始めた時は、日本国民の大半が、それに期待し、塞がれた出口に活路を見い出したものです。ところが、今や安倍も麻生も人間サタン丸出しですね。これが裁かれないわけがありません!

「アリスさん!最後にもう一つ話さなければならないことがあります。日本銀行はれっきとした民間銀行です。株も発行しています。その株主は誰だか知っていますか?」

「うさぎのラビットさん!」それは皇室ですね。以前このブログでも取り上げたことがあります。蔵の守という名義で買っています。日銀は世界一の株保有者になろうとしています。来年は天皇生前退位に伴って、皇太子が新天皇になり、大嘗祭が行われますね。

「アリスさん!その大嘗祭ですが、とても国民の安寧などと呼べるものではありません。詳しく調べたブログがありますから、参考にしてください。

天皇が行う「大嘗祭」はまさに悪魔崇拝そのものです。

アリスさん!いよいよ今年も終わります。この世界はサタン共が最後の悪あがきで、まだ暴れるでしょう。そしていつでも被害を被るのは私たち国民です。どうか一人でも多くの人がそのことに目覚めて、神様につながって欲しいと心から願っています。」

「うさぎのラビットさん!」私は聖書の最後に神様の啓示を受けたヨハネが書いたヨハネの黙示録を掲載して、今年を締めくくりたいと思います。どうぞ一人でも多くの人が目覚めて、聖霊を浴びて、どんな時でもこころに喜びと平和と希望があふれますように!

(以下引用)

現在、世界は混沌として闇に覆われています。
ごく一部の少数エリートたちが自らの都合の良いように陰謀を企み、
世界各地で様々な悪事を行っているからです。
彼らの犯罪行為はとどまることを知らず、
世界は彼らの食い物にされていると言っても過言ではありません。
彼らの悪事を根絶しない限り、世界から戦争も犯罪もなくならないでしょう。
しかし、こんなことを言っても、
人によってはただの戯言にしか聞こえないかも知れません。
大手メディアがこういったことを一切報道しないからです。
私たち日本人は完全にメディアに騙され、真実を知らされないでいるのです。
そんな現状を打破すべく、
私たちRAPTが世界の隠された真実を語り、歌いつづけます。

(以下神様の言葉です)

〜ヨハネの黙示録第18章より〜

この後、わたしは、もうひとりの御使が、
大いなる権威を持って、天から降りて来るのを見た。
地は彼の栄光によって明るくされた。
彼は力強い声で叫んで言った、
「倒れた、大いなるバビロンは倒れた。
そして、それは悪魔の住む所、あらゆる汚れた霊の巣くつ、
また、あらゆる汚れた憎むべき鳥の巣くつとなった。
すべての国民は、彼女の姦淫に対する激しい怒りのぶどう酒を飲み、
地の王たちは彼女と姦淫を行い、地上の商人たちは、
彼女の極度のぜいたくによって富を得たからである」。
わたしはまた、もうひとつの声が天から出るのを聞いた、
「わたしの民よ。彼女から離れ去って、その罪にあずからないようにし、
その災害に巻き込まれないようにせよ。
彼女の罪は積り積って天に達しており、
神はその不義の行いを覚えておられる。
彼女がしたとおりに彼女にし返し、
そのしわざに応じて二倍に報復をし、
彼女が混ぜて入れた杯の中に、その倍の量を、入れてやれ。
彼女が自ら高ぶり、ぜいたくをほしいままにしたので、
それに対して、同じほどの苦しみと悲しみとを味わわせてやれ。
彼女は心の中で『わたしは女王の位についている者であって、
やもめではないのだから、悲しみを知らない』と言っている。
それゆえ、さまざまの災害が、死と悲しみとききんとが、
一日のうちに彼女を襲い、そして、彼女は火で焼かれてしまう。
彼女をさばく主なる神は、力強いかたなのである。
彼女と姦淫を行い、ぜいたくをほしいままにしていた地の王たちは、
彼女が焼かれる火の煙を見て、彼女のために胸を打って泣き悲しみ、
彼女の苦しみに恐れをいだき、遠くに立って言うであろう、
『ああ、わざわいだ、大いなる都、不落の都、バビロンは、わざわいだ。
おまえに対するさばきは、一瞬にしてきた』。
また、地の商人たちも彼女のために泣き悲しむ。
もはや、彼らの商品を買う者が、ひとりもないからである。
その商品は、金、銀、宝石、真珠、麻布、紫布、絹、緋布、
各種の香木、各種の象牙細工、高価な木材、銅、鉄、大理石などの器、
肉桂、香料、香、におい油、乳香、ぶどう酒、オリブ油、麦粉、麦、
牛、羊、馬、車、奴隷、そして人身などである。
おまえの心の喜びであったくだものはなくなり、
あらゆるはでな、はなやかな物はおまえから消え去った。
それらのものはもはや見られない。
これらの品々を売って、彼女から富を得た商人は、
彼女の苦しみに恐れをいだいて遠くに立ち、泣き悲しんで言う、
『ああ、わざわいだ、麻布と紫布と緋布をまとい、
金や宝石や真珠で身を飾っていた大いなる都は、わざわいだ。
これほどの富が、一瞬にして無に帰してしまうとは』。
また、すべての船長、航海者、水夫、すべて海で働いている人たちは、
遠くに立ち、彼女が焼かれる火の煙を見て、叫んで言う、
『これほどの大いなる都は、どこにあろう』。
彼らは頭にちりをかぶり、泣き悲しんで叫ぶ、
『ああ、わざわいだ、この大いなる都は、わざわいだ。
そのおごりによって、海に舟を持つすべての人が富を得ていたのに、
この都も一瞬にして無に帰してしまった』。
天よ、聖徒たちよ、使徒たちよ、預言者たちよ。
この都について大いに喜べ。
神は、あなたがたのために、この都をさばかれたのである」。
すると、ひとりの力強い御使が、大きなひきうすのような石を持ちあげ、
それを海に投げ込んで言った、
「大いなる都バビロンは、このように激しく打ち倒され、
そして、全く姿を消してしまう。
また、おまえの中では、立琴をひく者、歌を歌う者、
笛を吹く者、ラッパを吹き鳴らす者の楽の音は全く聞かれず、
あらゆる仕事の職人たちも全く姿を消し、また、ひきうすの音も、全く聞かれない。
また、おまえの中では、あかりもともされず、花婿、花嫁の声も聞かれない。
というのは、おまえの商人たちは地上で勢力を張る者となり、
すべての国民はおまえのまじないでだまされ、
また、預言者や聖徒の血、さらに、地上で殺されたすべての者の血が、
この都で流されたからである」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です