「種をまく人」のたとえ。(マルコによる福音書4章)

「アリスさん!聖書を知らない人のために、マルコの福音書の4章を書いておきます。

イエスは、再び湖のほとりで教え始められた。おびただしい群衆が、そばに集まってきた。そこで、イエスは舟に乗って腰を下ろし、湖の上におられたが、群衆は皆、湖畔にいた。

イエスはたとえでいろいろと教えられ、その中で次のように言われた。

「よく聞きなさい。種をまく人が種まきに出ていった。撒いている間に、ある種は道端に落ち、鳥が来て食べてしまった。ほかの種は、石だらけで土の少ない所に落ち、そこは土が浅いのですぐ芽を出した。しかし、日が昇ると焼けて、根がないために枯れてしまった。

ほかの種は茨(いばら)の中に落ちた。すると茨が伸びて覆いふさいだので、実を結ばなかった。また、ほかの種は良い土地に落ち、芽生え、育って実を結び、あるものは30倍、あるものは60倍、あるものは100倍にもなった。」

そして、「聞く耳のある者は聞きなさい」と言われた。

「アリスさん!イエス様は群衆に向かってこのように例えを用いて話されました。そしてそのたとえを次のように説明なさいました。」

また、イエスは言われた。「このたとえが分からないのか。では、どうしてほかのたとえが理解できるだけだろうか

種をまく人は、神の言葉を蒔くのである。道端のものとは、こういう人たちである。そこに御言葉(みことば)が蒔かれ、それを聞いても、すぐにサタンが来て、彼らに蒔かれた種を奪い去る。

石だらけの所に蒔かれるものとは、こういう人たちである。御言葉を聞くとすぐ喜んで受け入れるが、自分には根がないので、しばらくは続いても、後で御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまづいてしまう。

また、他の人たちは茨の中に蒔かれるものである。この人たちは御言葉を聞くが、この世の思い煩いや富の誘惑、その他いろいろな欲望が心に入り込み、御言葉を覆いふさいで実らない。

 

良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて受け入れる人たちであり、ある者は30倍、ある者は60倍、ある者は100倍の実を結ぶのである。」

「アリスさん!年の終わりに向けて、サタンは裁かれ、義人は祝福を受けると神様は仰ってくださいました。神様は御言葉の中で、第一に神様を愛しなさい!そして心と思いと精神を尽くしなさい!といつも仰っています。今年も本当に沢山の御言葉が出ました。アリスさん!あなたはどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」私はこの暮れにきて、自分が裁かれるのか、祝福されるのか正直よく分かりませんでした。しかし、お祈りをしていて沢山の悟りがありました。そして大事なことは、いつも聖霊に包まれていることだよ!と教えていただきました。

神様は年末になって、個性と才能を伸ばしなさい!とも言われました。私は人脈もなければ、富も名誉もありません。私が世に出るにしても私には神様しかいないのです。その時、神様は最も早く、そして失敗のない教えを悟らせてくださいました。絶対に失敗しない道・・・。もしその道が神様の導く道でないのなら、自然と自分から聖霊が去っていくと言うのです。

それでは聖霊が去っていくとはどういう事でしょうか?と訊ねると、それは自分の中から喜びと平和と希望が消えていくことだと仰いました。聖霊に満たされていないとそれは分かりません。ですから日頃から聖霊に包まれる生活をして、喜びと平和と希望がこころを満たしていないとだめですよ!とも教えてくださいました。神様抜きではそれは絶対に成就しません。

ですから、大きな希望を持って道を歩いていくのなら、聖霊が共にしているかどうかで、正しい道が分かると教えていただきました。私はこれこそが祝福だと確信しています。

「アリスさん!このことをわかる人は残念ながら非常に少ないのが現実です。神様が来年からも、この日本始め、世界が依然として厳しい状態にあるのを許諾しているのは、私たち人間がそのことに気が付くのを待っていて下さるのです。アリスさん!先日もこのブログで話しましたが、決して心をかたくなにしないで、御言葉通りに生きられるようにしてください。」