阿片と自民党。

「アリスさん!阿片!と言われてどんなイメージですか?」

「うさぎのラビットさん!」やっぱり覚せい剤のようなものでしょうか?空港のチェックで乾燥大麻が密輸される所だった!とか。有名な俳優が薬物中毒で逮捕された!とか。でもその一方で、医療用に麻酔を使うとき、モルヒネを使うなどと言いますよね。それから天皇が即位する時、大嘗祭でしたっけ?その時に着る服は確か麻からできていると聞きました。

「アリスさん!よく知っていますね。私も詳しくは知らなかったので、調べてみました。     

(上の写真がケシの実です。下はケシの花ですね。)

未熟なケシの実に傷をつけると乳液がにじみ出てきます。それを乾燥させたものが(阿片)です。阿片に含まれるモルヒネは沈痛・鎮静・催眠・快楽をもたらします。痛みの酷い末期のガン患者(実際は抗がん剤でやられていますが・・)に使用されます。連用すると中毒、常用しないと禁断症状で苦しむことになります。ヘロインはこのモルヒネにアセチルを化合したもので、薬効・中毒作用はさらに強まります。中毒になると、増量して使用しないと禁断症状で死に至ります。常用すれば衰弱して死に至る恐ろしい薬物です。」


(安倍明恵さんはケシ畑を持って、大麻を宣伝しています。一体何故?)

「うさぎのラビットさん!」以前、友達の女性の幼い娘さんが、小児ガンにかかった話をしました。その時、抗がん剤治療をして、物凄い苦痛を受けていました。あまりの苦しみにモルヒネを投与したことがあると聞きました。すると娘さんは、即座に眠りに入ったのですが、その後、苦痛は増すばかりで、幼い娘さんは、名前も分からないその薬を打ってほしいとせがんだそうです。その時のブログを張り付けておきます。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12409938632.html

「アリスさん!医療用と言ってはいますが、抗がん剤という毒を与え、今度はモルヒネという別の毒を与えるのですね。」

「うさぎのラビットさん!」知ってか知らずか、医者がこんな理不尽なことをよくもできますね!

「アリスさん!日本軍は中国大陸で酷い行状をしてきました。阿片が中毒を起こし、死に至らしめるという事は分かりました。この阿片を商売に利用し、ぼろ儲けをした国がイギリスとオランダです。1840年にイギリスは中国(清王朝)が阿片の密輸を禁じたのに腹を立て、アヘン戦争を起こします。中国は敗北し、イギリスの阿片による毒牙は、益々中国民衆を蝕んでいきます。欧米列強は不平等条約を強要。清王朝は阿片亡国・植民地化の危機に立たされます。阿片中毒のあまりの酷さに、1912年のハーグ条約、1925年のジュネーブ阿片条約ができますが、それは有名無実なものでした。列強各国は阿片密輸でぼろ儲けをします。そこに日本も加わっていきます。

(阿片中毒の中国民衆)

世界各地の退廃的なアヘン中毒者たちを記録した100年前の写真

内務省の後藤新平の指示で、日本はケシ栽培に取り組みます。その期待に応えて大阪の二反長音蔵(にたんおさ おとぞう)と言う人物がモルヒネの純度の高いケシ栽培に成功します。遼東半島・山東半島・満州・上海租界地では、日本陸海軍の特務部が治外法権を利用して、公然と阿片密売を勧めます。医療目的、中毒解消などの目的は全く無視されて、阿片による利益のみを追求していきます。陸海軍の手先となって活躍したのが、笹川良一・児玉誉士夫です。

(満州とは)

日本の占領地は拡大し、阿片を売る商人が、儲け話に飛びつきます。彼らは阿片を売るときに、日の丸を掲げて販売しました。阿片に群がる中国人が、日の丸を阿片販売の商標と思っていたという笑えない話も多数残っています。

阿片・麻薬の需要は拡大。三井物産・三菱商事がドイツ・イラン・トルコ・シンガポールの阿片・麻薬を一手に輸入していました。イギリス・フランスによって、東南アジアにも阿片の弊害は拡大していきます。アメリカ・イギリスに代わって、日本は大東亜共栄圏ならぬ大東亜阿片圏を作り上げるのです。三井物産・三菱商事の阿片船がアジアを往来するのです。

「うさぎのラビットさん!」一体この無茶苦茶な話はどこまで続くのですか?

「アリスさん!まだまだです。1939年4月、陸軍省軍事課長、岩畔豪雄を中心に、三井・三菱・大倉財閥の出資で、満州に(昭和通商)という商社が作られます。主な業務は阿片密売です。その実働部隊に後の総理大臣になった4人の男がいます。岸信介・佐藤栄作・池田勇人・吉田茂です。右翼の大物とされた児玉誉士夫などは、阿片売買においては(小物)であり、4人の首相が阿片売買の中心にいたのです。以前、このブログで東京裁判で有罪判決になったものの、東条英機が処刑された翌日に釈放された岸信介の話をしました。彼らはこうして莫大な資金を得て、自民党を作り上げるのです。

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12389484175.html

(このどこまでも深い日本の闇)

「うさぎのラビットさん!」安倍晋三の祖父が岸信介。麻生太郎の祖父は吉田茂。佐藤栄作は安倍晋三の大叔父ですね。今もその時の政治構造と全く変わっていませんね。これが私たちの国のトップなのでしょうか・・・。

「アリスさん!この構造はずーっと昔、室町時代、いいえもっと前の平安時代からかもしれません。真実をもっともっと明らかにしていきましょう。」