このどこまでも深い日本の闇。その3

「アリスさん!地震兵器の禁止条約は正式には(環境改変技術の軍事的使用その他の敵対的使用の禁止に関する条約)という長い名前がついています。簡単に言うと、(地震、台風、津波などを人工的に起こして、軍事目的で使用してはいけない!)という事です。もし地震や台風の進路変更、津波が人工的に起こせないのなら、この条約が成り立つわけはないのです。

以前にも、人工地震と自然地震の波形が違うという図を載せましたが、再度掲載しておきます。

米ソが競い合った地震兵器が1970年代に国際問題になります。1976年12月10日の第30回国連総会で、この条約は多数決で採択されます。つまり、人工地震は国連が承認する(公認技術)なのです。日本も1982年に承認します。東日本大震災は2011年3月11日に起きます。と言うか人工地震ですので(起こしました!)と言うのが正しい表現かと思います。その年の(2011年)の7月に浜田和幸議員が国会答弁で答えています。(地震兵器はアメリカに限らず、ロシアも中国も多くの国が取り組んできたのは事実。人工的に地震や津波を起せるのは、国際政治、軍事上における常識です。)と明言しています。その時の動画を張り付けておきます。

ここに条約をサインし、同時に証言をしている人たちをまとめておきます。

チャベス大統領(ハイチ地震は米国の人工地震であった。)

アメリカ、ラトガース大学 アラン・ロボック教授 (私は気候を操作する部署にいる。ベトナム戦争でも5年間気象兵器が使用された。)

スイス法務局・・・(人工地震を起こした容疑で逮捕。裁判)

アンカラ市長=トルコ (今回の地震は外国勢力だ)

掘削船ちきゅう号技術者 安倍剛氏 (ちきゅう号は人工地震を発生させる為のもの・・犯罪でなく実験で)このビデオを貼っておきます。

麒麟地震研究所(地底の掘削だけで、地震が発生する)

(「ちきゅう号」が掘った位置と、2016年4月1日の三重県南東沖地震の震源地がほぼ一緒)そのブログ↓

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-2564.html

ミネソタ州 J・ベンチェラ知事(人工地震は米国の仕業)

https://ja.wikipedia.org/wiki/気象兵器

さて日本ですが、戦前の1935年から1992年までは日本のテレビ、新聞で人工地震について日常的に報道されていました。

1984年3月12日付の読売新聞朝刊23面の記事です。人工地震が大きすぎたために、新幹線のダイヤが乱れたと報じています。以下は戦前から熊本地震に到るまでの人工地震の歴史です。

(人工地震の歴史)

1930年代に米国のNテスラ博士が、地震兵器の理論を確立。
1935 読売新聞6/1「至極かんたんな設備」
1936 読売新聞6/23「もの凄い人工地震、青山博士ら凱旋
1938 東京で人工地震を実験した日2/19
読売新聞2/18「明日、珍しい人工地震の実験」
1941 玄界灘で人工地震実験5/5
読売新聞5/6 「玄界灘で人工地震実験」
1945年1月9日読売新聞「アメリカが、人工地震を研究中」
その4日後1/13
 米軍が愛知で人工地震=三河地震M6.8

1953 釜石市で人工地震実験9/12
読売新聞9/13「人工地震で9名がガス中毒」
1955 朝日新聞9/21「原爆をつかった人工地震計画」
1956 茨城で人工地震実験12/4
読売新聞12/5「最大の人工地震に成功」
1957 茨城で人工地震(震度5)8/25
読売新聞8/16「震度5で大成功、人工地震」
9/14米ネバダ州で原爆で地震実験
1958 白川村で人工地震6/17
読売新聞6/17「人工地震で落盤、30人が生き埋め」
1961 新潟で人工地震11/9
読売新聞11/10 「深夜の人工地震、新潟」
1965 東北沖で海洋地震を実験
読売新聞3/31「注目の海洋実験」
1961 携帯型の核=直径27cm×長40cm=23kg
1968 米ネバダ州で1/19、地下366mで水爆実験
1971 米国が地下核実験でM7.0を記録。
1973 ソ連が地下核実験でM6.9を記録。
1973 読売新聞8/30「たまった歪を人工地震で発散」
1975 読売新聞6/18「気象兵器で米ソ交渉、禁止話し合う」
読売新聞6/20「恐るべき気象破壊兵器、米ソで研究」
1974 米ソ共同声明で公式に「地震兵器は止めよう」
1976 12/10第31回の国連で採択、
「環境改変兵器:禁止条約」反対31:賛72国
1977 「環境改変兵器:禁止条約」に、
世界121ヶ国が批准し現在に至る。

1977年の日本政府の「外交青書」にも記述。
1982年 6月4日この条約を国会承認。全文。
1982年 6月9日から公布(条約第7号)全文。
1980 米ネバダ州で7月と6月に地下核実験
1981 ソ連カザフスタンで9月と12月地下核実験
1984 小田原で人工地震の実験3/11
読売新聞3/12  「人工地震大き過ぎた、震度1の予定が4~5新幹線のダイヤ乱れる」
1991 米でHARRP技術が確立。(単純な地下爆弾の域を超えて、地中に穴なしで地震の誘発が可能に

1992年~米国から日本に報道禁止令か?

1991年 ロシア軍少将「遠隔地から」人工地震。
1997年 米国防総省の長官まで「遠隔」地震。
1995 1/17阪神淡路M7.3、震度7、※、※、

2004 10/23新潟中越M6.8、震度7
2004 12/26スマトラ沖M9.1、※、

北朝鮮…地下核実験。
米国…メタンハイドレードも地下10kmで水爆
2008 5/12中国四川M8.0、※、
2010 1/12ハイチ地震M7、※、
2011 3/11東日本大震災M9、震度7
2016 3/14熊本地震M6.5、

「アリスさん!これが人工地震の歴史です。」

「うさぎのラビットさん!」今、南海トラフの地震を、政府は今か今かと煽っています。一体、日本の海や地面はどうなっているのでしょう?

「アリスさん!すでに、戦後70年も掘り続けていますから、日本の海底には数百か所。国土では数千か所に及んでいるはずです。日本は海底も国土も穴だらけの状態で、いつどこでも人工地震を起こせる体制になっています。犯人は自民党政府であることに間違いはありません!最後にこのブログを張り付けておきますので、見損なっている人は是非見てください。

TALK RADIO 〈Vol.10〉 北海道地震と大阪地震は100%人工地震である。 (真犯人は麻生太郎・安倍晋三・東出融)

今日はアリスさんの従姉妹さんの疑問を解くために、人工地震の話になってしまいました。次回は戦前に大陸に渡っていった悪党どもが、中国人をアヘン漬けにして、ぼろ儲けをした莫大な資金を元に、戦後の自民党を作った話をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です