強欲な者、姦通する者、男娼、男色をする者などは神の国には入れない!

「アリスさん!まず 政府がこの問題をどのように 取り扱おうとしているのか、考えてみます。

2014年の5月27日、都内でLGBTなど性的少数者の祭典、(東京レインボーブライド)に首相夫人の安倍明恵氏が参加し、性的少数者を支援しました。上の写真はその時のパレードで手を振る安倍明恵氏のものです。詳しくは以下のブログを是非参照してください。

日本政府が性的倒錯を奨励。首相夫人、華やかなパレードでイメージ操作を促す。

さらに このパレードと同じ年の2014年の10月に杉田水脈議員の国会発言がありました。(LGBTは生産性がない!)の発言を新潮社が取り上げたことにより、問題が拡大しました。(五体不満足)の著者 乙武洋匡さんも新潮社に対し、これは障害者差別だ!と言っていました。」

「うさぎのラビットさん!」私は人気テレビ番組の(3年B組金八先生)で、上戸彩演じる 鶴本直という人物が性同一性障害での問題で悩みます。体は女性なのに心は男性・・という役をやっていたのが印象的でした。初めて聞く性同一性障害という言葉にうろたえたものです。その番組は平成13年のものです。あれから17年の間に、世間の反応はすっかり変わりました。テレビのバラエティーには必ずと言っていいほど、ホモやレズを自称する人たちが出ています。

私はテレビをめったに観ませんが、それでも何かの時にテレビを映すと、 一目でその手の人たちは分かります。そして必ず意見をします。その様子は(私の意見は天の声!)と言うようにも聞こえます。いつからこんな風になったんでしょうか?

「アリスさん!この国は日本会議に席巻され、その日本会議は生長の家と密接な関係にあると話してきました。日本会議は以下のメンバーで構成されています。

ご覧のように特別顧問には安倍晋三、麻生太郎が名を連ねています。まさに現内閣の中枢です。先日の投稿で、安倍晋三始め新藤義孝・城内実・稲田朋美・櫻井よしこなどの極右の連中が、憲法を変え国民から基本的人権、平和主義、国民主権を削除して天皇中心の国体を作ると意気込んでいました。再度このビデオを張り付けておきます。

「アリスさん!日本会議の理論的支柱は、生長の家にあると話してきました。生長の家の創始者、 谷口雅春は大本教にどっぷりとつかり、その教義を踏襲。戦後 大本弾圧の中、大本教を出て生長の家を立ち上げます。しかしこの大本教の教祖、出口王仁三郎はホモでした。さらには谷口雅春自身も公にできない異性の罪を沢山背負っています。以下の文章は谷口雅春の過去を暴いた記事です。

(転載記事)
「20歳の時に17歳の前科もちの娘の房江と同棲することになり、妊娠、流産騒ぎをおこし、支援をしていた石津家からも見放され、警察沙汰となった。
この一連の騒動により、娘の房江は親元の借金のかたとして台湾の芸者として売り飛ばされ、谷口は大学で常に首席の優等生であったが、中退せざるをえなくなった。
大阪の摂津紡績で技術工として働くが、二人の女性問題が絡んで再び転落する。
妓楼で性病に罹患してしまい、他の女性へもそれを移したと思い込み苦悶する。
「遠隔から彼女を治すことができないか」と考えたのがきっかけで、心霊療法や催眠術に関心を持つ。
このような零落な人生に対し、失われた自己の尊厳の回復を求めていた時に、大本教を知り京都府綾部を訪ね求道生活に入る。」

(転載記事ここまで)

こんなメチャクチャな過去があったんですね!

(女装する出口王仁三郎)

「うさぎのラビットさん!」ここまで話してきて、LGBTがホモ、レズなどの差別だなどの単純な問題ではないことが分かりました。宗教の教祖も、政治家もこの問題を持ち出すことによって、国民を堕落に陥れようとの作為さえ感じます。

新約聖書の(コリントの信徒への手紙)の中で、みだらな者・偶像を崇拝する者・姦通する者・男娼・男色をする者・泥棒・強欲な者・酒におぼれる者・人を悪く言う者・人の物を奪う者は決して神の国を受け継ぐことはできません。と書かれています。

神様は 今の事態に硫黄の雨を降らせて絶滅させた、ソドムやゴムラを見ていることでしょう。ひょっとしたらそれより酷い現代かもしれません。どうか 一人でも多くの人が救われますように!

水道事業民営化の危険!

「アリスさん!それでどうでした?」

「うさぎのラビットさん!」水は電気と共に、私たちにとって一番重要なものです。ひょっとしたら、電気より水の方が重要かもしれません。先日、Uチューブである動画を観ました。砂漠や、無人島でのサバイバル生活に挑戦している白人男性の体験です。まず生き延びるには、水を確保することです。それは誰にでも分かります。火を起こすには、少し技術がいります。でも生き死にが関係しているとなれば、皆必死で火を起こすと思いました。

私は日本百名山をすべて人力で踏破した、田中陽気さんがとても好きです。足の痛みや、アルプスが雪に閉ざされてしまわないうちに・・などの不安を抱えながらも頑張る姿に、エールを送っています。その彼が夏の暑さで、水が不足する事態に何度も出合います。水場を探して川まで下りて行ったり、残雪を見つけては氷を飲んだりします。水の大切さが改めて分かります。

(日本百名山を行く 田中陽気さん)

「うさぎのラビットさん!」次の動画を観てください。

この動画はアメリカにある、CSIS(戦略国際問題研究所)というシンクタンクで、麻生太郎が演説しています。(日本の水道事業を民営化するのでアメリカさん、よろしくね!)というアメリカ企業の儲け話のために、日本の水道事業を勝手に売ってしまおうという、本当に人を馬鹿にしたような動画です。国会の承認も何もなく、勝手に話してきたことです。

「アリスさん!この際ですから、麻生太郎の実像について話していきたいのですが、ここに麻生のことを正確に調べ上げたブログがあります。麻生に関するブログは、これ以外にもまだ何本もあるのですが、今日はこれを紹介しておきます。これを見ていくと、麻生太郎がまさにこの日本の中心人物であることが分かります。安倍晋三と共に、イルミナティ―の中心人物です。人間サタンです。」

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本

そういえば、何をいまさらと、(アベノミクスは改正が必要!)とIMFのクリスティーヌ・ラガルドを引き合いに出して、安倍晋三は握手していましたね。

ついでにIMFの正体もリンクを貼っておきます。ロスチャイルド、ロックフェラーなどの金融資本家たちの巣窟です。

http://pocopocohead.blogspot.com/p/imf_21.html

 

「アリスさん!良く調べました。聖書を読んで、神様と共にすると普段分からないことも教えていただけますね。」

どんなに艱難、苦難に会っても神様を信じて、生きてください!

「アリスさん!時系列に話をしてください。」

「うさぎのラビットさん!」彼女は娘さんが幼稚園児の時に、片目の異常を訴えます。網膜芽細胞腫という病気で、網膜に悪性腫瘍ができたために、眼球を摘出するという事態になりました。眼球の奥に私たちが見ている像を写す膜があります。眼球をカメラに例えると、レンズが眼球であるのに対し、網膜はそれを映し出すフィルムのようなものです。

その網膜に腫瘍ができる病気で、乳幼児に多いとされています。この病気は適正な手術を施せば、命に係わる病気ではありません。

https://ganjoho.jp/child/cancer/retinoblastoma/index.html

(網膜芽細胞腫=もうまくがさいぼうしゅ)

しかし、術後の処置が悪かったために、眼球を摘出した後、膿がたまり完治しませんでした。手術時の綿を眼球奥に置き忘れるなど、考えられないミスがありました。

術後、包帯をとって自分の片方の眼球がないのに気が付いた、娘の驚きと、悲しみは今でも忘れられないと言います。聞いている私でさえ頭が変になりそうでした。畳を手でさすって、自分の眼球を探し回ったと言います。

その後、娘さんは小児がんと診断され、半年間の入院生活を強いられます。抗がん剤治療が始まり、直に髪の毛が抜け始めます。当時小児病棟には10人前後の入院患者がいて、年齢も男女の区別もなく髪の毛は抜け落ちたとのことです。中には髪の毛をかきむしって、抜いてしまうお母さんもいたようです。毎日、抜ける精神的なショックを、少しでも和らげようとする母心だったのですね。

抗がん剤を投与されると、子供たちは皆、酷い吐き気に襲われ、食欲などあるはずもありません。中には高熱が出たり、とにかく大人でも大変きつい状態です。ましてや学校にも行っていない子供たちです。親たちは自分のこと以上に、辛い思いをしていたと思います。

先に入院していた子供が亡くなったりすると、ベッドが空になります。母親が泣いているのが聞こえると、明日は我が子か・・と堪らなく不安で、耳を塞いでいたと言います。

やがて、完治していないのに退院を促されます。主治医のカルテを持って、紹介された長野県の信州大学にセカンドオピニオンを聞きに行きます。その時、腰のあたりにある骨から、骨髄液を採取するのですが、麻酔をかけると後が大変だとの判断から、骨を割って骨髄液を取り出したそうです。その時の様子は、何人かの看護士が小さな娘さんを押さえつけて、骨を割り、注射で採取したのだそうです。病棟に響き渡る「ママ!助けて!助けて!」の声は今でも忘れられないと言います。

そして下された診断は「後、一年半の命だ」という事でした。帰りの中央線の中で、何も知らない娘さんを見ながら、涙が止まらなかったと言います。それからほぼ診断通りに、一年半後に娘さんは亡くなりました。

入院していた病棟の子供たちは、全員亡くなりました。保険が適用されたので、個人負担は少なかったものの、病院は潤ったでしょう。

ガンは存在しません!このことがもっと早く拡散していれば、娘さんの人生も大きく変わっていたでしょう。そして今また、ノーベル賞という権威をかさに、夢の新薬でも何でもない金儲けの抗がん剤をばらまこうとしています。抗がん剤は毒薬ですよ!こうして何度も何度も訴えているのに、届きません。

そのお母さんに、神様の話をしました。娘を亡くし、絶望の淵にいた人に(ガンは存在しませんよ!)と言うのは傷口に塩を塗るような行為です。ガンが存在しないと分かっても、娘を助けてやれなかったことが、後悔として残ります。でもやっぱり言わなくてはなりません。もう連中の好きにはさせませんよ!」

「アリスさん!凄いお話でした。不治の病としてガンを作り上げ、マスタードガスという毒薬から抗がん剤を作り、次々と人を殺していく今の医療制度。そのすべては金のためですね。

(国立がんセンター)を設立したのは、日本医師会の会長だった武見太郎です。

 

彼の系図は麻生太郎、そして皇室ともつながっています。


(日本医師会のロゴマーク=蛇はサタンを表しています)

「うさぎのラビットさん!」10月はその娘さんが亡くなった命日です。お母さんの方も聖書を読み、明け方のお祈りをしています。辛かったことを思い出すでしょうが、神様は必ず見ていてくださいます。悪党どもの滅びを願い、サタンに負けないように神様にお祈りしますね。

 

 

 

ノーベル賞は原発、ガンの嘘を煙に巻くための装置だ!

「アリスさん!ガンは存在しない!と何度も話をしてきました、今日は、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏が開発したとされる、オプジーボの話題を中心に話していきます。

(オプジーボ)

(ここからは転載)

(夢の新薬として登場したオプジーボは、承認時は特定のガンしか効果がないとされていながらも、現在は複数のガンに有効性が確認されているそうです。オプジーボが保険適用されるガン患者数は、2016年9月現在で10万人強と言われています。

患者の免疫機能に働きかける、画期的なガン療法ということで、高い治療方法が期待できるとされています。メラノーマ患者の5年生存率が16.6%から35%に上昇。非小細胞がん患者の1年後の生存率が、既存の抗がん剤の2倍ということのようです。

従って保険適用範囲が腎臓ガンにも適用され、血液、頭頚部のガンにも適用申請中としています。

オプジーボを開発した小野薬品工業によると、2016年6月15日までに、7,542人のガン患者に投与され、715人が重篤。呼吸困難などを引き起こす間質性肺炎は、176人報告され、死亡例も10人以上となっています。又、重症筋無力症が8人、劇症1型糖尿病が7人報告されています。

↓ ↓ ↓ (このリンクより転載)

http://www.itc-chem.com/がん治療薬.pdf

 

(転載 ここまで)

オプジーボの際立っているのは、とにかく、目玉が飛び出るほどの高額であるという事です。一人が1年間使用で3,500万円。5万人が使用すると年間1兆7500億円になります。

効果があるとされているのは、あくまで既存の抗がん剤と比較してと言う意味で、オプジーボを使用すると生存率が飛躍的に上がると言う意味ではありません。」

「うさぎのラビットさん!」以前、このブログでも日本の藥価は中医協(中央社会保険医療協議会)で決めていると話しました。9月19日の投稿です。その時の中医協のリンクを又貼っておきます。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50324

 

このオプジーボ、発売当時は100グラム73万円でした。今、現在は安くなるとの大宣伝の元、半額の32・5万円になりました。凄い値引きと思っては困ります。日本は中医協で独占的に値段を決めているのに対して、欧米は民間企業が、とりあえずは競争値段で提示しています。日本が73万円当時、アメリカは29・6万円、イギリスは14.4万円でした。欧米が安いと言うのではなくて、もともとガンは存在しませんから、皆同じ穴のムジナと言ったところです。

「アリスさん!勉強していますね。発売元の小野薬品の営業成績を見ると、オプジーボ発売時の、2014年9月当時の営業利益は約120億円でしたが、発売後はうなぎ上りに営業利益が上がり、2017年度は700億円を超えています。現在はもっと上がっていますね。

ここで本庶佑氏がノーベル賞を受賞しましたから、小野薬品の株価は急騰しています。すべて金、金、金ですね。」

「うさぎのラビットさん!」ここでノーベル賞について話して頂けますか?

「アリスさん!ノーベル賞はイルミナティ―(悪魔崇拝者)たちに金儲けをさせるための大嘘を、庶民に信じ込ませるためのツールに過ぎません。現代では、さすがに人を大っぴらに殺害することはできません。イエス様の時代は、裁判もしないで人を処刑してもどうってことはありませんでした。しかし、特に、この日本ではそういう無茶はできなくなりました。アフリカではエイズ菌やエボラ熱など、ワクチン接種と称して大量虐殺していますが、世界は沈黙しています。

そこで彼らは原発の嘘、原爆の嘘、ガンの嘘を作り上げました。原発は只の海水発電で、タダ同然で電気を起こしています。日本だけで年間250兆円と言う日本の国家予算の2・5倍もの利権を生んでいます。医療費は現在年間40兆円で、ガン利権に限定すると、年間15兆円になります。抗がん剤利権はこのオプジーボがすべて保険適用になれば年間1・5兆円にもなり、この利権に上乗せされます。

原発、原爆の理論支柱はアインシュタインの相対性理論からきています。ですから、ノーベル賞物理学賞は相対性理論を擁護する理論、ノーベル医学賞はガンに関する理論に主に与えられます。ノーベル賞と言う栄誉を武器に、彼らの金儲けを援護しているのです。ここに、日本人ノーベル賞受賞者の一覧を貼っておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本人のノーベル賞受賞者

アリスさん!安倍内閣が発足し、いよいよ連中は憲法改正に動きます。日本の中心は麻生太郎であると話しました。ここにきて、日本を支配しているのは、日本会議であり、それを下支えしているのが生長の家であることが、はっきりしました。日本会議と生長の家は、ちょうど公明党と創価学会の関係に似ていると言えば、理解しやすいのではないでしょうか?

今後はこの生長の家、日本会議、ガンは存在しないという確固とした説明をしていきたいと思います。」