生長の家も日本会議もダメです!と言う理由は・・・。

「アリスさん!日本会議は生長の家から生まれたと言ってもよいと思います。生長の家の教祖は谷口雅春です。谷口は著書(生命の実相)の中で、(戦争は人間の霊魂進化にとって最高の宗教的行事)と言っています。平べったく言うと、(戦争しないと人間成長しませんよ!)と言っているのです。


(生長の家  谷口雅春)

 

どこの世界にこんなバカげた話がありますか?でも現実にこの話は安倍内閣に浸透し、彼らは戦争を引き起こそうとしています。戦争になれば、金持ちも貧乏人も、皆被害を受けるのでは?と普通は考えます。でも実際は違います。被害を受けるのは私たちだけなのです。

彼らは国民主権、平和主義、基本的人権を国民から取り上げ、日本を天皇主体の国体にしようと躍起になっているのです。生長の家と日本会議の構想が見事に一致しています。

第一次、第二次世界大戦も、その後起きた朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争なども、すべての戦争で彼らは大儲けをしてきました。阪神大震災、東日本大震災、大阪地震そして今度の北海道地震これらはすべて彼らが起こした人工地震です。特に東日本大震災は彼らにとっては大成功で、津波から沿岸を守るからという大義を得て、日本の沿岸をすべてコンクリ―トで囲うつもりです。セメント会社、建設会社は大儲け!麻生セメントはまたまた大儲けです。」

(谷口雅春の娘との疑いが非常に濃い稲田朋美と安倍晋三)


(日本会議の中心に安倍晋三と麻生太郎がいます)

「うさぎのラビットさん!」一体 何故こんなデタラメな宗教が日本にはびこるようになったのでしょう?しかも日本の中枢をなしている人たちが、それを信奉しています。

「アリスさん!谷口雅春は戦前に大本教を信奉していました。大本教の教祖は出口王仁三郎です。王仁三郎は世界紅卍会のメンバーでした。中国の(道院)と結託して宗教的世界帝国を作ろうと画策。時の日本政府がこれに乗り、(八紘一宇)つまり(大東亜共栄圏)を作ろうとしたのです。ちなみに世界紅卍会のメンバーは以下の通りです。

出口王仁三郎 
出口すみ
内田良平
張海鳳
陳漢森
今小路了円
浅野和三郎
林出賢次郎
岡田茂吉
植芝盛平
堀川辰吉郎
谷口雅春
出口日出麿
出口直日
安岡正篤
笹川良一
笹目秀和
中西旭
五井昌久
伊與田覺
小田野早秧
呉清源
西園寺昌美

ここには出口王仁三郎の他に谷口雅春、そして笹川良一の名前もあります。先日来、LGBTの問題を取り上げてきましたが、出口王仁三郎はホモです。これは自分自身で言っていることです。

 

単なる一宗教家が、何故にこのように力を持ちえたのでしょうか?それは次の系図から分かります。

出口王仁三郎は皇室の血を引いているのです。以前、拉致問題でも取り上げましたが、彼らは皆、裏で繋がっているのです。」

https://ameblo.jp/8828jn/entry-12393180894.html

(知ることは力です・・・このブログより)

「うさぎのラビットさん!」同性愛者について調べてみましたが、確固とした証拠はカミングアウトでもしない限りなかなか分かりません。しかし、(カトリック聖職者の半数以上はゲイだ!)と元のバチカン関係者の話は信ぴょう性があります。このリンクを貼っておきます。

「カトリック聖職者の半数以上はゲイだ」バチカンの元関係者が発言

「アリスさん!沢田研二がコンサートをドタキャンしたことで問題になっているようです。沢田研二は絶好調だったころ、中曽根康弘とそういう関係になって、アメリカで会っていたという話はなかなか消えません。政治家には非常にホモが多く、一種のステータスになっているとも聞きます。神様は同性愛を固く禁じています。それは同性愛が精神的なものにおさまらず、肉体関係に及ぶと、その人たちは神様から離れて行ってしまうからです。エバが蛇(サタン)にそそのかされ、禁断の実を食べたという話は、二人がセックスにおぼれてしまったために後戻りできなくなってしまったからです。彼らはエデンの園(神様とつながっている状態)から追い出され、苦難の歴史を歩みます。私たちは彼らの子孫です。アダムとエバの罪はキリストが出てくるまで消えませんでした。神様は二つのものに同時に仕えることはできないと仰っています。

今の現実社会はサタンによって主管されています。(同性愛良いんじゃないの!)などと分かったようなことを言うのは、まさしくサタンの餌食です。LGBTを拡大させようとしているのも、日本会議の杉田水脈ですし、その日本会議のトップは麻生太郎です。先日、杉田水脈のLGBT差別発言のデモを企画した、平野太一と麻生太郎はタックをくんでくんでいましたね!」


「うさぎのラビットさん!」今の日本は来るところまで来た!と言う感じでしょうか?

「アリスさん!ホンジュラスではあまりの貧困のために、多くの人が、アメリカになだれ込もうとしています。明日は我が身かと言う感じですが、日本人は他人ごとのように見ています。神様は目を覚ましていなさい!と何度も何度も何度も言っています。日々の生活が忙しいのは分かります。それでも(我が身可愛さ)(結局自分が可愛いのよ!)などのサタンの成句を少し忘れたらどうでしょう?神様はコリントの(愛)章で(愛は自分の利益を求めない!)と仰っています。詐欺などに引っかからないよう(鳩のような心と、蛇のような頭を持て!)とも仰っています。どうぞ一人でも多くの人が救われますように!」