水道事業民営化の危険!

「アリスさん!それでどうでした?」

「うさぎのラビットさん!」水は電気と共に、私たちにとって一番重要なものです。ひょっとしたら、電気より水の方が重要かもしれません。先日、Uチューブである動画を観ました。砂漠や、無人島でのサバイバル生活に挑戦している白人男性の体験です。まず生き延びるには、水を確保することです。それは誰にでも分かります。火を起こすには、少し技術がいります。でも生き死にが関係しているとなれば、皆必死で火を起こすと思いました。

私は日本百名山をすべて人力で踏破した、田中陽気さんがとても好きです。足の痛みや、アルプスが雪に閉ざされてしまわないうちに・・などの不安を抱えながらも頑張る姿に、エールを送っています。その彼が夏の暑さで、水が不足する事態に何度も出合います。水場を探して川まで下りて行ったり、残雪を見つけては氷を飲んだりします。水の大切さが改めて分かります。

(日本百名山を行く 田中陽気さん)

「うさぎのラビットさん!」次の動画を観てください。

この動画はアメリカにある、CSIS(戦略国際問題研究所)というシンクタンクで、麻生太郎が演説しています。(日本の水道事業を民営化するのでアメリカさん、よろしくね!)というアメリカ企業の儲け話のために、日本の水道事業を勝手に売ってしまおうという、本当に人を馬鹿にしたような動画です。国会の承認も何もなく、勝手に話してきたことです。

「アリスさん!この際ですから、麻生太郎の実像について話していきたいのですが、ここに麻生のことを正確に調べ上げたブログがあります。麻生に関するブログは、これ以外にもまだ何本もあるのですが、今日はこれを紹介しておきます。これを見ていくと、麻生太郎がまさにこの日本の中心人物であることが分かります。安倍晋三と共に、イルミナティ―の中心人物です。人間サタンです。」

RAPT×読者対談〈第126弾〉麻生太郎と悪魔崇拝。麻生太郎がこの世界の中心になろうとしている現実。

貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本

そういえば、何をいまさらと、(アベノミクスは改正が必要!)とIMFのクリスティーヌ・ラガルドを引き合いに出して、安倍晋三は握手していましたね。

ついでにIMFの正体もリンクを貼っておきます。ロスチャイルド、ロックフェラーなどの金融資本家たちの巣窟です。

http://pocopocohead.blogspot.com/p/imf_21.html

 

「アリスさん!良く調べました。聖書を読んで、神様と共にすると普段分からないことも教えていただけますね。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です