ノーベル賞は原発、ガンの嘘を煙に巻くための装置だ!

「アリスさん!ガンは存在しない!と何度も話をしてきました、今日は、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑氏が開発したとされる、オプジーボの話題を中心に話していきます。

(オプジーボ)

(ここからは転載)

(夢の新薬として登場したオプジーボは、承認時は特定のガンしか効果がないとされていながらも、現在は複数のガンに有効性が確認されているそうです。オプジーボが保険適用されるガン患者数は、2016年9月現在で10万人強と言われています。

患者の免疫機能に働きかける、画期的なガン療法ということで、高い治療方法が期待できるとされています。メラノーマ患者の5年生存率が16.6%から35%に上昇。非小細胞がん患者の1年後の生存率が、既存の抗がん剤の2倍ということのようです。

従って保険適用範囲が腎臓ガンにも適用され、血液、頭頚部のガンにも適用申請中としています。

オプジーボを開発した小野薬品工業によると、2016年6月15日までに、7,542人のガン患者に投与され、715人が重篤。呼吸困難などを引き起こす間質性肺炎は、176人報告され、死亡例も10人以上となっています。又、重症筋無力症が8人、劇症1型糖尿病が7人報告されています。

↓ ↓ ↓ (このリンクより転載)

http://www.itc-chem.com/がん治療薬.pdf

 

(転載 ここまで)

オプジーボの際立っているのは、とにかく、目玉が飛び出るほどの高額であるという事です。一人が1年間使用で3,500万円。5万人が使用すると年間1兆7500億円になります。

効果があるとされているのは、あくまで既存の抗がん剤と比較してと言う意味で、オプジーボを使用すると生存率が飛躍的に上がると言う意味ではありません。」

「うさぎのラビットさん!」以前、このブログでも日本の藥価は中医協(中央社会保険医療協議会)で決めていると話しました。9月19日の投稿です。その時の中医協のリンクを又貼っておきます。

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/50324

 

このオプジーボ、発売当時は100グラム73万円でした。今、現在は安くなるとの大宣伝の元、半額の32・5万円になりました。凄い値引きと思っては困ります。日本は中医協で独占的に値段を決めているのに対して、欧米は民間企業が、とりあえずは競争値段で提示しています。日本が73万円当時、アメリカは29・6万円、イギリスは14.4万円でした。欧米が安いと言うのではなくて、もともとガンは存在しませんから、皆同じ穴のムジナと言ったところです。

「アリスさん!勉強していますね。発売元の小野薬品の営業成績を見ると、オプジーボ発売時の、2014年9月当時の営業利益は約120億円でしたが、発売後はうなぎ上りに営業利益が上がり、2017年度は700億円を超えています。現在はもっと上がっていますね。

ここで本庶佑氏がノーベル賞を受賞しましたから、小野薬品の株価は急騰しています。すべて金、金、金ですね。」

「うさぎのラビットさん!」ここでノーベル賞について話して頂けますか?

「アリスさん!ノーベル賞はイルミナティ―(悪魔崇拝者)たちに金儲けをさせるための大嘘を、庶民に信じ込ませるためのツールに過ぎません。現代では、さすがに人を大っぴらに殺害することはできません。イエス様の時代は、裁判もしないで人を処刑してもどうってことはありませんでした。しかし、特に、この日本ではそういう無茶はできなくなりました。アフリカではエイズ菌やエボラ熱など、ワクチン接種と称して大量虐殺していますが、世界は沈黙しています。

そこで彼らは原発の嘘、原爆の嘘、ガンの嘘を作り上げました。原発は只の海水発電で、タダ同然で電気を起こしています。日本だけで年間250兆円と言う日本の国家予算の2・5倍もの利権を生んでいます。医療費は現在年間40兆円で、ガン利権に限定すると、年間15兆円になります。抗がん剤利権はこのオプジーボがすべて保険適用になれば年間1・5兆円にもなり、この利権に上乗せされます。

原発、原爆の理論支柱はアインシュタインの相対性理論からきています。ですから、ノーベル賞物理学賞は相対性理論を擁護する理論、ノーベル医学賞はガンに関する理論に主に与えられます。ノーベル賞と言う栄誉を武器に、彼らの金儲けを援護しているのです。ここに、日本人ノーベル賞受賞者の一覧を貼っておきます。

https://ja.wikipedia.org/wiki/日本人のノーベル賞受賞者

アリスさん!安倍内閣が発足し、いよいよ連中は憲法改正に動きます。日本の中心は麻生太郎であると話しました。ここにきて、日本を支配しているのは、日本会議であり、それを下支えしているのが生長の家であることが、はっきりしました。日本会議と生長の家は、ちょうど公明党と創価学会の関係に似ていると言えば、理解しやすいのではないでしょうか?

今後はこの生長の家、日本会議、ガンは存在しないという確固とした説明をしていきたいと思います。」