コロナ騒動を起こしたのは創価だった!!

「アリスさん!久しぶりの投稿ですね。どのように過ごしていましたか?」

「うさぎのラビットさん!」数日前にラプト朝会でビックリするような御言葉が出ました。今まで私たちはこの世の元凶が大本教にあり、それを引き継いだ生長の家にあると考えてきました。全能信教会や統一教会、日本会議などが日本を支配していると考えてきました。

「アリスさん!もちろんそれは事実です。安倍政権のほぼ全員が日本会議ですし、彼らのほとんどが李家の末裔であることもラプト理論により解明されました。

しかし私は今一しっくりいかないものを感じていました。日本どころかアメリカ、ヨーロッパ、ブラジルなど大本の思想が何らかの形で大統領から庶民に至るまで影響を与えている!と言うのは少し疑問がありました。KAWATAとナナのラプト理論の動画でも明らかにされたように大本教が世界の悪の元凶であるのは事実です。・・・でも・・・

その時、ラプトさんが神様からその封印を解いて下さった御言葉を配信してくださいました。その元凶は創価だったのです。

それを聞いて私は胸のつかえがストンと落ちました。確かに大本教の教祖である出口王仁三郎は戦前に日本を席巻しました。その弟子であった谷口雅春が形の上では分派と言うスタイルをとりましたが、実質大本の思想と何も変わらぬ生長の家を立ち上げました。

しかし現実の社会を見渡すと、大本教信者も生長の家の信者もあまり聞いたことがありません。もちろんこれらカルトに所属していることは公にしない傾向が強いですから、表面上は彼らがどのカルトに所属しているのかは分かりません。しかしこれが創価である!としたら違います。私の知っている範囲でも創価学会に入っている人はわかります。私の懇意にしていた(すでに亡くなっています)大工さんも熱心な創価学会員で、毎日法華経を唱えていると言っていました。その大工さんから勧誘されました。その勧誘はしつこいものではありませんでしたが、私が言った一言でその大工さんは勧誘をやめたのです。

その当時、私の同級生がいましたが(彼も病気で早世しました)これまた熱心な共産党員で、私の碁敵だったのですが、碁を打ち終わると決まって赤旗を取ってくれ!としつこく言います。

そのしつこさにも負けないで断り続けましたが、時々参考にと赤旗を置いていくことがありました。

創価学会員の大工さんに(時々赤旗を読むよ!)と言うと一瞬で顔色が変わり、それ以降勧誘の話はしなくなりました。

「うさぎのラビットさん!」興味深い話ですね!何故共産党の話を出しただけで創価の人は勧誘を諦めたのでしょう??

「アリスさん!ネットで調べてみましたが、よくわかりませんでした。そのうち記憶も薄れ、忘れていましたが、おそらく何かの敵対行為があったのでしょう。

でもこれからする話はそんな生易しい話ではありません。今、ツイッター上では創価学会のことに関してかなり詳しく記事が出て、騒がれています。それはマスコミを牛耳る電通が創価の影響をかなり受けていること、大本教も生長の家もその教祖が創価学会の初代会長の牧口常三郎、二代目の戸田城聖と血族であること(これは以前にもこのブログで取り上げましたが・・・)皇室やそれを管理する宮内庁が創価の影響下にあること。安倍政権は元より大企業経営者、警察検察官僚、司法などあらゆる部署で創価が実質的な力を持っているという事です。大学では慶應義塾大学がその巣窟になっているというのです。

大企業経営者が慶応出の人が多いのはそのためかも・・・

堀江貴文、中田敦彦、竹中平蔵、いしはらさとみ、山中伸弥、前原誠司、小池百合子、アグネスチャン、ちばてつや、雅子皇后、三笠宮などなど簡単に上げただけでも沢山の有名人が上がってきます。(慶応大学出身のくくりではありません)

「うさぎのラビットさん!」これが神様から宣布された御言葉です。

    創価を滅ぼしなさい!

私たちは神様から目を塞がれていたのです。始めに創価だと分かってしまうと大本も生長の家も全能信教会のことも調べることなくスルーしたに違いありません。なにより李家の支配が分かりませんでした。この李家が分かったおかげでいろいろな謎が解けました。安倍を先頭に憲法改正をして旧皇族、王侯族の復活を画策し、この国を完全なる独裁国家にしようとしています。憲法改正は戦争ができる国に・・・の文言はスピン報道に過ぎません!(戦争は絶対ダメですが・・)

「アリスさん!その実働部隊として、創価が暗躍しているのです。世界も今度のコロナ騒ぎは創価の中心地を核に起きています。スーパーシティ構想も創価の中心地からなっています。

アリスさん!神様はこれが最後の戦いだ!と仰っています。イルミナティの滅びは決定しています。早ければ今年中にもそれが成し遂げられるかもしれません。創価が滅びれば自動的にイルミナティも滅ぶでしょうね!しかしコロナ騒動で参っている人も沢山いるでしょう。さらに追い打ちをかけるように水害があちこちで発生しています。

神様はこんなものでは済まないと仰っています。イルミナティも滅びるが私たちも全員、艱難を受けます。これからどんなに苦しくても精神状態はしっかりと神様に結び付いていなければなりません。金も名誉も人脈も役に立ちません。神様は私たちがそれに気づいて一人でも多くの人間が救われるように日々鋭い目で見ておられます!!!」

インスタグラムを始めました!

「アリスさん!お早うございます。しばらく投稿がありませんでしたが、調子はどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」先日、ラプトさんの配信する朝会の御言葉で、インスタグラムをやりなさい!と出ていました。私も何とか参加したくて投稿を始めましたが、最初の内はなかなか要領がつかめなくて戸惑いました。それでも写真を撮ることは好きなので、(前回の記事でも白状しましたが、私はカメラ小僧だったのですWW)好きなことを活用して神様の御心に少しでもお役に立てたなら・・・。と考えたのです。

「アリスさんは旅行が大好きですものね!それでどんな写真を投稿するのですか?」

「うさぎのラビットさん!」沢山の方がすでに投稿されていて、特に女性の方は飼っているワンちゃんや猫ちゃんを投稿する方が多いですね!それから何と言っても花が好きですね!私はハナ、ヒナ、フナの三匹のワンちゃんを飼っていますし、花を撮るのは大好きだし・・・。皆さんの投稿される写真や動画で花の名前も教えていただけるので本当にうれしいです!!

「アリスさん!私も参加させて下さるのでしたね?」

「うさぎのラビットさん!」もう参加しているじゃないですか!ラプトさんと共に活動されている奥さんのナナさんやKAWATAさんは東温市の教会??の一角でワンちゃんを飼い始めました。ワンちゃん達との様子を毎日インスタグラムで投稿なさっています。静かな東温市の郊外で、ワンちゃん達を散歩させる三人を見ると本当に恵みに満ち溢れています。最近出た御言葉を貼り付けておきます。

(以下転載)

2020年6月26日(金)
人間が犬を厳しく躾けたとき、何がいけないのかすぐに分かって行いを変える賢い犬もいれば、何がいけないのか分からずに行いを変えられない愚かな犬もいる。そして、行いを変えた犬は人間からさらに愛されるが、行いを変えられない犬は処分される。人間も主の前でこれと同じだ。

   (転載終わり)

「アリスさん!ワンちゃんから学ぶことは沢山ありますね!今回の記事は短いですが、神様は常に新しいことに挑戦しなさい!と仰っています。とにかく楽しいことが大切ですね!写真を何点か参考に見せてください!」

「うさぎのラビットさん!」下手な鉄砲も数うちゃ当たるの精神でいると、写真を見た時に意外と良いものが撮れている時があります。はずれの方がずっと多いですが・・・。

「アリスさん!なかなかいいじゃないですか!一番目はクレマチスとバラですか?二番目はヤマボウシですよね!私もスラスラとは花の名前が出てきませんので恥ずかしいですが・・・。ワンちゃんはハナちゃんですよね!」

「うさぎのラビットさん!」イルミナティの滅びはすでに決定的になりました。同時に神様がこの地上に降臨している今、地上天国=御国を作る必要があります。そうでないとイルミナティ―は滅んでも今度はやくざ社会の戦国時代です。頑張って愛のある国をみんなで作っていきましょう!!

**手前味噌ですが 私のインスタグラム名はhahihuna です。見て下さい!

イルミナティ(悪魔崇拝者)の滅びは決まった! これからどのように愛の世界を作っていくか!

「アリスさん!お早うございます。その後、どのような具合ですか?」

「うさぎのラビットさん!」ラプトさんの朝会の御言葉で、各自がそれぞれの得意分野で情報拡散していきなさい!と出ました。その時の内容を貼り付けておきます。

   (ラプト朝会より転載)

2020年6月6日(土)
イルミナティの滅亡が決定的になった今、各自がそれぞれの個性・才能を生かし、趣味や特技、生活や仕事の風景をアップしながら、気軽に情報拡散していきなさい。そのようにして、RAPT理論に辿り着くことのできる間口をどんどん広げていきなさい。

    (転載終わり)

「アリスさん!御言葉ではインスタグラムを使ってやりなさい!と主が仰っていると出ていました。しばらく前はツイッターをやりなさい!その後、Uチューブを使って動画で情報拡散しなさい!と出ていました。私たちはブログしか書いてきませんでしたが、ツイッター上ではすでにラプトさんに賛同する人たちであふれています。」

「うさぎのラビットさん!」ツイッターで、これ以上ラプト理論が拡散することを恐れた安倍晋三は、ツイッター社の社長と会いました。その後、ラプト理論を投稿する人たちの記事に、いろいろな形で妨害が現れました。KAWATAとナナのラプト理論の動画も相当な再生があるにも関わらず、Uチューブ側が再生回数を減らすという妨害に出ました。

「アリスさん!よっぽどこの理論が拡散するのが恐いのでしょう。

 私は何年もラプト理論がだんだん形を表わすのを見てきました。ラプト理論が作られていくとき、大いに主の力が働いたとラプトさん自身が仰っていたように、私も不思議な力を感じていました。神様はラプトさんの頭脳を通してこの理論を世に現わしたのです!」

「うさぎのラビットさん!」この理論が本物であることは誰も否定できません。偽物や嘘は人を騙せますが、本物が出てきたときはどんなにあがいてもその嘘はバレます。今、まさにそういう時代に来ていますね!本物の情報は始めて聞いた人は受け入れないどころか、馬鹿にしたり迫害をする事さえあります。しかし本物は静かにそして確かに人々の心を捉えて拡がっていきます!

「アリスさん!河合夫妻が逮捕され、小池百合子の学歴詐称も明らかです。御言葉で出たように、2023年までには間違いなくイルミナティの終焉が来ますね!!嘘で固められたコロナ騒動を作り、世界的にコロナパンデミックを作った彼らの思惑も頓挫しつつあります。往生際の悪い彼らは、マスコミを使って第二波が来るぞ!!と御用学者を使って脅します。それもやがてバレますね。何故って嘘だからです。はっきりしています。」

「うさぎのラビットさん!」この事実を理解している人はほんの僅かです。多くの人はまだまだ洗脳から抜け出せないでいます。そのため神様は経済的にも精神的にも人間を追い込んでいきます。人は追い詰められないと本気になって自分を見つめることはしませんものね!

「アリスさん!きょうの副題はインスタグラムを・・。という話でしたね。」

「うさぎのラビットさん!」そうなんです。それで数日前からインスタに写真投稿を始めました。実は私はスマホを持つまでは写真小僧だったのですwww 

「アリスさん!私も写真は大好きです。どういう写真が好きという決まりはないのですが・・・。」

「うさぎのラビットさん!」私もそうです。世間の人に紹介するのは恥ずかしいのですが、私の飼っているワンちゃんの写真を紹介します。

「うさぎのラビットさん!」その一枚ですが、hahihuna というユーザーネームで始めました。良かったら覗いてみて下さい。

「アリスさん!私も参加させてもらっています。どんな結果になるのか見当がつきませんが、神様がやれ!という事は確実なことです。」

今こそ祈りを!!

「アリスさん!お早うございます。最近は雨ばかりで家じゅうベタベタしています。」

「うさぎのラビットさん!」私は何年か前に、使わなくなった人から除湿器を頂いたので、それを使っています。時間はかかりますが、シーツや枕は乾燥して気持ちが良いのです。ただし熱を出しますので、クーラーを入れないと部屋が暑くなっていますけれど・・・。

「アリスさん!私は昨日の朝、ベランダに降りようとしたら薄っすらと床が濡れていて、ついた右足が思い切り滑って空中にほおり出されました。」

「ええーっ!!それで大丈夫だったのですか?

「アリスさん!体ごと床に叩きつけられました。朝の明るい時間でしたが、夕方のように目の前が暗くなりました。生まれて初めて経験する出来事でした。ほんの僅かな時間でしたが、とても長く感じました。狭いベランダで後ろには踏み台があり、左右も壁です。とにかく頭をぶたなくてよかったです。気を取り直してやっとの思いで起き上がりましたが、骨も折れていませんでした。」

「うさぎのラビットさん!」もう若くはないのですから、本当に気を付けてくださいね!

「アリスさん!私はその時ラプトさんと働いている、愛媛のメンバーのナナさんとKAWATAさんが、故意に車をぶつけられた出来事を思い出していました。大事故だったにもかかわらず骨一つ折らないで生還しました。その時、強く神様が助けてくれたのだと感じました。

私にも同じことが起きたか!と凄く神様に感謝しました。」

「うさぎのラビットさん!」ここ2,3日の朝のお祈り会の御言葉で、コロナパンデミックを通してサタンと神様が争っている!と出ていました。

    (以下転載)

2020年6月13日(土)
今は神様とサタンがこの地上で激しく戦っているときだから、神様の力に強力に依り頼んで、不思議なしるしと奇跡を起こしていく者だけが、サタンに滅ぼされることなく前進していくことができる。

    (転載 終わり)

「アリスさん!この御言葉の中で、義を積みなさい!とにかく心を込めて神様にお祈りをして中心者ラプトさんと共に一人でも多くの人がお祈りをして、サタンに主管されたこの世界が神様の主管する地上天国になるように!!という事です。」

「うさぎのラビットさん!」今、コロナ騒動を通して次々とイルミナティの悪事がバレ、何かこの世がおかしいと感じる人たちが現れています。NHK を始め 民放を管理・監督する電通が自分たちの子会社を通して莫大な金額を中抜きしました。

「アリスさん!大阪の吉村知事もコロナの過剰な要請は不要だったとして一部専門家から指摘を受けています。

   (以下 転載)  

大阪モデルの「過剰な要請は不要」だった? 指摘を受けた吉村知事は…

大阪府新型コロナウイルス対策本部専門家会議を終え、大阪市の松井一郎市長(左)と話し合う吉村洋文知事=大阪市中央区で2020年6月12日午後0時32分、木葉健二撮影

 新型コロナウイルスの第2波に備え、大阪府は12日、休業や外出自粛の再要請などに向けた独自基準を全国に先駆けて策定した「大阪モデル」の見直し作業を本格的に始めた。感染拡大は緊急事態宣言前の3月下旬にピークを迎えていた可能性があり、専門家の一部からは「過剰な要請は不要」との声も上がる。ウイルスの特徴が今も判然としない中、経済活動と感染防止の両立に向けた「入り口戦略」を手探りで練り直す。(転載 終わり)

「アリスさん!さらには小池百合子都知事の学歴詐称も問題視されていますし、横浜市庁舎をべらぼうな安値で星野リゾートが運営するという、森友学園の二の舞か!と思わせる出来事もでてきました。」

(以下 転載)

星野リゾート、横浜市庁舎再開発のホテル事業者に。「歴史的に価値のある建物をちゃんと残して、それをホテルの機能にコンバージョンしていこう」と星野代表

星野リゾートは、横浜市の現市庁舎街区活用事業に参加。「レガシーホテル」を担当する

     (転載  終わり)

「うさぎのラビットさん!」私も小池百合子が学歴詐称を弁明している様子を見ていました。カイロ大学を首席で出たのなら、何十年 経とうとも小池百合子を知っている学生が沢山いるはずですし、アラビア語も相当話せなければおかしいですよね!!以前、野村幸代が学歴詐称で拘留されましたから、小池百合子も・・・。

「アリスさん!神様は今年益々世の中が酷くなって、すべての人が裁きを受ける!と仰っています。コロナ騒動は サタンが神様の許諾を得て起こしましたが、サタンはすでに自分の滅びを察しているのでしょう。ヤケクソになっていますね。人間は4.サタンは6.神様は7の力を持つと話してきましたが、人間にはサタンに勝つ術はありません。イルミナティ(悪魔崇拝者)が生贄を捧げ、神様の戒めや教えの逆、逆をやってきたのもサタンに気に入られるからでした。それももう終焉にきています。私たちがサタンの攻撃や大暴れから逃れる方法は、たった一つ・・・神様につながり、縋り、祈りことです。

今、神様はこれを人間たちが悟るのを炎のような目をしてみておられます。コロナ騒動はまだまだ続くでしょう。そしていよいよ自分たちのおしりに火がついて慌てるまで神様は見ておられます。一人でも多くの人が気が付いて、生きている神様の元に来て救われるのを神様は真に願っているのです!」

コロナ騒動、とりあえずの収束・・それでも続くマスクの嵐!

「アリスさん!お早うございます。やっと梅雨に入ったようですね。」

「うさぎのラビットさん!」今朝もワンちゃんが早くベランダに出せ!と吠えましたが、いざ出てみると雨が降りかかります。今度は家に入りたいと吠えます。梅雨の季節ですね。」

「アリスさん!このコロナ騒動・・・。つい最近、私の小さな事務所で、何回かいろいろな人と話す機会がありました。仕事上の人、銀行の人、町内会の人、民生委員の人などなど。クーラーのない私の事務所は小さな扇風機一つですが、それでも窓は空きます。暑い日もありましたので、窓を開けるとさわやかです。

会った人全員がしっかりマスクをしてきました!私が(マスクは外してもいいですよ!)と言うと皆(いいえ、外しません!)と言う人はいません。意外でした。むしろホッとしたようにマスクを外して、それぞれ話し始めました。(コロナは嘘ですから、私は100%心配していませんよ!)と言うと、不思議と反論する人がいないのです。

テレビの情報操作がフジテレビなどでありましたが、嘘はいくら隠してもやっぱり嘘なんだ!と少しづつ感じる人が出てきているのを感じました。」

「うさぎのラビットさん!」私はここひと月の間に耳鼻科、内科、そして皮膚科、歯医者と4回も医院に出掛けました。耳垢を取った時に傷をつけたか右の顔半分が痛み耳鼻科へ・・。おじいちゃんの薬を貰いに内科へ・・。右の腰の付け根あたりに赤い発疹ができて、帯状疱疹かもしれないからと脅かされて皮膚科へ・・。インプラントを入れましたからその後の経過のために歯医者へ・・。

私の場合はどの症状もすぐ回復したのですが、驚いたのはどの医院も患者がいなくてガラガラです。コロナ騒動前は診療時間はほんの2~3分なのに待ち時間が30分・・・と言うのが普通でした。医院の待ち時間がないのはとてもありがたいのですが、今までの混雑は一体何だったのかしら??と考えてしまいました。

考えられるのは、本当に切羽詰まってくる患者さんは少なかったのでしょうね!ですからコロナで家から出たくないし、万一感染でもしたら!!と思っているのでしょう。

「アリスさん!特に歯医者は暇だ!と聞いています。医者や歯医者の開業に土地を提供する仕事をメインにしている不動産屋がいます。今までは郊外で駐車場を持って開業する医者がどこも流行っていました。しかしこれからは・・・??

三師会は医者、歯医者、薬剤師の三者の会を言いますが、どれも保険診療という事でかなり優遇されています。この医療システムを作り上げたのは武見太郎ですが、このシステムは日本独自のもので国民全員が強制的にお金を出し合い、医療費の負担を軽くすると言うものです。耳障りがよく聞こえます。しかしその負担額は年を経るごとに増加し、強制的に徴収される保険料は莫大な額になっています。

コロナ騒動に目が言っているすきをついて、日米FTAが第二段階に入っています。彼らユダヤ金融の狙いの一つに日本の国民皆保険を狙って、自由診療から民間保険に移ることを画策しています。これを聞くと日本が一方的に被害を被るように聞こえますが、少し違うように思えます。医者、歯医者、薬剤師は優遇されすぎているのです。

ガンは存在しません。もしガンが存在しないと皆が認識したら日本だけでも15万人の医師が廃業するだろう!という試算が出ています。

それに連れて製薬会社、保険会社は致命的なカウンターを負うでしょう。私はガンは存在しないと確信していますから、少しお腹の調子が??とガンを心配する人を見ると何とも言われない気持ちになります。」

「うさぎのラビットさん!」今、コロナ騒動でいろいろなことが明るみに出ました。昨日は川合案里陣営、提供額が2000万円とした記事も出ました。安倍晋三が深く関わっていることも分かっています。

(以下 転載)

案里氏陣営、提供額は2000万円超 受け取った側の大半は立件せず

毎日新聞 2020/06/12 02:00

河井案里参院議員(右)と夫の克行前法相

© 毎日新聞 提供 河井案里参院議員(右)と夫の克行前法相

 自民党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した2019年参院選を巡り、陣営側が100人以上の地元議員らに提供したとみられる現金が総額で2000万円を超えることが、関係者への取材で判明した。一部については票の取りまとめを依頼する趣旨だった疑いがあるとして、検察当局は夫の克行前法相(57)=自民・衆院広島3区=と案里氏について、公職選挙法違反(買収)容疑での立件に向けた詰めの捜査を進めている。ただ、地元議員ら受領側の大半については被買収容疑での立件を見送る模様だ。

(転載 終わり)

「アリスさん!安倍晋三はズタズタですね!ボクシングで言えば滅多打ちの状態です。しかしなかなか倒れません!なかなか根性があると褒めてやりたいところですが、違います。

この安倍政権のサンドバック状態は神様が見せています。という事は神様が手加減して安倍晋三を打っているという事になります。」

「うさぎのラビットさん!」私も安倍晋三が次々と息を吐くように嘘をつき、その嘘が国民にバレバレなのに、騙せていると思っているのですから阿保!としか言いようがありません。

サンドバック安倍晋三はこれからも嘘をつき続けることでしょう。いくら神様が愛の方でもこれは許さないでしょうね!!!

「アリスさん!今、神様は御言葉でインスタグラムをやりなさい!と仰っています。そして一人でも多くの人を神様の元に連れてくるキッカケを作りなさい!と仰っています。私たちもインスタを始めようかと考えています。良いものが作れるようにお祈りしています。」

これから始まる神様の裁きはコロナ騒動など序の口だ!

「アリスさん!お早うございます。調子はどうですか?」

「うさぎのラビットさん!」先日、ラプトさんの伝えて下さる朝会の中で、コロナウィルスに関しての御言葉が出ました。

     (以下朝会の御言葉の転載)

2020年6月2日(火)
主の裁きの時は来た。イルミナティもこの世の人々も、誰も彼もが次々と裁かれている。私たち義人もこれから次々と羊と山羊とに分ける裁きが下されるから、気を緩めることなく、心と思いと精神を尽くして主を愛さなければならない。

      (転載 終わり)

「アリスさん!今、いろいろな場面で人々が裁かれています。特に政界の劣化は激しいですね!

 アベノマスクは安倍政権にとってマイナスになっただけで収束しそうです。

 持続化給付金でもその委託を電通に丸投げし、20億円もの金を中抜きする!という考えられない暴挙が明らかになりました。

 学校の新学期を9月にするという意味不明な事案は、政府が高校生・大学生を自衛隊に勧誘するためだったことが、下村大臣の発言で明らかになりました。」

「うさぎのラビットさん!」高校で英語教師をなさっている女性の動画がコロナウィルスに関してのまとめを簡潔に表現していましたので、掲載しておきます。

「アリスさん!先日の御言葉で地上に降臨した神様は誰もかれも裁くと仰ってきました。私たちも気を引き締めていないと大変です!」

「うさぎのラビットさん!」この艱難は今年の暮れまでさらに厳しいものになりますね!その艱難はコロナウィルスなどほんの序章に過ぎない!と仰っています。この試練の時期は2023年までは続く!とも仰っています。

私は(御言葉通りに生きる!!)という事がどういうことなのか繰り返し自問してきました。その答えは心と思いと精神を尽くして神様を愛しなさい!という事につきます。そのためには聖書通りに生活し、お祈りをして、神様への賛美と、真実を伝えていく情報拡散の4つであることは繰り返し自分に言い聞かせています。

 私はつくづく自分には何もできない!人間には何もできない!という事を強く感じています。だからこそ神様に縋りついているのですが、お祈りをしていて自分の迷いやスッキリしない出来事を話していると、次から次へと答えが出てくるのです。

 コロナウィルスが新型のウィルスなどではなくて、軽いインフルエンザだと分かってはいます。でも・・この事態を収拾することは私達にはできません。海外・・特にアメリカでは(コロナはフェイクだ!)とする人たちが全米で声をあげているのに、ほとんどの日本人はそれは外国の話でしょう!と取り上げません。マスコミの洗脳が徹底していると言えばそれまでですが、声をあげる人があまりにも少ないのでがっかりです。

「アリスさん!先日、堀江貴文が食事をしている時に、(野菜を食べて偉いですね!)と言った人のカメラに向かって何回も殴る動画が出ましたね!(お前みたいなやつは死ね!)とか(馬鹿!)などの罵詈雑言を言っていました。堀江と言えば統一教会の文鮮明の奥さん、ハンハクチャにそっくりで、親子だろうと噂されています。彼自身が統一教会の上級国民なので、何をやっても世に出てくるのです。

「うさぎのラビットさん!」堀江貴文は次回の都知事選に出馬するつもりのようです。そんな時期にこのような馬鹿な真似は絶対しないと思われるのですが、それをやってしまう・・・これがまさに神様の裁きの一例だと思います。

「アリスさん!今、情報拡散している人たちがツイッター社から妨害を受けた!あるいはUチューブ動画の再生回数を減らされた!など・・真実が拡散するのを強引に抑え込もうとしています。このブログもアメーバ側でアクセス数をかなり減らされています。

 「うさぎのラビットさん!」KAWATAとナナのラプト理論の動画も見ているそばで再生回数を減らされるということが起きました。私たちも一生懸命書く記事のアクセス数を減らす理不尽さは嫌ですが、問題はそこではありません!

神様は御心をなすためにする仕事の妨害には本当に怒られると思います。やがてその答えも出るでしょう!

韓国映画(タクシー運転手 約束は海を越えて)は近未来の日本を想像させた!!

「アリスさん!お早うございます。今日のタイトルはタクシー運転手の話ですか?」

「うさぎのラビットさん!」姪に頼まれて録画した映画を偶然見たのですが、韓国南西部(全羅南道)の光州(クワンジュ)という街で起きた光州事件を取り扱った実話です。以下映画の解説です。

1980年5月に韓国でおこり、多数の死傷者を出した光州事件を世界に伝えたドイツ人記者と、彼を事件の現場まで送り届けたタクシー運転手の実話をベースに描き、韓国で1200万人を動員する大ヒットを記録したヒューマンドラマ。「義兄弟」「高地戦」のチャン・フン監督がメガホンをとり、主人公となるタクシー運転手マンソプ役を名優ソン・ガンホ、ドイツ人記者ピーター役を「戦場のピアニスト」のトーマス・クレッチマンが演じた。1980年5月、民主化を求める大規模な学生・民衆デモが起こり、光州では市民を暴徒とみなした軍が厳戒態勢を敷いていた。「通行禁止時間までに光州に行ったら大金を支払う」というドイツ人記者ピーターを乗せ、光州を目指すことになったソウルのタクシー運転手マンソプは、約束のタクシー代を受け取りたい一心で機転を利かせて検問を切り抜け、時間ギリギリにピーターを光州まで送り届けることに成功する。留守番をさせている11歳の娘が気になるため、危険な光州から早く立ち去りたいマンソプだったが、ピーターはデモに参加している大学生のジェシクや、現地のタクシー運転手ファンらの助けを借り、取材を続けていく。

2017年製作/137分/G/韓国

(解説 終わり)

ソース画像を表示

「うさぎのラビットさん!」1980年5月に起きたこの事件は韓国光州で起き、多数の死傷者が出ました。民主化を求める学生のデモを発端に軍隊が出動し、デモ隊やストをする人たちに向けて発砲!凄惨な事件でした。私はテレビ放映を録画しながら、(パラサイト半地下家族)で主演をしたソン・ガンホがこの映画の主演だと解説されていましたので興味が湧いていたのです。とにかくすごい映画でした。

ソース画像を表示

「うさぎのラビットさん!」光州事件は韓国の地域背景もあるとされています。光州は韓国南西部の全羅南道にありますが、軍隊を指揮した全斗煥(チョン・ドゥファン)将軍は韓国南東部の慶尚南道の出身です。歴史的に見て百済と新羅の違いがあります。そういった韓国の地域事情も絡んでいたようです。

(以下の写真は現実のものです。映画の一場面ではありません)

ソース画像を表示
ソース画像を表示

「アリスさん!今のお話を聞いて、私は最近起きた日本や世界の出来事を連想しました。

すでに報道されていますので、その動画を載せておきます。

(以下 ツイッターより転載)

「アリスさん!上はクルド人が日本の警察に職務質問され、暴行を受け重傷を負った動画。下はアメリカで白人警官が黒人を押さえつけ窒息死させた動画です。アメリカでは各地で暴動が起き、日本ではデモが起きました。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は fC3tGi1D です

「うさぎのラビットさん!」先日の御言葉で、神様は必ずイルミナティを滅ぼす!と力強く仰って下さいました。しかし私たちがいい加減な気持ちで祈ったり、神様がイルミナティの滅びを実行されるのを信じなかったりすると、神様も適当にされる!と御言葉で出ました。私は明け方のお祈りを真剣にやっていますが、それでもそういう御言葉が出たという事は、まだまだ自分本位であったと反省しています。

「アリスさん!次の動画を見てください。今の安倍政権の中心人物たちが如何にデタラメであるかを示しています。祈るときは怒りは駄目ですが、やはり現実に起きているあまりの理不尽さを思うと、お祈りにも熱が入るのではないでしょうか!!

https://twitter.com/i/status/1265873591154819073

「アリスさん!高市早苗は総務大臣ですね!総務大臣は首相・財務大臣・に次ぐナンバー3です。その高市早苗がコロナで弱体化して、給付金頼みの人たちもいる中、私たちのことを(さもしい奴等!)又(日本を奴等から取り戻そう!)と暴言を吐いて悦に入っています。これが安倍政権の正体ですね!!

 稲田朋美は(自分の国は自分で守る覚悟がなければダメ!)と言って裏にまわれば(自分の子供には戦闘にはいかせない!)とのたまっています。稲田は大本教から分派した谷口雅春の娘だと言われていますが、まず間違いないでしょう。

「アリスさん!今日の韓国映画、(タクシー運転手 約束は海を越えて)から日本の現状が透けて見えてきます。神様は間違いなく真実をいろいろな形で拡散して私たちが目覚めるように連中を裁いています。どうぞ皆さんもお祈りしてください!できれば明け方の静かな時間に神様と対面して対話してください!」

大本教!私たちはこの宗教思想に洗脳されてきた!!

「アリスさん!お早うございます。アリスさんの地域では緊急事態宣言が解除されましたが、その後どうですか?」

「うさぎのラビットさん!」解除前と後での比較はほとんど変わらないように感じます。コロナ騒動が始まる前と比べると、車の通行量はかなり減っています。バスの乗客もガラガラですね!

「アリスさん!一昨日KAWATA とナナのラプト理論の動画が出されました。見逃している人、まだ見てない人は閲覧してください。」

「うさぎのラビットさん!」この動画の35:00当たりからラプトさんが大本教について話しています。

 彼ら人間サタン共(悪魔崇拝者=上級国民)は悪魔信仰を体系づけて言語化し、サタンの親玉=ボスサタンのルシファーとつながりたいのです。それを実践できたのが出口王仁三郎だと説いています。大本教の教理はどの宗教(仏教もキリスト教もイスラム教も儒教も)根は一緒と考えています。(デタラメです)神様に反逆すること、聖書に反逆することを大きな目標にしています。そういえば八百万の神と言って、あそこにもここにも神様がいらっしゃる!土地があればそこには地の神様が!大きな木があれば御神木!誰かが彫った木像を拾ってきて流れ着いた御神体!身近に探せばいくらでも神様が出てきます。

「アリスさん!神様や聖書の真逆をしている代表的なものに男女平等と言う考えがあります。徒然草の中で、男もすなることを女も・・・などの記述がありました。

 聖書ではアダムからエヴァが誕生し、蛇(サタン)に騙されて禁断の木の実を食べたのは女であるエヴァだと言っています。この話を聞いて、聖書は女は男より劣っていると表現している・・・と考える人が出てきます。でも待ってください!神様は男と女は個性が違う!!と仰っているのです。男と女は別の役割、別の個性として作られたのです!聖書では、神様が女性に対して豊かに愛を注いでくださっているのを数多くの箇所で見出せます。

 男女参画として、女性が社会進出するのは一向にかまいませんが、生活のすべての行為を男女一緒にしてしまい、それを耳障りの良い平等!と結論付けるのはどうでしょうか??私にはとても疑問です。たまにバスに乗ると、女性運転手がいます。きっと頑張ってきたのだな!と感心さえします。だからと言ってそれを女性は社会進出すべきだ!とするのは神様への反抗です。動画の中で、ラプトさんも私たちが知らず知らずに洗脳されてきた考え方や習慣を指摘しています。」

「うさぎのラビットさん!」このことはすぐに解決する問題ではありませんね!百人いれば、それぞれ考えも感じ方も違いますものね!これから私たちも考えていきましょう!ところで前回の記事を出してから、世間ではいろいろ問題がありました。まずこのツイッターを見てください。

画像

「うさぎのラビットさん!」これは今日の記事の最初に出したKAWATAとナナのラプト理論のUチューブの再生回数ですが、明らかに操作されています。この問題はツイッター上でも閲覧回数の操作があるといろいろな人がツイートしています。

 実は(アメーバブログさんへのお願い!)として記事を出した二日後からアクセス回数が極端に減り、1週間後には10分の1にまでアクセス回数が減少しました。このブログのフォロワーも少しずつですが順調に伸びているにも関わらず・・・です。

 私たちはお金を稼ぐために投稿しているのではありません。真実が明らかになり、神様の御心が拡散すれば良いのですから・・・。

「アリスさん!それでも気分はスッキリしませんね!

 話題を変えて、スーパーシティについて話していきます。強引に国会で通過させましたが、いろいろなところで反対が起きています。これを調べると何故かマスコミが詳しく取り上げていないことがあげられます。あたかもAI を使った便利な・・・。という表向きは良い事になっていますが、座長はあの竹中平蔵です。前回のKAWATAとナナのラプト理論で詳しくラプトさんが説明してくれましたが、まさにスーパーシティ同士を世界的に結び付け、神様に反抗し続けてきたユダヤ人の末裔たちの楽園??にするつもりでしょう。

 今回、黒川検事長の賭けマージャンが暴露されましたが、スーパーシティができれば連中はその中で好き勝手やるでしょうね!賭けマージャンなどは日常茶飯事でしょう。すべて顔認証されるという事なので、そのシティに私たちは足を踏み入れることすらできないでしょう!上級国民のための特区となるでしょう!連中は悪魔崇拝ですから、スーパーシティで安全が確保されれば、コソコソしなくても生け贄儀式をするかもしれませんよ!(やりますね!)

ところで、沢田研二がTOKIOというヒット曲を出していましたが、その中での歌詞がビックリです。

画像

 この曲は昭和55年・・1980年ですから今から40年も前の曲です。その時からすでにスーパーシティ構想があったのですね!しかも題名は東京ではなくて、TOKIOです。これはエスペラント語ですから、まさに上級国民は延々と私たちの洗脳をしてきたのですね!」

「うさぎのラビットさん!」竹中平蔵に関してもう一つあります。次の記事を見てください。

(以下転載)

トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人”だった

source : 週刊文春 2020年6月4日号

genre : ニュース, 政治, 企業, 経済616116081681391290コピー

 安倍政権がコロナ不況への緊急経済対策として打ち出した「持続化給付金」。約2兆3000億円の予算がついたこの事業を経産省から委託された一般社団法人が、実体のない“幽霊法人”だったことが「週刊文春」の取材で分かった。社団法人の代表理事が「週刊文春」の取材に対し、「何も活動がない」と認めた。

 持続化給付金事業は、昨年より収入が減った中小企業等の法人に最大200万円、フリーランスを含む個人事業者に最大100万円を上限に現金を支給する制度だが、入金が遅れるなどトラブルが相次いでいる。

 担当する中小企業庁のホームページによれば、同事業を受注したのは「一般社団法人サービスデザイン推進協議会(以下、「サービス協議会」)」で、アベノマスクの予算を300億円も上回る769億円で契約している。

「週刊文春」編集部

(転載 終わり)

この幽霊会社は電通、パソナ、トランス・コスモスの3社でした。パソナと言えば竹中平蔵!!連中は恥も外聞もなく暴れまわっています。

「アリスさん!神様はイルミナティは滅ぼす!!と仰ってくださっています。このコロナ騒動の裏側では森林、水道、郵政民営化を始め日米FTAやTPP、そしてスーパーシティ法案が可決しました。彼らは自分たちの末路を勘づいているのかもしれません!何故ならあまりにも露骨で、稚拙だからです。神様は確実に裁いています。そしてこの世の闇が暴かれようとしています。コロナに怯える人たちの(幽霊恐い!)の様子もじっとご覧になっています。お祈りはもちろんですが、これからの世界の動きを俯瞰して見ていきましょう!」

明治維新の嘘と明治政府に利用された解放令!

「アリスさん!お早うございます!非常事態宣言が解除されつつありますが、相変わらずマスコミはコロナコロナ・・黒川でしたね(www) 私はテレビは観ませんから情報はネットからですが、いい加減うんざりですね!

国民に営業自粛を半強制(実質強制ですが・・・)する中、三蜜を破り、違法なかけマージャンを再三に渡って行い、安倍晋三の違法の幕引きとしてこれからと言うときに・・・。やっぱり普段からの性格が出たのですね!渡された訓告処分は処分に値しないもので、7000万近い退職金を貰うみたいですね!」

「うさぎのラビットさん!」彼も新型コロナウィルス(特別定額給付金)10万円を受け取るのでしょうか?

「アリスさん!厚顔無恥とは彼らのためにあるような言葉です。絶対受け取りますね!!」

「うさぎのラビットさん!」今日の副題は明治維新の嘘と明治政府に利用された解放令!と言う副題ですが・・・

「アリスさん!私はこの部落という曖昧で実態がつかみにくい問題に、頭を悩ませてきました。しかしラプト理論の登場で、この国がイルミナティ(悪魔崇拝者=李家)に支配されていることがわかりました。教育も政治も歴史も経済も警察も司法もそれらすべては李家の末裔である上級国民に都合の良いようにできていることがわかりました。歴史や教育は特に捏造され、私たちは洗脳されてきました。良い例が明治維新ですね!

 身分制社会だった暗黒の江戸時代を 江戸末期に坂本龍馬や木戸孝允など下級武士たちが立ち上がり、幕府を倒し四民平等の国にした!と教わりました。その英雄たちが明治の元勲と言われる人達でした。」

「うさぎのラビットさん!」その詳細はこのブログでも取り上げました。明治維新はロスチャイルドの支援の下、山口と鹿児島に住み着いた李家の人間・・・が大室寅之助を明治天皇にすり替え、武士社会をひっくり返し、李家の支配する国にする革命だったのですよね!ロスチャイルド、田布施一族、寝返った徳川や戦国武将たちの末裔、岩倉具視などの公家も連携して日本をひっくり返したのですね!

「アリスさん!私は先日、法務局で事務所を開き、長い間 民生委員をしている人と話す機会がありました。その時、いじめの問題やモンスターチルドレンの話、教育委員会の実態を聞かせていただきました。私の(部落とはどういうものですか?)の質問には(よく知らない!)の一点張りで答えて戴けませんでした。そこで明治政府になってすぐ出された解放令について調べてみることにしました。そこにはこう書かれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/解放令

この解放令の説明は少しややこしいので、かいつまんで話すとこうなります。明治政府が始まってすぐに解放令が検討されます。明治2年のことです。そして2年後の明治4年には解放令が発布されます。それらに関わった人物は主に渋沢栄一であり、早稲田大学を創設した大隈重信でした。ところが明治政府は解放令公布後、部落解放などすっぽかして何の政策も行いません。江戸時代に有していた所有地の無税扱いや死牛馬取得権を喪失したため、彼らは財政的に益々貧窮することになります。

「うさぎのラビットさん!」私は今ネット上で動画を出している中田敦彦なる人物を思い出しました。彼は自由民権運動をしたとして持ち上げられている板垣退助の子孫です。

画像

(悪の権化であるロスチャイルドを華麗なる・・などと持ち上げてどうするのですか!!!)

画像

(板垣退助と中田敦彦はまさに瓜二つです。中田は板垣退助を神のように持ち上げ、尊敬しています。)

「アリスさん!この板垣退助・・自由民権運動を唱えて自由平等、四民平等と言って明治の到来を賞賛して回った人物です。しかしその実態は自由民権運動に賛同した仲間が次々監獄に送られる中、自分はしっかり、ちゃっかりと明治政府の重鎮におさまっています。庶民の味方のポーズを取りながら、安倍政権の後押しをしている中田敦彦はまさに板垣退助のコピーに過ぎません。

結論をまとめておきます。明治維新は田布施人脈を中心に李家の日本乗っ取りでした。彼らは郷士(百姓と武士を兼ねる人)や下級武士などの身分を宣伝文句に、暗黒の身分制度の江戸時代から四民平等になったと日本国民を洗脳しました。その白羽の矢に立ったのが(解放令)だったのです。明治政府があたかも庶民の味方であるかのように・・・。

その解放令に隠れるようにして、華族という特権階級を生み出しました。この特権階級の設置こそが彼らの第一目的だったわけです。そして時は移り、この特権階級は上級国民になっています。それでもまだまだ物足りず、安倍政権は憲法改正を唱えています。何としても旧皇族の復活、王侯族の復活、そして天皇を元首にする事!これが安倍政権の正体です。このコロナパンデミックを利用して、どさくさに紛れて自分たち上級国民と私達国民を完全に分離して奴隷化するつもりです。まさにサタンの教えタルムード通りです。

これをトンデモ理論などと笑ってはいられません。コロナが恐い!コロナが恐い!などと政府やマスコミの嘘を信じる人にとっては、受け入れがたいことでしょう!神様は人類を裁いています。この地上に降臨なさってからわずか数か月の間に、いろいろなことが明るみに出てきました。それでも多くの人は気づきません。まだまだ神様の裁きは続きます。」

「うさぎのラビットさん!」話は今日の副題からそれますが、高校の英語教師をしている方の動画を見つけました。日本の教育現場の実態が描かれています。


ラプト理論とラプトさんが朝会で伝える御言葉から、これを伝えようとしている高校教師の女性です。今、教育現場で何が起きているのか垣間見られる動画だと思います。

コロナ騒動の元凶、大本教とは!? ネット上で攪乱するQとは?

「アリスさん!お早うございます。コロナも少し落ち着いたかと思いますが、まだまだ油断できない状況ですね!」

「うさぎのラビットさん!」コロナ第二弾が来るから油断しないように!!などと恐怖心をあおる人たちも出てきましたね。しかも東大教授など使って今までの10倍ぐらい拡大する恐れが・・・!などと言っています。新型コロナの何たるかさえ分からないと言っていたのに、何故、今後10倍の拡大の恐れが!などと言えるのでしょう???

「アリスさん!コロナは作られたものです。人工的に作られたものなので、そういう答えが出るのでしょう!世界的に見ても収束しつつありますから、彼らはもっと大量にばらまくつもりかもしれません。どの程度の威力があるのかまでは正確に分かりません。通常起きるインフルエンザの死亡者数に比べて、コロナ死亡者は遥かに少ないのです!これははっきりしています。

 しかもインフルエンザ死亡者数が意図的に減らされていますから、インフルエンザ死亡者をコロナ死亡者にカウントしている可能性はかなり高いと思われます。」

「うさぎのラビットさん!」この元凶が大本教にあることはKAWATA とナナのラプト理論で明らかにされました。もう一度この動画を貼っておきます。

「うさぎのラビットさん!」この大本教の意味が、今一私にはピンときません。少し解説していただいてもいいですか?

「アリスさん!大本教は出口王仁三郎が始めたカルトです。正確にいうと出口なおという女性が1892年に創唱されたもので、(御筆先)と言われる予言から始まったものです。それを王仁三郎が受け継ぎましたが、第一次、第二次世界大戦や関東大震災の予兆らしきものを預言します。戦前はその予言により、大変な数の信者が集まります。主祭神を国之常立神(くにとこたちのみこと)とするため、戦前の政府(天照大神を主祭神)はこれを危険視!弾圧をします。その流れから谷口雅春が生長の家を立ち上げます。崇教真光、霊友会なども出現し、日本の新興宗教の大本になっています。

出口なお

(出口なお)

出口王仁三郎

(出口王仁三郎)

「うさぎのラビットさん!」その大本教が何故問題なのでしょうか?

「アリスさん!彼らは紀元前から神様に反抗(・・と言うか神様の教えの逆を・・)してきたユダヤ人たちの子孫です。イエス様もモーセもユダヤ人ですからユダヤ人すべてが・・・という話ではないのですが、自分たちの欲得を第一に考え、非ユダヤ人をゴイム(家畜)として考えてきた連中です。悪魔崇拝者です。サタンは人間と神様に対して悪の限りをしてきました。そして悪魔崇拝者に対しては(生け贄)などの貢ぎ物を要求し、その見返りとして人間には及びもつかない悪知恵を提供してきたのです。

今現在も世界各国で幼児誘拐が多発し、それを生贄として捧げているのです。その儀式や食人などの気の狂った行為に出るのは彼らが仲間として認める通過儀礼なのです。白昼堂々と幼児を連れ去る動画も沢山出ています。

これを外国の話と高を括っていては大変です。日本でも毎年何千人という幼児が誘拐され行方不明になっています。(マスコミが報道しないだけなのです。)」

「うさぎのラビットさん!」築地の地下で、水銀やら何か得体のしれない化学物質が発見されました。それと何か関係が・・?

「アリスさん! 生け贄として捧げられる人たちはそれこそ怖さで一杯でしょう!そこで生贄自身をトランス状態にする必要があります。その時用いられたのが水銀です。そして阿片などに移り、現在は化学物質を使っているのかもしれません。長時間、同じリズムで太鼓を連呼すると人間はトランス状態になります。祭りの時、ドンドンと響く太鼓の音、ピーピーと連呼するする笛の音などを長時間聞くと 音が止んでも後何時間も頭の中でその音が聞こえます。そして祭りが続いているのを錯覚してしまいます。」

「うさぎのラビットさん!」出口王仁三郎が女装をして(我は両性・・男、女なり!)としている写真を見たことがあります。

「アリスさん!これも神様に対する反抗ですね!聖書には男色は駄目だ!とはっきり書いてあります。現在、カナダを筆頭にLGBTで同性婚を認めろ!という風潮があります。生長の家の谷口雅春の著書(生命の実相)を愛読する著名人は山ほどいますが、松下幸之助や稲盛和夫、中曽根康弘などは特に有名です。

ソース画像を表示

(稲盛和夫)

松下幸之助と言えば松下政経塾が有名ですが、幸之助はかわいらしい子を集めるのが趣味だったようです。中曽根康弘と沢田研二がアメリカで・・という話も伝わってきます。」

「うさぎのラビットさん!」私が凄く理不尽に感じるのはLGBTに賛成と言っている人で、実は私はホモです!とカミングアウトする人がほとんど現れないことです。それをやると世間から白い目で見られる!などと言い訳しますが、本当に正しいと思っているのなら堂々とカミングアウトできると思うにですが・・・?他人がカミングアウトするのを褒め称え、自分では降りかかる火の粉とでも思っているのでしょうか!??

「アリスさん!日本で権力を持っている人の多くが大本教を信奉しているという現実があります。それは以前にも紹介しましたが、李氏朝鮮を建国した李成桂の子孫・・・李要蔵が山口県の田布施にやってきて、鹿児島の田布施一族と共に明治維新のメインメンバーになりました。薩長土肥の志士たちですが、私たちは明治の元勲などと学校で教わりました。西郷隆盛(薩摩)、大久保利通(薩摩)、木戸孝允(長州)、大村益次郎(長州)、岩倉具視(公家)などなどです。土佐の坂本龍馬はあまりにも有名です。

しかしそれは作られた物語で、武士社会を壊し、ロスチャイルドの資金援助を受け、本来の明治天皇(孝明天皇の息子)にすり替わって大室寅之助なる人物が入れ替わりました。日本の骨組みが李家(悪魔崇拝者)にとって代わる出来事でありました。

出口王仁三郎は有栖川宮熾仁の子孫にあたります。皇族の一員でした。この田布施人脈から創価学会が生まれ、安倍政権の大半は統一教会と深いつながりがあります。それは出所がこの李家であるユダヤ人の末裔から来ているのです。

士農工商などの身分制社会だったのを四民平等になったなどの美辞麗句で私たちはすっかり騙されました。サタンの悪知恵です!選挙制度もほんの一部の上級国民だけが選挙権を持っていて、庶民は江戸の殿様の時代と少しも変わりませんでした。自由民権運動などと言って民主主義が到来かと思わせた板垣退助は連中の大衆先導役でした。少し前では竹中平蔵がその役を担い、現在では池上彰、堀江貴文が行っています。彼らは生長の家だったり、統一教会だったりしますが、それもこれも大本の教えを遂行しているにすぎません。」

「うさぎのラビットさん!」今、ネットでは芸能界で活躍する人たちが明治の元勲や皇族と似ているとして、写真の比較が行われています。私たちは芸能界などは実力でのし上がったものと思い込まされてきましたが、ユダヤ人たちはとにかく血筋を重要視しています。このことを詳しく説明した動画がありますので載せておきます。

「アリスさん!最後になりましたが最近ネット上にQ~という訳の分からない話が出回っています。トランプは良くてオバマが悪い!とかヒラリーと誰それ~という話なのですが、ツイッターネームはエリ?と言うのだそうですが、女性が書いているのか分かりません。私も正直面倒くさくて読む気がしなかったのですが、その正体も大本信者であることがバレました。やっぱりね!という感じです。」

「うさぎのラビットさん!」私はお話を聞いて、まだまだ勉強不足です。旧約聖書の読み直しをしていますが、出エジプト記では今起きているコロナパンデミックを彷彿とさせる話です。私は勉強が嫌いでしたが、この勉強はとても楽しいですね!!